8/15(土)、70回目の「終戦の日」を迎えました。

 

    戦争の犠牲となられた全ての方々に謹んで哀悼の意を表し、今なお深い傷跡を残されているご遺族並びに戦傷病者・被爆者の皆様に対して心よりお見舞い申し上げます。

 

   終戦の日は、日本・アジア、そして世界の国々のすべての戦争犠牲者の方々に祈りを捧げるとともに、「命の大切さ」、「人間の尊厳」、「戦争の残酷さ」を見つめ、二度と愚かな戦争を繰り返してはならないと、「不戦の誓い」、「平和への誓い」を決意する日としてまいりたいと思います。

 

 「戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものはない」、この言葉を胸に刻み、戦争の悲劇を風化させない努力を重ねることが必要です。

 

   世界最大のイスラム国・インドネシアのワヒド元大統領は、ある対談のなかで、イスラムへの差別・偏見の歴史を踏まえ、若き友が「自身の利益だけを考える人ではなく、社会の利益を考える人、世界の平和共存のために行動する人になってもらいたい」と語っておられました。

 

   座して平和を願うのではなく、人々の心に永遠に崩れぬ平和の砦を築いていくこと、対話による平和外交を貫くこと、世界の平和共存のために行動することが大事です。

 

   戦後70年の日本の歩みの中で、平和国家として日本が国際社会の平和と安定に貢献してきた姿勢は、今後も変えてはなりません。

 

  そして、歴史と現実を見つめ、専守防衛・非核三原則を堅持した上で、日本国民の命と自由を守るための備えに対して、責任ある対応を果たすことが政治の役割であることも忘れてはなりません。

 

   今年は、鈴鹿市が「非核平和都市宣言」をしてから30年の節目でもあります。

 

  「 世界で唯一の核被爆国民として、非核三原則が平和を愛するすべての国の原則となり、核兵器が地球上から廃絶されることを希求する」との宣言を再確認し、核のない世界の実現、世界恒久平和の実現への努力を続けていくことを誓いあう日としてまいりたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp