menu
バックナンバー 2020年 4月

本日4月30日(木)、2回目となる臨時本会議が開催されました。
新型コロナウイルス感染症に係る一律10万円の特別定額給付金や、子育て世帯への臨時特別給付金、また中小企業景気対策事業などに要する補正予算などの審議が行われました。明日の本会議で採決の予定です!
781億5300万円の補正額となります。
私も環境経済委員会にて、審査をさせて頂きました。
特に、給付金が迅速に市民の皆様のお手元に届くよう、事務体制、給付スケジュール、辞退した場合の資金の流れ、DVその他事情のある方への給付方法、代理申請、生活保護を受けている方の収入認定の不適用、差押さえ禁止、そして、コールセンターなどの相談体制について質問、確認、要望をさせて頂きました。
皆で団結して乗り越えて参りましょう!

本日の公明新聞(7面)に、「翰林日本語学院」(校長先生が南区在住)から相模原市へ医療用マスクを寄贈して頂いた記事が掲載されました。私も橋渡しをさせて頂き、同席致しました。
最も大変な医療現場に応援したいとのお心が尊く、感謝感謝です!
皆で力を合わせ、この大難を乗り越えて行きたいと思います。

10万円給付、DV被害者は避難先で受け取り可能になります。(ご相談が有りました)
避難先での給付は、①配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている②婦人相談所からの証明書などが発行されている③住民基本台帳の閲覧制限など「支援措置」対象になっているーのいづれかを満たすのが要件。4月24日から30日までに避難先の市区町村の窓口に申出書を提出してもらう。

相模原市に下記の気象情報が出ています。
特に、土砂災害警戒区域の方、浸水しやすい所は、ご注意下さい。
夕方位までは気を抜けません。
【相模原市】
大雨警報、雷、洪水注意報

本日、医療用マスク(サージカルマスク)600枚を本市に寄付して頂きました。危機管理局長にお渡しし、是非医療現場でご利用いただける様お願い致しました。
局長からも感謝の言葉を頂きました。
寄付して頂いたのは、私もいつもお世話になっている日本語学校の校長先生で南区在住の方です。その卒業生は世界中にいらっしゃいます。
今回は、海外の友人からの応援をそのまま寄付して下さいました。
感謝感謝です。
助け合いながら乗り越えて行きたいです。

粘り強い交渉の結果、新たな給付金のの制度が前進!
NHKニュースのトップで報道されました。良かったです!
私も、30万の給付には納得がいかず、相談者に対応していた所でした。また、連立の意義に疑問を感じざるを得ない所でした。市民の生活第一で、今後も団結して対応していきたいです。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍総理大臣は公明党の山口代表から、さらなる経済対策として、所得制限を設けず国民1人当たり現金10万円を給付するよう要請を受け「方向性を持って検討する」と述べました。
山口氏は記者団に対し「政府が緊急事態宣言を発してから、広範な影響が社会・経済に及んでいる。その状況を踏まえて、国民に連帯のメッセージを送るという趣旨で安倍総理大臣に決断を促した。
現金10万円給付「方向性を持って検討」 安倍首相 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200415/k10012387831000.html

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は7日の臨時閣議で緊急経済対策を決定しました。公明党の提言を反映し、収入が大幅に減少する世帯や資金繰りに行き詰まった中小企業・小規模事業者向けの給付金をはじめ、納税や社会保険料の支払いを猶予し、事業継続を支援します。主な支援策の内容が、今日の公明新聞に項目別にまとめられていますので、ご紹介致します。

『生活費等の必要な資金の貸付』[緊急小口資金特例貸付]
すでにお知らせしましたが、あまり知られていない感じがします。また、マスコミでも多くは紹介していないので、再度ご紹介します。貸し付けの対象、貸付・返済条件、減免措置など制度が大きく拡充しています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000613522.pdf

今日から、新しい年度が始まりました。
市役所1階正面ロビーには、SDG s(エスディジーズ)つまり、2030年へ向けた世界規模の『持続可能な開発目標』のオブジェが設置されました。ちょっとしたプラザになっています。市長室の前にも設置!
17のゴールと169のターゲット、具体的には貧困撲滅や、気候変動対策、平和と公正、ジェンダー平等、環境保護等々、全世界的な取り組みです。
私も、2015年12月の議会での質問以来、特に力を入れて推進してきました。
みんなで取り組んでいきましょう!

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が1日、全面的に施行されました。
これを機に、肺疾患等にかかる方が減ることを願っております!
私も、平成25年の一般質問以来、喫煙による健康被害の防止の取り組みを訴えてきました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012361711000.html

大崎ひではるTwitter
公明Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
相模原市 大崎ひではる
osaki@sun.nifty.jp