昨日(海の日)に行なわれた、鈴鹿市鼓ヶ浦海岸でのEM(有用微生物群)団子・EM活性液投入に、参加させて頂きました。 

  当日は、「EMわくわくネット三重」の皆様、市民の代表の皆様と共に、事前に用意して頂いた約5000個のEM団子を海に投入致しました。

 この企画は、NPO地球環境・共生ネットワーク(通称:U-ネット)の主催で、EMで海・河川の浄化を目的に、全国各地で一斉に行なわれたものです。三重県内では、鈴鹿市の他、四日市市・津市・尾鷲市・紀北町の海・河川で行なわれました。

 地道に海・河川の浄化活動を中心に、環境保全に取り組んでおられる皆様に敬意を表すると共に、日頃から環境に対する意識を持つことの大切さを学ばせて頂きました。

 EM菌は東日本大震災の被災地へも送られて、環境改善に役立っております。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp