Archive for 2012年 2月

2月22日JR吹田駅北口にて、公明党吹田市会議員団7人全員で街頭させて頂きました。

前回12月議会の状況と、次回3月1日から始まる議会について、報告させて頂きました。

3月議会から、インターネットでのライブ中継も始まり、市民の皆様に、より解りやすい、開かれた議会へと改革が進んで参ります。

その改革の先頭に立って全力で働いて参ります。

皆様の変わらぬご指示ご支援を、宜しくお願い致します。

2月19日メイシアターで開催されました「設立60周年記念福祉大会」に出席させて頂きました。500席の会場に、700名を超える参加があり、立って参加されている方が出る状況で、これまで福祉に注力されてきた皆様の熱意を感じました。

皆様もご存じの通り、我が党の原点の一つは、「福祉」であります。

今ではどの政治家も主張する「福祉」。それを国政にまで押し上げたのは、公明党であります。

公明党は、義務教育の「教科書無償配布」を実現。粘り強く国会で取り組み、成し遂げた実績であり、「福祉の公明党」の原点です。

本日、吹田操車場等跡利用対策特別委員会に出席しました。

委員会では、これまでの主な経過や、平成24年度の予定業務等、都市整備部長から報告を受けました。

委員会終了後、JR岸辺駅及び南北自由通路の現地視察をさせて頂きました。

左記の写真は、南北自由通路を、北側から写したものです。

いよいよ4月下旬には、南北自由通路の使用が、開始される予定です。

1984年2月、約60年にわたる歴史に幕を下ろした吹田操車場。

四半世紀の時を経て、生まれ変わります。

2月4日、安心安全の都市(まち)づくり市民会議に出席。2部では、「東日本大震災の教訓を吹田に生かす」との防災に関する講演があり、災害に対しては、平時において、いかに備えておくことが大切であるかを学びました。特に自助・共助・公助という点で、有事の際、1対2対7の割合で、国や自治体の公的機関が、何か助けてくれると思われがちですが、大変残念な事に、現実は、7対2対1である現状が浮き彫りになっています。

本市でも、いつ大きな災害に見舞われるか解りません。

公明党大阪府本部は、先月18日、「大阪府における防災対策の充実についての提言」を府知事に手渡しました。この提言は、府内1169校の公立学校施設の防災機能を調べた総点検結果と、同府女性防災会議による府内35自治体からの聞き取り調査をまとめたものであります。

昨年の大きな災害の経験をふまえ、あらゆる事態を想定しながら、自助・共助・公助の現状において、何を早急に改善していかなければならないか、よく考え、防災対策に全力で取り組んで参ります。

東京都八王子市、神奈川県相模原市へ視察の為訪問しました。

八王子市では、「いきいき産業基本条例に基づく産業振興の施策」について、また相模原市では、「中学校の完全給食」について、先進事例を学ばせて頂きました。

学ばせて頂きました先進事例を、本市発展の為、活かせていけますように、全力で働いて参ります。

今後とも皆さまの変わらぬご指示、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

Twitter
Twitter
サイト管理者
吹田市 矢野伸一郎
yanoshin0503@yahoo.co.jp