6/29(月)、上程された議案について、本会議で討論・採決を行い閉会致しました。

 鈴鹿市議会議場-2

 

「平成27年度鈴鹿市一般会計補正予算(第1号)」を、可決。

 

 平成27年度一般会計補正予算は、歳入歳出それぞれ8億2078万円を追加し、予算総額は歳入歳出それぞれ606億7078万円となりました。

 補正予算での主な事業としては、社会保障・税番号(マイナンバー)制度導入のための事業費として、8391万8000円、クレジット収納実施事業費として、1014万6000円、市民会館や西部体育館のつり天井改修実施設計費等、公共施設の耐震整備費・維持修繕費として、1億2896万4000円、防災拠点等の整備事業費として、1億7404万6000円、道路新設改良費など骨格的当初予算への事業費追加として、3億7480万円などが、計上されました。

 

 

 稲生小学校校舎増築と、栄小学校屋内運動場増改築に関する「工事請負契約について」を、それぞれ可決。

 

 稲生小学校の児童数が、今後10年間で約150人の増加が予測されるため、普通教室棟を増築するための工事請負契約及び、栄小学校の屋内運動場を増改築するための工事請負契約が、それぞれ可決されました。

 

 鈴鹿市防災会議の委員定数を増やすため、「鈴鹿市防災会議条例の一部改正について」を、可決。

 

 その他、副市長、教育長、監査委員などの選任同意などが、可決されました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp