menu

 8月21日(土)きゅりあん8F大ホールで第1回品川区民芸術祭2010のオープニングセレモニーが開催されました。

  開会式では、はじめに区内に本社があり、きゅりあんでの定期演奏会や本社に近い東海中学校吹奏楽部とも交流のある日立ソフト吹奏楽団のオープニング演奏がありました。

 また、主催者より濱野区長、来賓を代表して本多区議会議長より、それぞれあいさつがあり、大井町に夏劇場がオープンした劇団四季などから応援のビデオメッセージの紹介が行われ、最後に実行委員長の芸術祭開会宣言で閉会となりました。

 その後、記念イベントが行われ、品川少年少女合唱団、日本音楽高等学校合唱部、都立八潮高等学校合唱部、立正大学グリークラブの皆さんの素晴らしい合唱などがありました。

 区議会公明党は、本会議等で「文化芸術振興条例」の制定を提案するなど、これまで文化・芸術の発展に力を注いできました。

 そして、平成19年には議員提案により「品川区文化芸術・スポーツのまちづくり条例」が制定され20年4月より施行されるなど、これまで以上に、文化芸術・スポーツを通じて心豊かでにぎわいのあるまちづくりを目指した取り組みが行われております。

10月17日(日)の閉幕まで様々なジャンルのコンサート等が予定されているようですが、「第1回品川区民芸術祭」の大成功と一人でも多くの区民の皆様がこれを機会に、会場に足を運ばれ、文化芸術の素晴らしさに触れていただければ幸いです。

        

コメントは受付けていません。