鈴鹿市議会9月定例会で行った、一般質問の概要を掲載致します。

 

 「SNSを活用した情報発信について」

 鈴鹿市議会0908-01

 

【質問】インターネットを活用して、市の魅力や、ふるさと納税などの情報をより積極的に発信すべきと考えるがいかがか。

 

<答弁>今後、イベントの事前告知や「鈴鹿応援寄付金」等の情報を積極的・効率的に発信していく。

 

【質問】防災情報の発信に有効な「メルモニあんしんメール」の登録数を増やすため、子育て応援メールなど情報選択を増やしてはどうか。

 

<答弁>メルモニ災害メール配信希望者は7048人、防犯メールは5862人、役立ちメールは4500人。メルモニ配信カテゴリに「子育て」等を加えることで、新たな登録者獲得につなげたい。

 

【質問】観光などで日本を訪れる外国人の多くが、情報を得る手段としてSNSを活用しているが、外国人向け防災情報発信の取組みを尋ねる。

 

<答弁>今後、防災マップのリニューアルを検討しており、ピクトグラム(絵文字)も表示した「多言語による防災マップ」作成も検討する。作成後はホームページで公開する。

 

【質問】文化、スポーツ施設を、ネットから予約できるシステムを導入してはどうか。

 

<答弁>スポーツ施設に、公共施設予約システムを導入することを検討している。文化施設への導入は、市民会館改修工事完了後に指定管理者制度導入も含めて検討したい。

 

鈴鹿市議会0908-02

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp