引き続き、一般質問の内容を掲載させて頂きます。

 ② 他自治体の成功事例を参考にした取組みについて

 

 

<質問>

  「予算におけるメリットシステム」については、改善をした上で継続して行うべきであり、横浜市をはじめとする先進事例を参考として正式導入し、評価・取組み事例・効果・メリット配分について公開すべきと考えるが、今後の取組みについて尋ねる。

 

<答弁>

  予算のメリットシステムを2年間の試行として実施してきたが、算定に時間を要すること、評価の判断基準が不明確なこと、配分方法にも疑問があることなど、課題が多く見えてきた。

  そのため、平成25年度の予算編成に向けて、職員のコスト意識の向上を図りつつ、適切な予算配分が可能となるよう、例えば、歳出の不用額や節減効果を算定基準から外して、財源確保効果に特化したシステムなど、評価方法も含めたシステムの見直しを検討しているので、理解頂きたい。

* 一般質問の2点目、「熱中症対策について」は、一旦期間をあけて数日後から掲載させて頂きます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp