今日の午前中は雨模様でちょっと憂鬱な気分で、なにもする気がおこらず机の前でぼんやりと。昼から雨も上がったので、来月行われる公明党主催の「新春の集い」のお誘いに市内の会社をご訪問。何軒かの社長さんにお会いしいろいろお話をお伺いした。社長さんたちが異口同音におっしゃるのは「自・公政権に期待しているので一日でも早く景気回復を」という事であった。どの職業も経営は大変厳しく、いつ倒れても不思議ではないとのお話であった。私たち議員が思う以上に景気は悪い。この叫びにも似た声を、苦しむ地域の声をストレートに国政に届けられるのは私たち公明党の地方議員しかないと改めて感じ入った次第。
 これからの日本は少子高齢化が進み、景気・経済の問題、外交の問題、震災後の復興の問題、エネルギーの問題、どれ一つとっても大変な問題が山積している。全世界に「日本はこうして危機を乗り越えました」と発信できるよう、私も一地方議員として頑張っていく決意だ。世界も日本の政策の進捗に注目している。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者