今日は本当に暖かい日曜日でした。
 午後からは大津市の公明党県議団・市議団と「滋賀県フィリッピン台風被災者救済の会」の皆さんと西武・パルコ前で救援募金活動を行いました。お買い物中の皆様や道行く皆様から真心からの救援募金をちょうだいし、心から感謝申しあげます。
 フィリッピンには今、世界中から支援の手がさしのべられていますし、日本からも義援金ばかりでなく民間の医療チームや1000人を超える自衛官の皆さんが医療や復旧支援に携わってくています。それでもまだ多くの方々、なかんずく、100万人を越す子どもたちが家族をなくしたり、住む家をなくしたり、学校をなくしたり、コミュニティを無くしたりして、救援の手を待っています。奥深い村々などはそれこそ被害の実態もまだ把握すらできてないとお聞きします。東日本大震災の時にはフィリッピンからもたくさんの支援をいただきました。その恩返しは今しかないと、握るマイクにもつい力が入ります。
 更には人道的立場ばかりでなく、フィリッピンにとって日本は最大の貿易相手国でもあります。復旧・復興支援を急がなければなりません。官民あげての継続的な支援を訴えてまいりたいと思っています。
 今日はヒートテックを着込んで臨みましたが、暑くて汗をかいてしまいました。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者