先週一杯と今週の月曜、火曜と連日忙しかったので市民相談への対応ができていなかった。それで今日は目一杯、その対応に走りまわった。道路の穴ぽこや敷タイルが踊っている箇所の修繕依頼、消えかかった歩道の書き直し依頼、いろいろな書類提出の代行、などなど。最後は保育園の申し込み。どれをとってもなおざりにできない事案ばかりだ。市民の声をこうして行政に届ける使命を頂いていることは完璧ではないものの議員冥利につきるというものだ。
 明日、「いじめ」について第三者委員会の報告が市長に届けられるということだが、メディアが大きく報道したから政治の側や行政が対策をするというこれまでのパターンはどうなのかと考えてしまう。その後の検証もなおざりだ。事案を予測して先手をうって対策を取っておくという事はやはり無理なんだろうか。
 第三者委員会からの報告の内容は2月1日にお聞きすることになっているが、子どもたちへの対策、相談窓口の存在を子どもたちが知らなければなんにもならない。その点もよく見てみるつもりである。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者