野中のぶあき WEB SITE【佐賀市議会議員】

「書かない窓口」を視察

未分類 / 2022年10月9日

①

 10/6(火)公明党会派として埼玉県鴻巣市を視察。

申請窓口の混雑や職員の時間外勤務が常態化している中で、新型コロナウイルス感染症拡大防止策である密の解消を含め、窓口業務の改革を行うことが急務となり、今年1月から「書かない窓口」システムを導入されています。このシステム導入は全国的に広がっているため佐賀市での導入の可能性を調査しました。

 

②

申請書を書く記載台は無く、タッチ式のモニターで受付します。

 

③

受付窓口に端末を配置し、職員が聞き取り、受付を行いながら申請書や届出書を作成します。申請者は内容確認を行い署名のみを行うこととなります。

 

④

このことで申請者は、届出書の記入内容の複雑さで迷うことが無くなります。こういった一連の流れにより待ち時間も短縮となり、また、電子サインを活用し申請書のペーパーレス化を行うため、文書保存量の削減にもつながっているとのことでした。

 

⑤

鴻巣市議会の議長はじめ事務局職員の皆様、そして担当部局の職員の皆様、大変にお世話になりました。