Twitter
サイト管理者
袖ヶ浦市 前田美智江
nrg08482@nifty.com

 

前田候補 (1)

各地で桜の開花宣言も聞かれ、春爛漫の季節を迎えましたが、今年は例年と大きく違っています。

世界的な規模で新型コロナウイルス感染症の拡大が止まりません。目に見えないウイルスだけに不安は募りますが、私たちの先輩はこれらの苦境を乗り越えてきました。

 

公明新聞・北斗七星からの抜粋

【3月24日は三大感染症の一つである「世界結核デイー」。国内では50年代まで、年間の罹患者が100万人をこえる国民病と恐れられ死亡原因の1位であった。効果的な治療法も確立される前に、なぜ日本がこの結核の対策に成功したかと言うと「世界最強組織のつくり方」の著者、國井修氏によると「国のリーダーシップ、様々なレベル・セクター間での連携・協働、そして地域や住民の動員・参加の三点」と指摘する。 人類の歴史は、感染症と闘い続けてきた歴史でもある】

 

私たちができることをもう一度見直し、デマに惑わされず冷静に対処して、この感染症に粘り勝ちしたいと思います。早い終息を心より願っております。

今後も、市民の皆さんに議会活動をわかりやすくお伝えするとともに、開かれた議会を目指し、議会改革の推進に向け取り組んで参ります。(R.2.3.22)

 

☆ 私は目指します ☆  小さな声を市政に生かします!

1.女性、若者の活躍支援・「子ども・子育て支援新制度」の推進・妊娠期から切れ目ない子育て支援の充実

2.健康長寿と介護体制の強化・健康マイレージ事業の更なる推進・24時間いつでも利用可能な在宅サービスの強化

3.豊かな人間性を育む教育環境の推進・学校環境の更なる整備の充実・子どものいじめや貧困対策などへの体制強化

4.災害に強い街づくりと人づくり女性の視点での防災対策の強化

5.魅力ある街づくりの推進・新しい街づくりで、若い世帯増の推進・市民ニーズに対応した地域交通の充実

   (H28.9.20)

.
最新の投稿
新型コロナウイルス対応への緊急要望書の提出

 新型コロナウィルス感染症に対応した第2次補正予算の地方創生臨時交付金の活用に関する緊急要望書を粕谷市長へ提出しました。 新しい生活様式に向け【感染防止に向けた支援】【市民生活の支援】【地域経済活性化の支援】の3点を12 […]