menu
認知症は、今後の日本社会の最重要課題の一つになっています。
2012年の推計では認知症の方は462万人となり、軽度認知障害(MCI)の高齢者も400万人とのこと。
医療と,介護の複合的ご相談も、増えてきています。
私も、昨年の暮れに養成講座を受講して「認知症サポーター」に成りました。
その証として、オレンジ色のリングとストラップをもらいました。(写真)
行政書士時代から、法定後見人や、任意後見受任者としての経験がありますが、今後、益々認知症の方へのサポートが重要性をおびてきます。

完全無欠な人間がいないように、誰でもが認知症的要素を持っているのでしょうから、これからの社会、「寛容の精神」と、「安全側の判断基準」、そして、「根本的な人間性の尊厳」の考え方が大事になってくると思います。

コメントは受付けていません。

大崎ひではるTwitter
公明Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
相模原市 大崎ひではる
osaki@sun.nifty.jp