8/17(月)、公明党鈴鹿市議団として、「地方創生臨時交付金を活用した施策を求める要望書」を、末松則子市長に手渡しました。

 

 

要望書20200817-1

地方創生臨時交付金を活用した施策を求める要望書

 

  1. 行政のデジタル化、行政手続きのオンライン化・ワンストップ化を進めること。
  2. 行政のテレワーク化の環境整備と、市内事業者へのテレワーク化推進に対する支援を行うこと。
  3. 特別定額給付金の対象とならなかった、新生児に対する特別給付を行うこと。
  4. コロナにより控えられた予防接種、健診等の啓発を推進すること。
  5. 被災者支援システムを整備し、補助金支給や防災・避難対応等、幅広く活用すること。
  6. 環境の変化により、心の問題、生活上の問題を抱える児童・生徒へ寄り添った対応を行うこと。
  7. 休校により遅れた授業に対して、詰込みとならないよう配慮した学習支援を行うこと。
  8. 市内飲食店等を支援するため、地元応援キャンペーン等の対策を進めること。
  9. 複合災害に備え、学校屋内運動場へのエアコン設置を進めること。
  10. 今後設置するエアコンについては、換気型に切り替えること。
  11. 移動手段を持たない高齢者、障がい者等への買い物支援を検討すること。
  12. Cバス等公共交通の感染症対策を進めること。
  13. 通学利用者のCバス運賃割引を行うこと。
  14. ホテルや空き家等を活用して、新しい働き方「ワーケーション」の環境整備を行い、誘客・移住促進を図ること。
  15. 感染防止のため、小中学校トイレの水道蛇口改修を進めること。

以上

 

要望書20200817-2

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp