menu

品川区議会第3回定例会が、10月21日から11月16日までの27日間の会期でスタートしました。初日の21日、翌22日には各党・会派の代表による一般質問が行われ、私は、初日の21日に、公明党を代表して20分間にわたり一般質問を行いました。(質疑の詳細は後日ホームページに掲載予定)

<質問項目>

1、孤立化する高齢者への支援について

2、うつ病・自殺対策について

3、耐震改修のさらなる促進について

4、高齢者施設の増設と地域のための学校跡地等の活用について

 今回の質問は、ストレス社会の中で増え続けるうつ病・自殺、児童虐待、高齢者の孤立化など、公明党が取り組んでいる「新しい福祉」の構築の観点から提案を行いました。

また、喫緊の課題でありながら、進まない耐震改修をさらに促進させるために助成の拡充を提案。

 さらに、平成25年度に発生する学校跡地の活用について、地域の視点と区の重要施策の実現の観点から、防災機能の強化・充実、グランド・体育館を使用しているグループへの配慮、特別養護老人ホームなどの福祉施設の整備を提案しました。

 

 区側からは、それぞれ前向きな答弁がありましたが、特に、耐震改修助成については、助成対象の拡大、助成額のアップ等を早急に検討するとの積極的な答弁がありました。また、杜松小学校跡には、校舎を改修して、公明党が提案した小規模特別養護老人ホームとグループホーム、在宅介護支援のための小規模多機能居宅介護等を併設した高齢者施設に地域利用施設もあわせた複合施設の整備案を公表しました。

 

 公明党はこの整備案について、今後とも地域の皆様のお声を大事にしながら、着実に推進してまいります。

コメントは受付けていません。