Twitter
ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp

7月31日(日)あきた芸術村で青少年東北民俗芸能の祭典が開かれ鑑賞。飯詰獅子舞(青森県五所川原市)、熊川稚児鹿舞(福島県大熊町)、浦浜念仏剣舞(岩手県大船渡市)、秋保の田植踊(宮城県仙台市)、長瀞猪子踊り(山形県東根市)、田沢湖生保内神社祭典梵天奉納(秋田県大仙市大曲農業高校郷土芸能部)の東北6県の青少年が、エネルギッシュに優雅に民俗芸能を表現してくれました。特に、東日本大震災で太鼓や衣装・道具などが流失した大船渡市や原発の事故で避難した大熊町の保存会の小中学生が250年~400年も続く郷土の伝統芸能を一生懸命踊る姿に感動でした。この若い力が明日の東北の文化・芸術の未来を拓く原動力となっていく事を思い、大変頼もしく、うれしく感じてきました。(写真は圧巻のフィナーレ)

コメントは受付けていません。