さかまき常行 公明党板橋総支部

板橋をよく知る、即戦力の行動派!

プロフィール

さかまき常行 公明党板橋総支部中小企業部長

●名前

さかまき常行

●党役職

公明党板橋総支部中小企業部長

●略歴・経歴・職歴

○略歴・経歴(板橋生まれ板橋育ち。幼稚園から大学まで地元板橋)

1964(昭和39)年7月 東京都板橋区稲荷台生まれ

1971(昭和46)年3月 私立帝京幼稚園 卒園

1977(昭和52)年3月 板橋区立稲荷台小学校(現:加賀小学校) 卒業

1980(昭和55)年3月 板橋区立加賀中学校 卒業

1983(昭和58)年3月 東京都立北園高等学校 卒業

1988(昭和63)年3月 大東文化大学経済学部 卒業

 

○職歴(勤務地が板橋だったこともあります)

IT業界で30年間勤務。システムエンジニアとしてコンビニや教育関係のシステムを手掛け、お客様から感謝の表彰を受けるなど、厚い信頼をいただきました。

 

●家族構成

妻と2人暮らし

●趣味

読書、スポーツジムで汗を流すこと(学生時代はテニス)

●好きなスポーツ

テニス。中学時代から始めたテニスは、今は専ら「観る」専門(中学時代はテニス部キャプテン)

●得意料理

カレー

●座右の銘

「常に道はある」

●血液型

B型

●SNS

LINE さかまき常行 公明党板橋総支部ライン

Twitter さかまき常行 公明党板橋総支部ツイッター

Facebook さかまき常行 公明党板橋総支部フェイスブック

Instagram さかまき常行 公明党板橋総支部インスタグラム

●紙芝居「さかまき常行物語」

紙芝居「さかまき常行物語」

紙芝居「さかまき常行物語」1

さかまき常行は、東京オリンピックで日本中が湧き上がっていた1964(昭和39)年の夏に、板橋区稲荷台で誕生しました。3800グラムの大きくて元気な赤ちゃんでした。
板橋区加賀にある帝京幼稚園に入園します。いたずらっ子がいるとすぐに諫める、とても正義感の強い子供でした。

また、おもちゃやプラモデルを分解してこわし、仕組みを調べるのが大好きでした。この頃から、エンジニアの気質が見えてきていたようです。

 

紙芝居「さかまき常行物語」2

さかまき常行は、加賀小学校の前身だった稲荷台小学校に入学、中学は加賀中学校と、板橋の中でのびのびと、すくすく育ちました。加賀中学校時代はテニス部で活躍。レギュラーではなかったにもかかわらず、キャプテンをまかされます。ブロック大会で優勝し、都大会でもベスト8の結果を出しました。分け隔てなく皆をはげまし、皆から信頼される存在でした。

1年生で生徒会にも立候補。2期連続で当選。2期目はトップ当選し、3年生まで学校の中心的存在として活躍しました。

紙芝居「さかまき常行物語」3

さかまき常行は、板橋区板橋の都立北園高校に入学。しかし2年生の頃、父親のつとめる会社の経営状態が悪化し、アルバイトをしながら家計を助けるようになります。そして進路を決める3年生の時、とうとう父親の会社が倒産してしまいます。

大学への進学も一時はあきらめましたが、地域の先輩のあたたかい励ましにより、もう一度進学を決意します。高校卒業後、1年間はアルバイトで参考書代や受験費用をため、自力で勉強を重ね、1984(昭和59)年に大学入学を勝ち取ります。

紙芝居「さかまき常行物語」4

入学金は行政の補助で、生活費と学費は奨学金とアルバイトで工面しました。苦労して進学したその経験が、人の心の痛みのわかる、忍耐強く心の優しい、さかまきの人柄を作っていきました。

そして大学はなんと、板橋区内の「大東文化大学」! さかまき常行は、とうとう大学も板橋で過ごすことになります。幼稚園から大学まで板橋で育った「板橋一貫教育」「板橋を愛し、板橋に愛された男。さかまき!

紙芝居「さかまき常行物語」5

さかまき常行は大学を卒業すると、コンピュータ・IT関連の企業に就職。優秀なITエンジニアとして、30年以上の経験をつんだ、ITのスペシャリストです。

「人の役に立ちたい」「企業の中で、社会の中で、必要とされる人に」とひとつひとつの仕事に果敢に取り組み、大規模なプロジェクトのマネージャーなども務め、持ち前の正義感と人望で、次々と実績が認められていきます。

2003(平成15)年にはコンビニチェーンのシステム構築でお客様に高い評価を受け、表彰されます。社内からも「システム技術の第一人者として無二の貢献をしてくれた」と評価されました。

さかまき常行は、コンピュータの技術を通して、社会を便利にし、大きく貢献してきたのです。

紙芝居「さかまき常行物語」6

そんなさかまき常行が、生まれ育った愛する板橋のため、今までの経験を更に生かし、もっともっと人の役に立ちたいと、一大決心をすることになりました。

元勤務先の社長さんからも、「これまで蓄えた豊富な経験をいかし、中小企業が抱える問題などにぜひ取り組んでいって頂きたいと期待しています。さかまき常行さんの誠実さをもって事にむかっていけば、地域の皆様が安心して暮らせる街づくりがきっとできると確信しています。頑張ってください! 応援しています!」との力強いはげましを頂きました。

紙芝居「さかまき常行物語」7

さかまき常行が今、取り組もうとしていることのひとつ、それは、都営三田線8両編成の早期実現です!

公明党がいち早く行った署名運動により、すでに8両編成に移行することについては決定し、今年度でホームドアの工事の発注と増設車両の契約は完了しました。

しかし、朝夕の混雑は年々激しくなり、もっと早い改善を望む声が増えているのです。

さかまきを含む公明党は、現在の6両編成から8両編成に増やす対策を急ピッチで進め、まずは大規模な改善策をまとめていきます。予算の確保、調査、工事までを着実に実現し、一日も早く、皆さんが安心して利用できるよう、混雑の緩和に、スピード感をもって取り組んでまいります。

板橋で生まれ、板橋を誰よりも知る、さかまき
優しく忍耐強い、苦労人の、さかまき
民間企業で鍛えられた、即戦力の、さかまき
リーダーシップ抜群の、さかまき

さかまき常行は、どこまでも皆様と共に!
新しい板橋の未来を創ってまいります!

seisaku2

さかまき常行SNS

ごあいさつ さかまき常行 公明党板橋総支部