バックナンバー 2019年 10月

10月31日(木)、区議会公明党の代表4名で大阪府四条畷市へ行政視察に行ってまいりました。

75388328_406298380277618_6767094452319158272_n

1、概要

四条畷市は人口55,666人、面積18.69㎢の都市で昨今、超少子高齢化・人口減少が顕著になり、人口1,000人あたりの職員数や財政力指数が大阪府内でも下位に属しており、これからの行政サービスの多様化に対する課題解決の必要があるとの事。

この課題解決の一助として市では、行政事務並びに事業の情報一元化や新しい情報システムの導入に取り組んできました。

平成31年3月、市は「四條畷市ICT・IoT活用指針」を策定し、①市民生活の環境整備、②働き方及び行財政改革の基本目標を定め、ICTを活用した業務の効率化に係る市民サービスの向上及び多様な協働による地域社会づくりを進めています。

この度の視察では、『子育て・教育現場への積極的なICTの活用』、『迅速なサービス提供及び行政手続きの利便性向上』、『情報化推進体制の構築及び事務効率化』の3点の重点目標に対する各事業について取り組みをお伺いいたしました。

 

2、取り組みについて(例)

1)オンラインによる住民票の取得

これまで住民票の取得については市民が申請書を作成し、本人確認書類・返信用封筒・切手などを用意のうえ市担当へ郵送を行い、受け取った市担当が事務手続き後に返送するまでに約1週間を要していた。この時間的・業務的なロスを解消するための職員意見として、 住民票取得のオンライン化の検討が開始されたとの事。

㈱グラファーとの協働でLINE ・IDを活用した実証実験が、本年、令和元年8月からスタートしました。

また四条畷市役所本所・田原支所では、各種証明書の発行手数料のキャッシュレス化も進めているそうです。

2)無料通信アプリ「LINE」を用いたまちづくり

全国初の取組みとして、四条畷市の公式LINEと“友達”になり、市内インフラの不具合を画像に収めて市の所管へ情報提供すると、GPS位置情報も同時に送信することができるため現場の特定が容易になり、これまでマンパワーで対応していた事務作業が大幅に簡略化することが出来たとの事。

また、昨年6月に発生した「大阪北部地震」においては、倒壊の危険性のあるブロック塀の情報提供なども受け付け、市民の安全な生活を維持するための取組を行ったそうです。

 

3)その他

・オンライン面接を活用した職員採用/受験者が自ら日時を選ぶ「面接予約システム」

・IOT技術を活用した子ども見守りサービス

・保育施設等入所のシステム化(AIによる入所選考)

・AIとRPAの活用による業務時間の効率化

・その他

 

3、総括

人口規模で比較して四条畷市は大田区の7.5%となりますが、その大小に関わらず抱えている行政課題は同じであり、事業推進の目的はあくまでも住民サービスの向上であります。

四条畷市では、ICT・IOTを活用したより効果的な情報システムの管理運用を行うため、高度な知識や経験、専門性を備えた人事の育成も行っており、情報化推進の基盤整備、ロードマップの作成に取り組んでいるとの事でした。

本区としても参考にするべき事業が多々見受けられましたので、今後の研究課題とさせていただきたいと考えます。

74634328_2360406737418108_5029422552045322240_n

 

 

街頭募金③

街頭募金①

街頭募金②

10月21日(月)、大田区議会公明党と「災害救援の会」の皆さまとで、大田区内においても甚大な被害をもたらした台風被災を支援するべく、『台風19号被災者救援街頭募金』を行いました。

蒲田駅東口を行きかう多くの皆さまにご協力をいただき、心から感謝の思いでいっぱいです!

皆さまからいただいた真心からの募金は、「日本赤十字社」を通じて被災地でご苦労されている皆さまに届けられます。

10月20日(日)、大田区立平和の森公園において『令和元年度 大田区内消防団点検』が開催され、区議会として参加させていただきました。

合同点検①

合同点検②

合同点検③

合同点検④

合同点検⑤

この消防団点検は、区内の4消防団(蒲田・大森・田園調布・矢口)が一堂に会し、日頃の訓練成果はもちろんのこと団員の規律、士気、活動技能、都民指導力などを確認するものです。

大地震の発災を想定し、初期消火活動・家屋倒壊救助・活動路確保など、実践さながらの活動に「自身が災害から地域を守る」との意気込みを感じることが出来ました。

74444623_1353129281508158_5979019536060383232_n

73281451_461373454490398_4155311911769997312_n

第20回薬物乱用防止 標語ポスター表彰式が蒲田の東京実業高校において開催され、区議会子ども文教委員会・委員長として「委員長賞」を授与させていただきました。

区内の小中学生から約2,000を超える作品が集まり、その出来栄えはどれも素晴らしく、関心するものばかりでした。

74611488_510708289783940_103050537607364608_n

72788520_508621509719762_275259261385179136_n

私の地元・南六郷一丁目町会では、来る10月27日(日)の朝9:00より防災訓練を行います。

本日は午後から町会防火防災部の皆さんで、電柱案内看板の書換え・取付を行いました。

残念ながら途中からの降雨で作業は中断。続きは後日に<(_ _)>

 

過日の台風19号を体験し改めて自助・共助の大切さを実感。皆さまも是非、地域で行われる防災訓練にご参加下さい。

令和元年台風19号 緊急要望②

 

10月12日に関東地方に上陸した大型の台風19号の影響で、大田区内においても甚大な被害を被りました。
この度の災害で被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。
私たち区議会公明党は去る10月16日(水)、一刻も早い対応を大田区に求める『緊急要望書』を提出いたしました。この要望書には、区民の皆様から頂いたご意見・ご要望、また各議員が避難所や災害現場で見分した状況を精査し、大項目として4点にまとめました。

令和元年台風19号 緊急要望①

この度の台風上陸では、これまでの大地震などの災害対策と、水害への災害対策が全く異なることが明らかになりました。
私たち区議会公明党は、今回得られた避難場所・自主避難スペースの周知の課題や高齢者や障がいをお持ちの方々への支援、また約10,000人にも及んだ避難者の受入れ状況。さらに、区内で発生した浸水被害や家屋損傷などの状況をつぶさに検証を行い、早急に大田区地域防災計画の拡充につなげていきたいと考えております。

池雪小学校③10月15日(火)、大田区議会子ども文教委員会にて区内の施設へ視察を行いました。

最初に訪問したのは「区立池雪小学校」で、今年度の事業推進で施工された体育館の空調設備を視察させて頂きました。

スペックとしては、天吊り型室内機×6台・GHP型室外機(30㏋)×2台の2系統。

使用1時間前に電源投入で館内は良好な環境が作られていて、生徒たちにも大評判との事でした。

ただ、1,000人規模の全校集会では館内の温度差が生じてしまう事や、冬季の暖房では体育館の天井高がどの程度影響するか…との意見がありました。

池雪小学校②

次に訪問したのは、昨年11月に新装した羽田地域力推進センター内にっ設置された「中高生ひろば羽田」です。

ここは、大田区在住の中学生・高校生および大田区内の中学・高校に在籍している方が自由に集い活動する場として整備され、談話室や音楽スタジオを備え多様な活動をサポートしています。

談話室では友人とのおしゃべりや自習、ゲーム等に利用でき、WiFiが完備しています。

音楽スタジオはバンド演奏ができる施設(防音・防振)で、登録をされた中学生・高校生の方が利用できます。

羽田中高生広場⑤

羽田中高生広場④

羽田中高生広場②

所管担当から運営について縷々お話を伺いました。

開設から約10か月が経ち、現在の利用登録者数は260名を超え、たくさんの中高生が活用されていている一方、「ひろば」としても様々なイベントを企画し喜んで頂いているとのことでした。

台風19号上陸で大変慌ただしい中でありましたが、職員の皆さまのお取り組みで有意義な区内視察が出来ました。ありがとうございました。

 

F1597874-833B-4FA9-A321-EA6FD14E25BC

大田区議会公明党は『大衆とともに』との立党精神のもと、日頃から地域の中に入り、多くの皆さまから貴重なご意見・ご要望をお寄せいただいております。

私たちはその声から調査・研究を行い、347項目からなる令和2年度予算に対する予算要望書を作成し、10月8日、松原大田区長へ提出いたしました。

さらに、347項目のうち次の7項目を重点項目として定め、改めて大田区へ要望いたしました。この多くの「区民の声」を実現させるため、区議会公明党一致団結して政策実現に取り組んでまいります。

 

【令和2年度 重点要望項目】

① 東京2020オリンピック・パラリンピックのレガシーを活かすこと

② 感震ブレーカーへの助成を行なうこと

③  乳幼児液体ミルクを周知・活用すること

④ 小学校の防災ずきんを防災変えること

⑤ 現行の不登校対策を検証し、改善すること

⑥ 「老い支度」を総合的に支援すること

⑦ 案内を一元化した「おくやみコーナー」を設置すること

ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者