大津市議会議員 佐藤弘

一人のひとを どこまでも大切に 心豊かな まちづくりを目指します

⑤ALSに負けるな!

2021/05/11

「MIYASUKU」に決めることにしたので、デモ機の引取をお願いした。

最後に念のため、デスクトップのアイコン操作を確認した。

ところが、「MIYASUKU」のデスクトップ上のアイコン選択は

スキャン方式で、縦横のマス目に区切ったところのアイコンを選択する方式になっている。

文字盤の選択と同じ方式である。

さらに、デスクトップでは選択した後、拡大され再度、縦横のクロス線で選択するので

時間が掛かる。

この使用方法に、本人も気持ちが変わってしまった。

今まで使用していた「ANAVI」は、マウスが八方に動いて選択する方式なので

慣れない使い方に、加えて時間が掛かるからだ。

折角であるが、再度他のシステムを検討することになった。

同じような、操作方法ができるのは「伝の心」であることが分かった。

昔の「伝の心」のイメージと違って、ずいぶんと変わった感じがする。

結局、「伝の心」の試用を保健所に申請することにした。

※以下は「伝の心」のマウス操作

スクリーンショット 2021-05-11 215425


 

2021/05/09

5月から日曜日は、看護師さんを頼まず家族で介助をすることにした。

看護師さんも忙しい方も多いし、できれば日曜日は休んでいただくようにしたいからだ。

大変なのは朝の排便介助である。

私が居るときは、3人掛かりになる。

リフトを吊り上げる人、頭を支える人、便器に誘導する人の3人が望ましい。

2人だと、リフト操作と便器に座らせるのを一人ですることになる。

頭を支えるのは必ず必要で、排便中はずっと支えているので、これも大変だ。

先週に続いて、今日も浣腸から排便の処理をした。

浣腸は4回目になるので、うまく刺せる?ようになったと思ったが

注入後の浣腸液を見ると、3割ぐらい残っていた。

お尻拭きも、要領が分かってきた。

朝の一連の介助は8時から10時頃まで掛かるので

これからは、日曜の朝の行事等の参加は難しくなるので

その時は、看護師さんをお願いすることにしている。


 

2021/05/08

意思伝達装置の耐用年数は5年となっている。

先日、不具合があったことや

Windows 7 のサポートは 2020 年 1 月 14 日に終了していることからも

新しい機器・システムの導入を検討している。

現在使用しているシステムはアルファテックオリジナルのANAVIだが

すでに、導入した事業者は無くなっており、ANAVIも検索しても見当たらない。

できれば、同じシステムを希望しているが仕方が無いので

その代わりの候補として、MIYASUKUという装置を検討しており

先日、EeyesとMIYASUKUの2種類のデモ機を用意してもらった。

このEeyesとMIYASUKUは、通常の文字盤のスキャン方式に視線入力もできる優れもの。

セットして動かしているのをみていて、本人も楽しそうなので

これなら使えそうだと思った。

IMG_2650

Eeyesの画面

Eeyeに比べるとMIYASUKUの方が汎用性があり、調整も多そうなのでMIYASUKUの方を希望している。

このMIYASUKUを、今日改めて使って見たところ

視線を当てている文字とは違う文字にヒットし反応していることが多いと言う。

キャリブレーションで使用者の目との調整を始めに行うが

これでも上手くいかないようだ

もしかしたら、左目が緑内障になっていてよく見えないことが原因かも知れないと

左目に眼帯をして使用したが、変わらないばかりか、かなり疲れるという。

視線入力と言っても、長文を打つことはないので大きな支障にはならないと思うが

これまでの文字盤のスキャニングによる入力も可能なので

このMIYASUKUの購入をしたいと考えている。

HP紹介>【miyasuku EyeConMouse のご紹介


 

2021/05/04

吸引カテーテル使用中はどのように格納しているのだろうか?

病院で入院しているときは、吸痰で使用した後は破棄していたが

わが家では、1日1回交換するようにしている。

収める方法としては、2ℓのペットボトルにカテーテルの包装を入れて

その都度、包装の中で出し入れをしている。

その方が、少しは衛生的かと考えてのこと。

ところが、カテーテルがペットボトルの中で大きく曲がってしまうことがある。

曲がってしまうと、吸痰のときに使いにくい。

そこで、包装より少し大きめのホースを垂直に立てて、板に取り付けたものをつくった。

手間はかかったが、これならいいだろうと

交換しようとすると、本人から相談もしないで設置するなと苦情がでた

思わぬことに、こちらも試行錯誤、手間を掛けてつくったので

腹が立って、使うのをやめたのだが・・どうしたことか

まだ、そのままになっている。

IMG_2628

IMG_2630


 

2021/05/03

介護職員による喀痰吸引等研修の実態調査 報告書」が公表されている。

本事業における分析と考察では、以下(一部を抜粋)のとおりでした。

(1) 改訂版テキストの周知

管轄の都道府県から周知されていない研修実施機関では「厚生労働省テキスト(平成24 年度版)」の割合が多い。改訂された令和元年度版の周知が必要。

(2) 医療機関で実地研修を実施する上での課題

入院時に実地研修を行ったことで退院後にスムーズに在宅生活を送ることができているといった事例を把握できた。
課題としては、医療機関側が受け入れを許可しないなどが挙げられているが、病院で実施したとしても、在宅で使用する機器や生活環境、看護師の指導内容が異なるといった課題が挙げられていた。

(3) 新型コロナウイルスを想定した感染症対策にかかるガイドライン等の提示

国はすでに、介護事業所や施設等に対して感染症対策のガイドラインを提示しているが、喀痰吸引等研修の実施における感染症対策についても、ガイドライン等の提示が必要ではないか。

また、国が提示している感染症対策の情報についても研修実施機関等に対し周知し、研修時に情報提供できるようにすべきではないか。

(4) 基本研修(講義)の実施方法の新たなあり方

ヒアリング調査において、動画配信、ライブ配信のいずれの実施方法も問題なく実施できていることが把握できた。

課題として、研修実施機関の通信環境の整備や受講生のデジタルリテラシー、質の確保など、オンライン形式で実施する上での課題を整理することも必要である。


 

2021/05/01

倉庫で、使用していない自転車用の小さなポンプを見つけた。

気になっていた、加圧バッグに使えるかも知れないと

接続してみることにした。

なんと、加圧バッグと自転車用のポンプの接続ネジがピッタリ合った!

つまりテルモの加圧バッグは「英式バルブタイプ」で接続できるということだ。

IMG_2626

IMG_2625

IMG_2625

 

電動式のポンプも探してみた。

テルモ純正の電動ポンプは5万円近くするのでちょっと手が出ない。

y097244-000-000

でも、小型で使いやすそうなものは沢山ある。

しかも、5,000円ぐらいで購入できる商品が多い。

61tK+wOHVeL._AC_SL1500_

このうち接続部が英式タイプになっている製品を選べば電動で注入ができる。

ただし、レビューを見ていると、ほとんどが大きめの音が出るようだ。

これさえ我慢できれば購入してみたい。


2021/04/30

加圧バッグのことで、ふと!思いついた。

重くなるのはポンプ。

ならば、ポンプを大きなポンプを使って見たらどうだろう?

そこで、自転車の空気入れを使ってみた。

ポンプに付いているホースはネジ接続になっているので、回して外す。

このホースに空気入れの口を繋いで、ポンプを押すと

あら!バッグは簡単に膨らんでいく。

ポンプは大きいので力もそれ程いらない。

これなら、今後は高いポンプを購入せずに

自転車の空気入れか、似たようなポンプを使えば楽に入れられる。

加圧バッグが重くなったら今度は電動式のポンプを使って見ようかしら?

page


 

2021/04/29

半固形栄養剤を注入する加圧バッグが重くなってきた。

1本注入するだけでかなりのエネルギーが必要だ。

妻は根をあげて「もう、新しいの買って!」と言うので、さっそく注文。

注文して2日目の今朝、看護師さんが玄関に箱が置いてあったというので

見てみると、商品が届いていた。

前回購入したのは、2020年9月18日なので7ヶ月で更新することになる。

Amazonで6,380円、少し高い気がするが仕方ないか。

IMG_2611

 

2021/04/24

NPO法人日本ミツバチ保護の会の事業報告書を作成し、代表宅へ届けたところ、出てきたのが、西洋ミツバチのロイヤルゼリー。

初めて見て、そして食べさせてもらいました。少し、酸っぱい味がします。

代表から蜜蜂の話を興味深く聴いたのですが、このロイヤルゼリーは蜜ではなく蜂の身体から出すもので、人間で言えば乳のようなものだとか。

しかも、このロイヤルゼリーという物質を出すのは年配にあたる蜂だそうです。

この物質を出したあと、この蜂は死んでいくそうです。

蜂の寿命は、生命をふりしぼって尽きるのですね。

また、日本ミツバチがこのようにロイヤルゼリーを貯めるかというとそれは無いそうで、日本ミツバチの場合は直接女王蜂に与えるそうです。

さて、このロイヤルゼリーと言われるものは、ほとんどの人は見たことは無いのではないでしょうか?

養蜂業をされている方でも、このロイヤルゼリーは女王蜂を育てて分蜂させるために取ることはないそうです。

この貴重なロイヤルゼリーを「息子さんにあげて欲しい」と採ってきてくれたのです。

それに、定期的にずっと、息子にと日本ミツバチの蜂蜜もいただいています。

その蜂蜜と一緒に、「耳かき2かき程を飲ませてあげて」とのことでした。

そのお陰だと思いますが、足や手指の動きは変わらずに動いてくれています。

有難いことです。感謝!

s-IMG_2583

大きさは1cm×2cmぐらい

s-IMG_2585

白いのがロイヤルゼリー

s-IMG_2586


 

2021/04/22

今日は散髪をしてもらった。

夏用?両サイドはかなり刈り上げられた。

IMG_2575

 


 

2021/04/20

先週末は喀痰吸引の回数が多く、夜間に8回の日があった。

これでは睡眠が十分取れないだろう。

かと言って、呼吸が苦しくなれば仕方のないことだが。

ただ、吸引が多くなると、吸引カテーテルによって先端についた細菌を

肺の奥に押し込んでしまうことで、肺炎のリスクも高くなるようだ。

そのためには口腔内細菌をできるだけ減らしておくことが

リスクを下げることになるので、しっかりと口腔ケアをしておきたい。

できれば、口腔ケアの最後にうがいができれば良いのだが

難しいので、ブラッシングの後、たっぷりと水を含めたスポンジブラシで

洗い流すようにしている。

人工呼吸器を装着している場合、適切な口腔ケアの仕方があれば

紹介して欲しいのですが。

そこで、Googleで検索すると出てきたが、処置の仕方は少し難しそうだ。

人工呼吸器装着患者さんへの口腔ケア(清掃)

 


 

2021/04/14

朝起きてから、胃ろうから栄養剤・薬の注入、口腔ケア、排泄などが終わると

いつものように、パソコンのセットをする。

スイッチを入れたところ、電源が入らない

あれっ!、何度やってもダメだ

昨晩まで、問題なく使っていたのに

え~~! 何でだろう

仕方ないか、この春で5年使ってきたのだから

今使っている、意思伝達装置はANAVI(オペレートナビ)というアプリ

早速、購入した業者に電話したのだが

「現在使われていません」のメッセージが流れる

HPを検索したが、出てこない。

廃業しているようだ。

そこで、これまで関わったことのあるD技研に電話してみた。

HPでもみたが、この業者が扱っている意思伝達装置のアプリに「miyasuku EyeConSW」がある。

機能的にはANAVIに加え、視線入力もできる、すぐれた装置だ。

スクリーンショット 2021-04-14 221611

この装置のデモをお願いした。

これで、準備OKと、本人に報告し、YouTubeで「miyasuku EyeConSW」の操作方法を動画で見た。

ところが、後から今までの方が使いやすいので

パソコンを修理して欲しいと言う。

近くのパソコン工房に持ち込んで欲しいと言う。

「新しいのにすれば良いのに」と思いながらも、

リュックにパソコンを背負ってP工房まで運んで見てもらった。

スイッチが入らない原因は、基板、ACアダプター、そしてスイッチの順に多いと言う。

後は、バッテリーを抜いて差し込んでみることだと言われた。

しかし、店員から「エプソンの機械なのでうちでは部品が入らないので」と言って断られた。

仕方ないので、持ち帰ることになったが、内心「これで、諦めもつくだろう」と思いつつ足を運んだ。

帰ってから、店員の言った「バッテリーを抜いてみる」ことは簡単に出来ることなので、やってみた。

なんと、電源が入って動き始めたではないか(>_<)

結局、夕方にはいつものようにパソコンは動き始めた。

デモを頼んだD技研には、断る電話を入れるつもりだったが

デモは遠慮なくさせてもらうとのことなので、結局はお願いすることにした。


 

2021/04/12

最近太り気味なので、最近ウオーキングに力を入れている。

そのコースには、昔のことが懐かしくて、つい足が向いてしまう。

そこの場所で、改めて思い出すことがある。

結婚して住んでいたマンションの玄関。

足の動きと体幹が弱くなっていたとき

この玄関で原チャリを倒して、起き上がることができず

助けが来るまで、ずっと横になっていたこと。

s-IMG_2470

まだ脊髄小脳変性症と診断されたときのことだっただろうか

人がいると怖いので、誰もいなくなり、日が沈みかけた公園で

妻が付き添って、何度も倒れそうになりながらも、歩く練習をした。

帰るとき、駐車場で倒れて、顔面を打って血だらけになったこと。

憎い病気だが、頑張り続けてきたことを思い出し

これからも、負けずに、さらに頑張り続けていこうとおもう。

s-IMG_2492


 

2021/04/11

滑り止めにならないかと、横方向にミシンをいれたが・・

これでも、ダメでした。

s-IMG_2512

 


 

2021/04/10

相変わらず、交換したシーツが合わない。

膝を曲げた後、滑り止め付きの靴下でも滑ってしまう。

また、使っていた古いのに戻すしかないようだ。

IMG_2505

 

昨日、このブログを見た方から、ALSの治療について電話がありました。

内容は、2020/02/18の記事のことでした。

詳しいことは、忘れてしまっていたのですが

改めて読んで思い出しました。

HPをみると、今でも治療を受け付けているようですので

関心のある方は、再生医療推進センターのHPに

アクセス(リンク貼っています)してみて下さい。

ただし、治療費は高額だったと記憶しています。

今朝、再生医療推進センターから電話連絡がありました。
内容は、京都の医療法人社団恵仁会なぎ辻病院(〒607-8163 京都府京都市山科区椥辻東潰5−1)
でALS再生治療が可能となったとのことでした。

2021/04/09

持続吸引に使っている、水槽用のエアーポンプの音が気になってきた。

吸引機からエアーポンプに替えたときは、なんて静かだろうと思ったのだが・・

このポンプ(天地無用?)を家内は、大胆にもひっくり返してしまった。

さらに、下にタオルを敷くと、ほとんど音がしない。

ケース内部のモーターが底に取り付けられているのが

上に向けられたため、モーターの振動が伝わり難くなったためだろう。

モーターに影響がなければ(この方法で、ながいこと使っているが問題ない)

これはオススメの方法だ。

s-IMG_2471


 

2021/04/07

持続吸引機の吸引圧が弱いので、2つのボトルを1つで使うようにした。

2つの場合ロスが出るため。

一度、交換するのを忘れて、ポンプに唾液を流れ込ませてしまったが

ボトルを1本にして、小まめに交換した方がよい感じだ。

吸引のボトルのとなりに空のボトルを置いておけば

交換するとき蓋だけ替えればよいので便利だ。

s-IMG_2460


 

2021/04/03

知っていただきたい嚥下障害患者さんの薬の内服法 ―簡易懸濁法―がFaceBookで紹介されていました。

反応が多いことに驚きました。(皆さん、いままで胃ろうからの薬の注入どうしていたのかな?)

s-168586801_4147805178563671_6520037082396595298_n

うちでは、粉砕した薬を胃ろう注入しています。

水に溶けなくて閉塞したことが数回ありましたので、容器に粉砕した薬にお湯を入れて放置してから注入しています。

それでも、薬によっては溶けきれずシリンジで吸ったあと容器の底に残っていることが多いです。

お湯の量と温度がぬるかったのかも知れませんので、見直してみようかと思います。

◆薬剤簡易懸濁法の創始者の倉田なおみ先生のHP紹介

 

2021/04/02

2年ほど前に購入したシーツを新調した。

シーツの選定が難しい。

タオル地のような素材は

滑り止めのついた靴下では、足をうまく運べない

足先を突っ張るには、滑り止めの靴下が必要だが

そのあと、足を横方向に運んで行くには滑らせる必要がある。

だから、シーツは表面が「つるっ」とした素材がよい。

似たような、シーツを探していたところ

「やっとみつかった」ということで、シーツを交換したのだ。

確かに「つるっ」としていて、これなら大丈夫だろう

本人も、よさそうな感じでいる。

ところが、膝を曲げた状態からが

うまく足を運べないことが分かった。

足を延ばした状態では問題なかったのに・・

「シーツ」と「滑り止めの靴下」この組み合わせが極めて難しい。

s-IMG_2413


2021/04/01

パソコンを操作するプラケーススイッチの握り具合が微妙

2週間前?調整したプレートが少し厚いので、

材質も合わせて交換して欲しいと要望された。

これから暑くなるので

手触りのよい桐の板を削って挟んでみた

丁度よかったようだ。OKが出た。

s-IMG_2410

s-IMG_2412

 

昨年いただいた、桜の花が咲きました。

s-IMG_2411


 

2021/03/31

妻から、靴下を注文してほしいと要請

靴下が緩んでくるので、履き替えたいと言う。

今回は、3足注文した。

s-スクリーンショット 2021-04-01 111310

滑り止めの付いた靴下の役割は大きい

足を運んで、呼び出しのベルを鳴らすため

あと、寒さ対策である。

最近、温かくなって来たが

血圧が低いことに寄るのか、足元には

厚めの靴下とレッグウーマーを履いて、電気毛布を掛けている。

反対に、上半身は熱いため

脇の下には、保冷剤を挟むことがある。


 

2021/03/30

昨晩、いつものように、就寝前に安定剤と白湯を胃ろうから注入した。

白湯を注射器で吸いあげたとき、少し温かいなぁーと感じつつも

そのまま注入してしまった。

すると、すぐにベッド足元のベルが鳴った。

顔を見ると、(>_<)「熱い!」と言っている。

注入する白湯は、ヘルパーさんが用意してくれていた。

ヘルパーさんは、すかさず「熱いと言おうと思っていたんですわ」と言う (-_-;)

白湯の温度を確認せずに、可哀想なことをしてしまった。

以前も、こんなことがあったので温度計を用意しておいたのに・・

入れられる方は、たまったものではない。

熱いと言っても、その場ですぐに反応できない

相手に伝えたときには、すでに熱湯は胃の中に入ってしまっている。

何もかも、受け入れるしかないのは辛いことだ

慣れてくると、確認が足りず、うっかりミスをしてしまう。

これからは、気を抜くことなく、しっかりしようと反省。


 

2021/03/18

新しいヘルパーさんの実地研修が続いているが

喀痰吸引などの手順、手技について

看護師さんから「完璧です」と、高く評価する言葉があった。

本人の顔を伺うと「そのとおり」と言っているような表情をした。

これなら、安心して任されそうだ。

あとは、意思疎通に慣れてくれればよい。


 

2021/03/13

数日前から、新しい重度訪問介護ヘルパーの同行支援が行われています。

今日は、初めての実地研修がありました。

これまでは介護内容や意思疎通について様子をみてもらいましたが

今度は、胃ろうや喀痰吸引の手順等について研修を受けてもらいます。

実地研修でマスターしても、さらに意思疎通ができるようになるまでが大変です。

ヘルパーさんにはできるだけ多くの方に関わってもらっておくことで

緊急時の対応も可能になります。

IMG_2310

 


 

2021/03/12

持続吸引機の音が静かになった。

水槽に使うエアーポンプを持続吸引として使用しているが

通常の吸引機に比べれば静かだが

それでも慣れてくると、音と振動が気になる。

置き方をいろいろ変えてみたが、変わらないので諦めていたが

ポンプの下に、タオルを敷いてみたら

音と振動が、ほとんど無くなった。

看護師さんのアドバイスでした。

IMG_2315


 

2021/03/11

3ヶ月ぶり?に、3人掛かりで散髪をしてもらった。

訪問入浴サービスがある日を狙ってする。

寝たままの状態なので、少し難しいけれど

いつも上手にカットしてくれる。

いつも枕に接している後頭部は痒い。

これから、少しずつ暖かくなるので

さらに汗で痒くなるだろう。

短くカットしてもらったので助かる。

page


 

2021/03/08

意思伝達は、タブレットの文字盤を使っているが

最近、ミスが多いなぁ と思っていた。

正直、受け手の方としては、

本人が発信する、瞬きの動きが、分かりにくいのだ。

長いこと文字盤を使っているので、だらけた感じになってきた感じがしていた。

左目の調子が悪いので、頭を横向きにした時に

横に向けすぎると、目が枕に当たって痛いらしく

あまり、横に向けすぎないように言われた。

その際に、最近、瞼が閉じ難いと言うのだ。

そうか!

それで、文字盤を使うときの瞬きが分かりにくかったのか・・

瞼も動かなくなったら、大変なことになると、気持ちが沈んだ。

さらに、隣にいたヘルパーさんは、

「以前、瞼を動かすことが出来ないALS患者さんを介護したことがある」と言う。

また、心配になった。

もうこれ以上、進行しないで欲しい のに (>_<)


 

2021/03/07

吸引機のホースを洗浄するため

交換用のホースをコーナンで購入した。

ところが、材質が柔らかいため

折れて通りが悪くなったり

吸引しているとに振動で音がするなど、

気になることがあったので

ワンサイズ小さい径のホースを再度購入した。

白い半透明のホースがなかったので

赤色になった。

材質も少し硬い目で丁度良かったのだが

今朝、看護師さんが来て「赤色!」と驚いたような声を出した。

看護師さん曰く「吸引のときに、出血の確認をするには、赤色は不適切」

なのだそうだ。

言われれば、確かにそうだな (-_-;)

IMG_2295


 

2021/03/02

明日は訪問診療の日

パソコン画面に「7割視野が狭くなっているので、オペしても意味がない」

と表示された。

何のことか分からなかったので聞くと、

医師に緑内障の手術を勧められたので、自分の気持ちを伝えたのだった。

つまり、先生が来たときは手術する意思がないことを伝えて欲しいとのこと。

同じくALSの奥さんを看ている知人の方から

「ずっと横になっていると抵抗力が落ちてくるようだ」と言う。

その方の奥さんも、目や耳の具合が悪くなっている。

だから「できるだけ身体を起こす方が良いよ」

とアドバイスしてくれた。

確かに、目の緑内障もそうだが、鼻も副鼻腔炎で薬を使っている。

頭を動かすと、くらっとすると言う。

できれば、上半身を起こしたいのだが、

痰が肺の方に下りていくような気がして怖いのか

起こそうとはしない。


 

2021/03/02

喀痰吸引衛生用品の医療費控除について報告がありました。

厚生労働省からは、

喀痰吸引に係る、カテーテル、アルコール綿については

在宅医療1式で含んでいるので

そもそも医療費控除の対象として想定していないようです。

ということは、医師からカテーテルはもちろん

アルコール綿も支給してもらうことになります。

(これは、言い難いことですが (^_^;))

では、手袋はどうなるのか?

これについては確認していないので

再度、確認をお願いしました。

在宅医療の線引きが分かりにくいので、

患者および家族に、診療報酬について丁寧な説明をする必要があると思います。


 

2021/03/01

昨晩は目が痛いと言う。

最近は夜遅くまで(2時頃)まで夜更かししたので

いわゆるドライアイかもしれない。

ただし、痛いときのコミュニケーションに困ったとヘルパーさんが言う。

確かに、意思疎通はアイコンタクトなので

目が痛いと、ぱちくりすると、上手く伝わらない。

少しは、目を休ませるように伝えたが・・

熊野参議院議員から

以前、吸引のときに使う、衛生用品は

医療費控除の対象にならなか問い合わせしたが

対象とならないとの回答であった。

これについては、医療的ケアには必要なものなので

国税庁と厚労省で検討してみると、報告があった。


 

2021/02/24

人工呼吸器の外付けバッテリーが届いた。

緊急時用に取り扱い業者にお願いしていたものだ。

IMG_2257

これで、内蔵バッテリー(8時間)に追加のバッテリー(8時間)

で合わせて、16時間(使い方にもよるが)の緊急時電源が備わった。

(ただし、バッテリーを用意してもらうためには、医師の同意がいるようだ)

酸素濃縮器についても非常用のバッテリー付きのものないか、医師から聞いてもらったが

携帯型のものはあるが、常設する大型のものはないそうだ。

そのために、酸素ボンベを用意してあるが

ボンベ1本で8時間保つらしい。

しかし、このボンベの接続の取り扱いは、1度やってみないと難しい。

もし、電源が切れると突然止まるので、パニックを起こすのかもしれない。

大津市に緊急時のため、人工呼吸器などを常時使用している方に

バッテリーや発電機を日常生活用具として支給できないか交渉したが

これらの電源は人工呼吸器等以外にも使用ができるので対象になっていないと説明を受けた。

(日常生活用具として認められていると、国から50%以内、都道府県:25%以内の補助金が出ます)

確かに、ポータブル電源も発電機もキャンプなどアウトドアにも使える。

担当課からは、他の自治体がどのようにして導入しているのか調査することと

大津市の独自の制度として導入できるか考えたいと話しがあった。


 

2021/02/22

入浴サービスを受けた後

話しかけても、口をつぐんだまま。

なにか気分を害したのだろう。

理由がわからないので、妻もひどく落ち込んでいた。

長く根に持つタイプではないので

「しばらくしたら戻るさ」と宥めた。

案の定、あとでパソコンの画面に、その訳が表示された。

それは、サービスを受けていたときに

「言ってくれればいいのに!」

「後で、ステーキでも食べるんか」

と言われたことが原因だった。

介護サービスする側は、場を明るくしようとの思いで

何の気無しに出た言葉なのだろう。

普段は、言われても受け流すのだが

今回は、耐えられなかったようだ。


 

2021/02/17

昼から市民病院で胃ろう(PEG)の交換と眼科を受診。

PEGの交換は新型コロナのこともあって、2ヶ月延期した。

施術には、PEGの交換と合わせて内視鏡も使用するが

痛みが辛いので今回は、鎮静剤を打って行うことにした。

このため、在宅医からはレスピレーター、酸素濃縮器と酸素ボンベをもっていくように指示された。

このほかに、吸引機や着替えなどでかなりの荷物になった。

PEG交換は無事に終えたが、眼科で受けた緑内障の診察については

視野の検査を受けるには身体を起こさないとできないとのことで

十分な診察にならなかったようだ。

帰ってから、鎮静剤を使ってのPEG交換の感想を聞くと

痛かったようで、

文字盤には「エイリアン」の文字を表示した。

そう、エイリアンが入り込んできた感覚のようだ・・


 

2021/02/16

ちぎり絵をいただきました。

IMG_2249

木の葉の動画も素晴らしい!

スクリーンショット 2021-02-16 162407


 

2021/02/15

ヘルパーさんからバレンタインデーのチョコレートをプレゼントしてもらいました。

食べることができないので、楊枝の先に少しのチョコを付けたものを作ってきてくれました。

舌で味わうだけですが、気管切開をしてから21ヶ月、始めての体験です。

「甘みは舌の先端が良く感じるらしい」「どう、甘さ感じる?」と、感触を尋ねながら舐めてもらう。

あとで、チョコレートの甘い味覚に「うま!」と御礼の言葉をパソコン画面に綴りました。

舌で味わうことは、いつでもできますが

「一度味わうと、逆に辛くなるかもしれない」と

先生の意見もあったので、しなかったのですが、

今日は特別・・

s-IMG_2242

s-IMG_2243

s-IMG_2244

s-IMG_2246


 

2021/02/14

昨晩の福島県、宮城県を中心とした東北から関東にかけての大地震で多くの地域で電電となりました。

被災した皆様にお見舞いを申し上げます。

東北電力から、13日23時08分に発生した地震で停電、復旧したのは14日9時00分と発表がありました。

約10時間の間の停電で、人工呼吸器を使用している方々はどのように対応されたのでしょうか?

やはり、停電時の電源は確保しておく必要がありますね。

 


 

2021/02/07

確定申告の時期になりました。

給与所得の場合、年末調整の他、確定申告で医療費控除ができます。

在宅医療における喀痰吸引に係るカテーテルやアルコール含浸綿、手袋の経費もかなりな額になります。

アルコール含浸綿は一時期手に入りにくくなりましたし、ビニル手袋も同様で価格は年始めから月々高くなり、最近では3倍ぐらいになっています。

医療費控除には、医師の治療を受けている場合に、おむつを使う必要があると認められるときのおむつ代(この場合には、医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要です。)は認められています。

それならば、在宅医療においても、医師の指示書によりヘルパーがおこなう喀痰吸引の医療行為に係る経費も認められるのではないかと考えました。

そこで、知り合いの税理士や国税局、所管の税務署、国税庁に問い合わせてみました。

何カ所も尋ねたのは、明確な回答が得られなかったからです。

最終的には国税庁(参議院議員にお願いした)の方から説明を受けて一応は納得しました。

国税庁のタックスアンサー(よくある税の質問)No.1122 医療費控除の対象となる医療費 [令和2年4月1日現在法令等]には次のようにあります。

医療費控除の対象となる医療費は次のとおりであり、その病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額とされています。( 5 , 7 以外省略)
5 保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価
7 介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価

つまり、医師、看護師、介護福祉士等が療養上の世話に使用する喀痰吸引の資材・経費は対象となるのですが、患者家族等が購入した喀痰吸引に係る材料、備品は対象とならないということです。

従って、喀痰吸引に係る材料等については、介護事業者等が使用分を購入して患者側に請求し、患者側が支払った領収書であれば医療費控除の対象になると理解しました。

喀痰吸引の経費については、患者家族の処置と、医師、看護師、ヘルパーの処置の扱いに違いがあるということは、なにかしっくりこないと感じているのは私だけでしょうか。


 

2021/02/06

天気が良いので、昨日に続いてソーラーチャージャーの発電量を検証した。

今回は、9時29分~16時32分の約7時間のデータを収集した。

充電率を100%まで粘ろうとしたが、99%からあまりにも時間が掛かるので途中でやめた。

フル充電にこだわらず、98%程でよしとすれば、約5時間で最大蓄電量の50%を充電出来る。

スクリーンショット 2021-02-06 182732

スクリーンショット 2021-02-06 183005

 

ソーラーパネルの設置場所については、昨日はベランダに設置したが

今日は、使用している部屋のサッシュの間からケーブルを出してパネルに繋ぎ

パネルは塀の天端と外壁に立てかけた。

IMG_2183 (1)


 

2021/02/05

今日は天気が良かったので

昨日に続いてソーラーチャージャーの発電量の検証をしてみた。

昨日はモニターに示された充電率は71wであったが

スイッチを入れた時は69wを表示していた。

9時10分に開始してからフル充電の100%になった(正確には気づいた)のは13時08分。

検証の結果、約4時間で30%の充電が出来た。

天気が良ければ、1日でほぼフル充電出来ると考える。

他のメーカーでは、AC100vでフル充電に7~8時間かかると表記されているのに

ソーラーでこんなに早く充電出来るのには驚いた。

IMG_2161

最大88wの表示

経過時間におけるモニターの表示は下表のとおり。

経過時間(分) 充電率(%) 発電量(w)
0 69 44
40 76 61
65 80 67
89 83 73
169 93 83
188 96 71
221 99 88
238 100 88

 

100%の時の蓄電量を576wとして、69%(397w)からの累積蓄電量と時間の経過をグラフに示すと下図のとおり。

ソーラーチャージャーの発電量


 

 

2021/02/04

ポータブル電源をフル充電して、レスピレーターを使って見た。

23時10分に使用開始、次の朝8時5分で残量を見ると60%になっていた。

出力の値は15w前後であった。

フル充電の状態で576Whとすれば

使用時間における時間あたり出力は

576×0.4÷(使用時間)=230.4÷(8+55/60)=25.85w となり

モニターに表示されたw数よりも、実際の消費電力はもっと大きいようです。

レスピレーターのラベル表示には90wと表示されているので

これに比べると、実際の消費電力は、ずいぶんと小さな値になります。

結局はよく分かりません。(-_-;)

IMG_2096

難しいことはやめて、

要は、理屈より使用してみれば間違いはないのです。

これで、このレスピレーターの場合であれば、

576÷25.85=22.28で

推定、約22時間は使用できるということです。

EcoFlow 110Wソーラーチャージャーも試してみました。

13時頃は、天気は日が出て暖かいくらいでしたが、14時頃からほとんど曇ってました。

始めは入力が59w、30分後は56w、60分後は34w、90分後は8w、120分後は20w、

180分後、完全に曇って0wになったので終了しました。

この3時間で、残量が59%→71%になりました。

ソーラーチャージャーは太陽光の強さで充電量は大きく変わることが分かりました。

曇りでもチャージするかと考えていたのですが、ほとんど駄目でした。

IMG_2146

IMG_2139

 


 

2021/02/03

持続吸引器で使うカテーテルは、製品そのままで使うことにした。

持続吸引の場合、吸引力が弱いので問題ないようだ。

今までの作品は無駄になった?

よかれと思って作っても、押しつけは禁物だ。

所詮、本人が納得するようなものを使うのが一番。

本人も気を使って、思っていることが口に出せなくなってしまう。

IMG_2119

初期不良のecoflowの新品交換品が届いた。

充電したら、早速試験を続けて行こうと思っています。

でも、前回のことがあったので少し不安があります。

前と同じようなことになったらどうしよう(-_-;)

今晩は、前回しようとしていたレスピレーターでやってみる。


 

2021/02/02

風呂上がり、呼び出しのベルが鳴った。

モニターを覗いてみると、文字盤でやり取りしているが

意思がうまく伝わっていないのか、時間が掛かっている。

気になったので、部屋に入ると、まだ要求していいることが分からないでいる。

しばらくして、どうも持続吸引が弱いようだ。

カテーテルの先端が詰まっているのか、吸引モーターからのホースが折れているのか?

みているうち、カテーテルを加えている箇所に咬んだ跡があるのが分かったので

カテーテルを交換した。すると、問題なく吸引できた。

原因を調べるため、リビングでカテーテルの状態を確認した。

明るいところで、よく見ると傷跡でなく、半分裂けている。

これでは、エアーを吸ってしまい、唾液は吸い込まれていかないのは一目瞭然。

IMG_2117

 

IMG_2116

何故、カテーテルを咬み切ってしまったのか?

後で聞いたことだが、ヘルパーさんの手順の中で

スマホの接続を早く切ってしまったので、そのことを怒ったらしい。

本人は、咬み切るほど力を入れた覚えはないようだが

多分、怒りの力で無意識のなかで強く咬んでしまったのだと思う。

本人もなぜ吸引が出来なくなった分からなかったのだから・・

意思を正確に伝えることは確かに難しい。

健常者でも、トラブルがあるのだから、

ALS患者とヘルパーさんとの間ではよくあることだろう。

大変ではあるが、この意思疎通が重度訪問介護の一番の肝である。


 

2021/02/01

いつも10時半にはパソコンを終わらせて、

薬、水分補給、口腔ケア、カニューレのガーゼ交換など就寝の準備をする。

ところが、昨晩は何かやりたいことがあったのか?

パソコンを閉じる前、画面に表示された文字を見ると

よふかしする

ねむない

みんざいあとで

初めてのことで、皆で「不良 宣言か」と、笑い (^O^)

自分がパソコンをやめたい時間に、ヘルパーさんに閉じて片付けてもらうことにした。

確かに、自分のおもうような時間までパソコンをしたり、テレビを見たりしたい気持ちはわかる。

今朝、この話を訪問看護師さんに話すと

「私も昨晩、子どもを寝かせてから、見たいテレビを見ようと思っていたのに、そのまま朝まで一緒に寝てしまったの」

と・・(^Д^)

今日の午前中に、調子の悪いポータブル電源について、ecoflowサポートセンターから

「初期不良につき、新品の製品を送らせてもらいます」とメールが入った。


 

2021/01/30

毎朝、訪問看護師さんに来ていただいているが

今日は事業所で研修があるので、看護サービスは受けられない日になっている。

妻と二人でしなければならない。

いつものように8時過ぎから始めて、終わったのは9時40分頃になった。

掛かった時間はいつもと同じだが、体温、血圧、血中酸素濃度の測定や聴診器をあてる時間は省かれている。

手間取ったのは、浣腸処置のときだった。

肛門の確認は指先で出来るが、浣腸の先端がどこにあるのか分からない。

何とか、差し込めたが少し難儀した。

この他に、ボトルに入れたお湯で洗浄をするときの扱いも要領を得ていなかった。

いつも見ているつもりだが、幾度か経験しないと分からないものだ。


 

2021/01/29

前日、ポータブル電源のトラブルがあったので、夜間の試験運転はヘルパーさんにも迷惑が掛かるのではないかと迷ったのですが、

レスピレーターのみで運転をしてみることにしました。

出力を見ると始めは15w~25wの間で表示されていましたが、しばらくすると15w(振れ幅はありますが)ぐらいでの表示となりました。

これなら大丈夫だろうとその場を離れました。

ところが、1時間ほどしてからヘルパーさんから端末にLINEの電話が鳴り、あわてて行ってみると、電源の出力が止まっていました。

いくらスイッチを入れても、5秒もするとOFFになってしまいます。

試しに、USBの出力をしても作動しないし、LEDライトのスイッチを入れても点灯しませんでした。

サポートセンターにすぐにメールを送信。

朝には電話をして状況説明をし、動画を送信しましたが、今のところ、回答はもらっていません。

これは、初期動作不良で交換しかないと考えますが・・


 

2021/01/28

「EcoFlow RIVER Maxポータブル電源」のレビューをしていきます。

IMG_2058

充電については、ほぼ、マニュアルに記述している「0%から80%までの充電時間を1時間以内にまで縮め、100%の充電なら1.6時間で終わります」のとおりでした。

①充電開始時は出荷時で30%充電されていました。

s-IMG_2060

 

②30%→80%の充電時間は40分

s-IMG_2066

 

➂30%→99%までが70分

s-IMG_2075

④99%→100%までが15分ぐらいと時間がかかりました。

これでトータル90分になります。

s-IMG_2078

 

⑤使用を開始したところです。

s-IMG_2080

使用時の接続機器は、人工呼吸器、酸素濃縮器、エアベッド、持続吸引器

吸引器(これは必要時に使用)この接続状態しました。

これで、夜間運転時にどれだけもつか試験です。

まぁ、朝までは十分もつだろうと思って就寝。

ところが、なんと3時間40分後には電池残量が0になってしまいました。

人工呼吸器や酸素濃縮器は電源がきれると、機械は人の言葉でおお騒ぎしますから

夜間についていたヘルパーさんは、驚きと、沢山のコンセントを差し戻すのに大変だったともいます。

全部の機器を使っても60wぐらいかと思うのですが、以外ともたないことが分かったので

今後、機器を絞りながら検証してみたいと思います。


 

2021/01/27

排唾管を使った口腔ケアについては

先ず、ヘルパーさんの使用感は「まぁまぁ」と言った感じ

今朝、私が使った感じでは使いやすい

本人に聞いても良さそう。

使うときは、真っ直ぐか、少し曲げるなど

少しずつ変えてみたが

目的は、口の中の唾液を気持ちよく吸い出すこと。

本人にも確認しながら、色々なやり方で

的確な方法を見つけたい。

IMG_2089


 

2021/01/26

顔が痒いので、どこが痒いのか要求がヘルパーさんに伝わるように

白板に書いておいた。

①おでこ②眉毛③眉間④ほっぺた⑤もみあげ

これで、夜間の対応がスムーズに行くとよい。

対処法は、掻くのではなく、薬を塗るだけ。

午後から訪問医に塗る薬の相談をした。

これで、暫く様子を見ることにした。

日本ALS協会の会報に、肺炎を起こさないように口腔ケアの重要についての記事があった。

その口腔ケアの記事で、用意するものの中で「排唾管」と言う言葉が出てきた。

口腔ケアの際に、カテーテルで唾液を吸いながら、歯磨きをするが

柔らかくて、扱いしにくいから何か良いものがないかと思っていた。

これだ!と思って、web検索するとあったので、さっそく購入してみることにした。

排唾管のみの商品が多いが、接続も考慮して「排唾管(10本セット)専用コネクター2個付」の商品にした。

今日届いたので、接続しようとしたが、専用コネクターだけでは上手く繋がらない。

そこで、コーナンに行ってホースと接続部品を調達して接続してみた。

今晩は、これを使って歯磨きしてみよう。

ポータブル電源が今晩届きました。

明日から、使って機能など検証して報告します。

IMG_2048

IMG_2054


 

2021/01/25

ここ数日、顔が痒いという。

昨晩は、痒くてあまり寝られなかったようだとヘルパーさんから聞いた。

以前、顔に湿疹のようなものが出来て痒がっていたので

1年前程前からヘルパーさんが、顔のケアをしてくれている。

おかげで、顔の湿疹も無くなりきれいになっていたのだが・・

手さえ動けば、寝ていても無意識の内に掻いて治まるのだろうが

肝心の手が動かないのが辛いところ。

妻は、明日は訪問診療の日なので、先生に相談しようと言うのだが

皮膚科の専門医ではないので、どのような診断をしてくれるか・・

さっそく、ソーラーチャージャーが届いた。

重さは6kgと表示されている。

案外、重い。

ポータブル電源は、別の便になるようだ。


 

2021/01/24

昨晩、広域協会からポータブル電源とソーラーチャージャーの購入助成をしてもらうことが決まりました。

到着が楽しみです。

昨晩、カフアシストを運転すると、いつもと違う音がするので変だなと言いつつも

どこに異常があるか分からないので、そのまま処置をした。

処置を終えて、片づけようとした時に原因が分かった。

カフアシストに接続しているホースが、取り付け近くで切れていた。

蛇腹のホースなので切れていても気付きにくい。

今回、損傷する箇所が分かったので、今後注意しよう。

IMG_1998


 

2021/01/23

広域協会から消毒液(5本)とスプレー容器(4本)が届きました。

また、感染症対策にすでに使用した消毒液やマスクについても補助してもらいました。

IMG_2001

ヘルパーさんに1本ずつ渡した後の写真です


 

2021/01/22

ホームヘルパー広域自薦登録協会から、非常時の電源機器があるか問い合わせがあった。

確かに、停電になった時の電源の用意は出来ていない。

本人に話すと、文字盤で「メガパワーバンク」と表示した。

はて? 「メガパワーバンク」の意味が分からないので

調べてみると、大容量の蓄電器のことだった。

丁度、蓄電器が欲しいと考えていたようだった。

広域協会によると購入については助成制度があると言う。

そこで調べてみると、多くの自治体で「⼈⼯呼吸器⽤⾃家発電機」⼜は「外部バッテリー」を

日常生活用具の対象機器としていることが分かった。

これをwebで検索して分かる範囲で内容を整理してみたところ

機器によっても違うが、多くの自治体が10万円程度の助成をしていることが分かった。

各自治体の発電機・充電器の助成状況

始めて、このことを知ったので大津市に問い合わせると

残念なことに、大津市では対象としていなかった。

その理由として、厚生労働省告示529号 に日常生活用具の「用具の要件」として

「日常生活品として一般に普及していないもの」となっているからだという。

分かりにくい要件である。だから、対象機器としての扱いが自治体によってまちまちなのだろう。

とは言え、常時人工呼吸器を使用している方には、非常用電源が必ず必要になるのは間違いない。

ここは、日常生活用具の対象となるように大津市に働きかけて行きたい。

各自治体の発電機・充電器の助成状況

各自治体の発電機・充電器の助成状況


 

2021/01/19

熱が出てから7日が過ぎた。

今日は訪問診療の日

医師から発熱は細菌によるようだと血液検査の結果から説明があった。

看護師さんには、防護服の着用はなくてよいとのこと。

IMG_1986

カニューレの交換が終わり、PEGの交換の話になった。

新型コロナの感染を予防するため、PEGの交換を延ばしていたが

いつまでも、延ばすわけには行かないので、

2月に予約してもらうことにした。

何か他にないか尋ねると、

伝えたいことがあるようだ。

文字盤で聞いていく。

「が・ん・」と文字を出していくと

「がんばる?」「がん検診?」

1文字、2文字出てくるごとに、周りで言葉を言い当てようとする。

少しでも早く聞き入れようとしてのことだが・・

言いたかったのは「眼科」

そう、PEGの交換と合わせて、眼科で緑内障の診察を受けたいと言うことだった。


 

2021/01/18

持続吸引に使うカテーテルは先端を加工したものを使用するようにしている。

先日、ヘルパーさんから「言い忘れたのですが、前回カテーテルの先端が無くなっていたので、どうしようかと思ったが、伝えるのを忘れていた」と言われた。

それは、折り返したカテーテルの先端が抜けたためだ。

先端を折り返して、差し込むのが結構むずかしい。

そこで、先端を斜めにカットして差し込むようにした。

これなら、チューブの中に入れやすい。

あとは、両端と中央部をカットして吸い込み口を作った。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

就寝前に5本作成。

IMG_1992


 

2021/01/16

今日も看護師さんは防護服を着けての処置。

フェイスガードも曇るので見にくくて大変。

IMG_1985

 

IMG_1983

 


 

2021/01/15

「持続吸引器が吸わない」と妻が言ってきた。

「おかしいな?」

ボトル(貯留タンク)を見ると満タンになっている。

「あっ!」ボトルからエアーポンプに繋がっている

ホースをみると唾液が入っている。

危惧していたことが起こった。

使用しているエアーポンプは本来、観賞魚用の水槽にエアーを送るもので

これを、エアーを吸い込むように改造したもの。

※自分で改造する方は「もりおか往診クリニック低圧持続吸引器の作り方

や「5分でできる乾電池式吸引器DIY」が参考になります。

このポンプまで唾液が入ると故障してしまう。

これを防止するために、ボトルを2本にしているのだが

吸い込みを強くするため、ボトルを1本にしていたので

起こるべくして、起こったことだった。

エアーポンプを分解して中を見ると、唾液が底に溜まっていた。

幸い、ポンプ電気系統まで達していなかった。

ポンプ本体とホースに溜まった唾液を取り除き

コンセントに差し込むと、再び唾液を吸い始めたのでホットした。

webページで製品のカタログをみて分かったことだが

エアーの流量調整装置があった。

これを最大にすることで、ボトルを2本にしても

しっかりと唾液を吸い込んでくれた。

IMG_1981

スクリーンショット 2021-01-15 221044

スクリーンショット 2021-01-15 221123


 

2021/01/14

今日も訪問看護師さんは防護服を着けている。

医師の許可が出るまでなのだろうが大変です。

医師からも様子を伺う電話が入った。

本人の発熱も治まったようです。

血液検査もしたが、結果は白血球が多いものの

特に異常はなかった。

結局、原因は分からない。


 

2021/01/13

今朝は36度台になった。

抗生剤を服用したからか分からないが

一時的なものであるかもしれないので、引き続き注意が必要と医師から電話が入った。

訪問看護師さんも今朝は防護服を着けて処置してくれた。

眼鏡とフェイスシールドで目の前が曇って大変です。

IMG_1978

2021/01/12

カテーテルの先端加工を10frのものを作ったが

使って見ると、合わないと言われた。

昨日使ってみての要望は

先端を折り曲げただけでは、両端が尖ってしまうので

これが、気になるようだ。

そこで、この尖ったところをカットすると具合が良い。

IMG_1974

両端が尖っている

IMG_1975

尖ったところをカット

今朝は、熱が39度1分まで上がった。

今日は昼に、カニューレの交換で医師が来る日なのでちょうどよかった。

訪問看護師も来てくれた。

看護師も医師も防護服を着けての診察・治療になった。

コロナ感染症の症状ではなさそうだが、このまま熱が続くようであれば

明日、病院に行くことにしようとのこと。

夜には、熱は37°2’まで下がったので、これで一安心。

これまでも時々熱が出ることもあったようなので

体質的なことがあるのかも?


 

2021/01/11

低圧持続吸引器のデメリット無しと思ったのですが

カテーテル先端に付いたスポンジが少し合わないようでした。

(低圧吸引器は、吸引圧、音も静かで、貯留ボトルもとても良いです)

  • スポンジが少し大きい。
  • 使用時間が長いと、粘稠度の高い唾液がスポンジに絡んで吸い込みが悪くなる。

対策として、スポンジをもう少し小さくカットして見ようとしたのですが

ネットで検索してみると

みーちゃんダイアリー♡ファイファー」(とも♡さん)のブログで

持続吸引用カテーテル (訪看さんの大発明)の記事を見つけました。

これはカテーテルの一部を切り込んで、先端を返して差し込む方法で

詳細はブログに掲載しています。

「とも♡」さんは、8frのカテーテルで加工しているようですが、うちは12frを使っています。

さっそく加工してみましたが、上手く出来ました。

12frでも細くて、先端を返して差し込むのは結構むずかしいです。

これを「とも♡」さんは、8frで加工しているのだから、ずいぶんと器用ですね。

先端加工して2つ作った、カテーテルの写真(後のは、吸い込みの穴を少し大きくした)

IMG_1965

IMG_1962

使って見ると「吸い付くことがないので良い感じ」だと言います。

さらに「しばらく使ってみる」とのこと。

スポンジ付きカテーテルも最初は良かったのですが

使っているうちに、具合が悪くなったりするので

はじめから、評価するのは気が引けるのでしょうか・・

今は15時半ですが、朝の10時から使い始めて

問題なく使っているので、今度は大丈夫かも知れません?

「とも♡」さん、情報ありがとう。<(_ _)>


 

2021/01/09

まちに待った、低圧持続吸引器が届きました。

ピンポンの音で玄関を開けると、ラコールの箱をもった宅配業者が立っていた。

一瞬、なんでラコールが届くのかと思ったが

発送依頼主の名前で、吸引器と分かりました。

同じ栄養剤を使っているのだなと思うと、急に親近感が湧いた。

送料は着払いで1,370円(福島県相馬市からの送料なので)

商品代6,000円は到着後に、銀行振り込みでOK

商品の中身はFaceBookで見ていたものでした。

スポンジ付きカテーテルは3セット。

これに、カテーテル先端のスポンジ取り付け方法の説明書が入っていました。

IMG_1945

さっそく使ってみて、良かった点

  • カテーテルがダブルで両頬内に入るので唾液をしっかりと排出できる。
  • 吸痰の回数が減った。唾液の量が多くカフから気管へ流れ出ていたのが減ったためと考えられる。
  • 先端がスポンジなので腔内で吸い付くことがない。
  • ポンプの音が静か。(これまでが持続吸引の専用機でなかったからだが)

とメリットばかりで、デメリットは見つからない。

使用して間もないが、本人に聞くと、使用感は良好のようです。

IMG_1957

 


 

2021/01/07

訪問看護師さんから「医療的ケア児者の人工呼吸器に必要となる衛生用品等の優先配布事業
」の情報をいただいた。

8月にも当事業の申請をしたが、引き続き2回目の事業になる。

申込期間は、令和2年12月14日(月)~令和3年1月15日(金)になっているので、

申込み期限まであと1週間。

さっそく、前回に引き続き申請をした。

対象者は、在宅で医療ケアを受けている、次の条件の方など。

A 人工呼吸器装着
B 在宅中心静脈栄養(HPN)
C 気管切開(Aに該当しない者)
D 喀痰吸引(A、Cに該当しない者)
E 在宅酸素療法(※ 睡眠時無呼吸症候群の方を除く)

今回、看護師さんが情報をもっていたので事業を知ったのだが

対象となる方たちには、どのように情報がと届けられているのだろうか?

前回は、保健所から連絡があったと記憶しているが、今回はなかった。


 

2021/01/06

寝る前の介助の時、いつもより髭が少し長いことに気付いた。

そう、今日は用事のため、朝早く出るので

ヘルパーさんに、朝7時の終了時間を、9時まで延長をお願いしたのだった。

その時の髭剃りが、原因だと思った。

聞いてみると、やはりそうだった。

電気カミソリを使ったことがなく、剃り方の程度が分からなかったようだ。

確かに、体験したことのない女性ではそうだろうが

少しづつ、覚えてくれるのは嬉しい。

スクリーンショット 2021-01-07 204634


 

2021/01/02

今日は昼のヘルパーがない日。

正月の三が日とは言え、いつもと変わらない時間が過ぎる。

ヘルパーさんからいただいた、ミカンと鏡餅のミニチュア。

スケールを当てると、小ささがよく分かる。

今晩は、ヘルパーさんが早く来て、洗髪をしてくれる日。

DSCN0076

 

DSCN0077

DSCN0069

 

2021/01/01

昨晩(大晦日)から今朝まで着いてくれたヘルパーさんを

朝の7時に見送る。

迎えに来てくれたご主人と一緒に奈良の家に帰られた。

9時には看護師さんが来てくれた。

元旦ではあるが、昼から、ヘルパーさんが入ってくれる。

ヘルパーさんは大変ですが、家族は少しだけゆっくり出来るか・・

今年は、何かよい方向で変わってくれると良いのだが

祈るばかり・・

IMG_1896