Twitter
ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp

8月23日(火)企業や個人から寄付された食品を生活困窮者に届ける、「フードバンク」活動をしている秋田市のNPOフードバンクあきた(林多美代表)を訪問。秩父博樹議員、高橋肇議員とともに松田幹事長の案内で研修を行った。林代表は「現在、通年回収ボックスが置かれているところは、秋田市社協、すごえもん、潟上市役所の3ヶ所です。必要とされる所へ届いていないのが実情です。9月からは、月1回の子ども食堂を開設します。ボックス設置や協力をお願いします。県内で貧困状態の子育て世帯が9.9%もいる現状をわかっていただきたい」と強く訴えた。日本全体で年間約642万tの食糧が食べられるのに捨てられている。一方で、朝ごはんも食べれない子どもたちがいることの現状を知り、少しでも力になる事ができれば、との思いを強くしてきました。

コメントは受付けていません。