Twitter
ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp

2月15日(月)午前中に産業建設常任委員会協議会を終え、午後から東成瀬村堆肥センターの施設を産建委員6名と農林部長他3名で視察。新年度事業で、堆肥センターの施設事業の実施計画が予定されている。栗駒山麓に、2棟約500頭の牛牧場に隣接する形で、堆肥センター施設があった。(本市の3倍の積雪)1次発酵(ロータリー式発酵)→2次発酵(温度80℃)を終えた後の臭いはなく、水分率も60%以下になっており、27,000㎡の広い施設でした。建設費2億8千万円との事。本市での堆肥処理施設は、用地取得・造成費もあり4億8千万円の事業である。今後の資源循環型農業と地域住民の理解を得ながら進めていく一助となる視察であった。

コメントは受付けていません。