野中のぶあき WEB SITE【佐賀市議会議員】

佐賀市9月定例会が閉会

未分類 / 2022年10月3日

9月定例会 ①

 9月定例議会は9月2日に開会し、高齢者や障がい者、中小企業者、農業関係者への物価高騰対策支援費などを含めた約30億9,800万円の一般会計補正予算案、佐賀市文化会館の駐車場料金等の設定を行う条例議案など、さらに「農業に係る燃油・肥料・飼料価格高騰等への対応を求める意見書案」など2件を可決、認定し、9月29日に閉会。

9月定例会 ②

 福祉教育委員会では「高齢者・障がい者支援クーポン券支給事業」を集中的に審査が行われました。

 物価高騰の影響が特に大きいとして65歳以上の高齢者と、65歳未満の障がい者に1人当たり「5000円クーポン」を支給する予算が提案され、集中審議の結果、議会としては「現金5000円」を支給すべきとの付帯決議を付けて全会一致で可決。市は、クーポン券(利用期間は来年2月末まで)は地元での利用を通じて地域振興につながるとの提案理由でありましたが、議会はクーポン支給の場合、利用できる店舗が限られることや利用期限があるため外出が困難な対象者が利用しにくい可能性があると指摘し、事業内容の変更を強く求めた形となり、この結果、市は再検討を行い現金給付へ方針転換することとなりました。

9月定例会 ③

 その他の議案では、県の事業であるSAGAサンライズパークの整備に伴い、佐賀市文化会館も整備が行われ駐車場料金を有料化とする「条例改正案」が提出され可決となりました。

9月定例会 ④

 また、今定例会では常任委員会ごとに「令和3年度事業の決算審査」が行われました。