須崎市議会 佐々木学のホームページ

公明党西高知総支部・須崎支部の佐々木まなぶ市議
が街頭演説・街頭宣伝活動をおこないました。

未分類 / 2008年2月4日

 当日は、公明党の宣伝カーに乗り、党員の真鍋寛二氏の運転によって、須崎市並びに、旧中土佐町内を午前9時から午後5時まで、公明党の政策を訴えて回りました。

 支持者の皆様から、行く先々で、力強く応援の手を振って貰い、元気を貰い勇気百倍でたたかいました。

 須崎市内では、街頭演説を4箇所(ピアまえ、JR須崎駅まえ、四国電力まえ、寺尾児童公園付近)で行い、街頭宣伝は、須崎地区を中心に実施しました。

 また、旧中土佐町内では、街頭演説を3箇所(久礼の大正市場付近、上加江の漁協付近、矢井賀の漁協付近)で行い、街頭宣伝は、前述の3地区の中心部をまわりました。

 訴えの要旨は、第169回通常国会のねじれ状況のなかで、平成20年度予算を生活者の立場に立って十分審議し、3月末の期限内に成立させるために、公明党が果たす重要な役割及び政策です。なかでも、道路特定財源の確保と暫定税率の維持について、住民の皆さんに分かりやすいたとえを引いてお知らせし、関心をもって貰う事に重点をおきました。