Twitter
ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp

7月19日(日)午後から「地方創生この指とまれ」の地方創生シンポジウムが行われ出席。平副大臣と小泉政務官があいさつの後、岸博幸教授が「市民のやる気がまちを元気に!」と題して講演。「現場の力を強くし、新しい取組み、工夫をして、イノベーションを作り出す事である」と語った。シンポジウムのパネリストには、俳優の中尾彬・池波志乃夫妻、生ハム職人の金子裕二氏、国家戦略特区ワーキンググループ委員の原英史氏に門脇市長、コメンテーターは岸教授が行った。「仙北市の良さと魅力を語り、素晴らしい資源を活かして、特区制度で規制をはずし、大きく開いていこう」とのデイスカッションでの話でした。岸先生から「中尾彬ご夫妻を観光大使に!」との提案に客席から満場一致の大拍手が送られ、門脇市長もその場で決定した。

講演する岸博幸慶応義塾大学大学院教授

講演する岸博幸慶応義塾大学大学院教授

パネルデイスカッションするメンバー

パネルデイスカッションするメンバー

コメントは受付けていません。