バックナンバー 2018年 2月

本日(2/18)、大田区六郷地域力推進センター及び雑色駅前暫定広場を会場に、『第5回 六郷ふれあいフェスタ』が賑やかに開催されました。

             

開会式には松原大田区長はじめ、中島自治会連合会長・各町会自治会長・大田区行政のほか多数の方々が出席。

28171207_1433841023393132_2136713756_o

            

28217289_1433841296726438_881926684_o

            

中島会長からは、これまで防災や地域の歴史など様々なテーマのもとこのフェスタを企画してきたが、5回目となる今回は【~老いも若きも福祉のまちづくり~】と定め、六郷のまちの魅力を発信していきたいとのお話しがありました。

会場となった大田区六郷地域力推進センターの各階では、このテーマに合わせて「子育て」「高齢者・障がい福祉」「歴史」「シニア世代」など多岐にわたるブースでの展示・体験が目白押し!

              

開会式に引き続き行われたのが、地元大田区ご出身、2012年ロンドンパラリンピック日本代表選手の『秋元妙美』さんによる基調講演。

28310118_1433840956726472_987881551_o

秋元さんは、へその緒が巻き付き仮死状態で生まれ、2歳半で脳性まひを発症。大田区馬込地域において両親と弟の4人家族での生活で、大田区立小学校・中学校で学び、筑波大学付属桐ヶ丘特別支援学校高等部から日本社会事業大学社会福祉部へ進学。

この大学時代にボッチャに出会い、2011年のボッチャワールドカップにて日本チーム初の銀メダルを獲得。

翌2012年のロンドンパラリンピックでボッチャ日本代表となり、チームで7位に入賞。

現在は「CILちょうふ」の代表として、重度の障がいがあっても地域で自立して生活できるよう支援の輪を広げている一方で、2020年東京パラリンピックに向けて、地域の小中学校で講演を行うなど、障がい者スポーツへの理解とパラリンピックの素晴らしさを伝える活動を行っているそうです。

講演の最後では、「是非、あと2年と迫った東京パラリンピックの会場で、障がい者スポーツの選手に最高の声援を送って欲しい」と述べられました。

                 

講演会終了後、各階で行われているイベントに参加。

僕自身、「懐かしいなぁ~!」と見入ってしまったのが、高架化される前の京急雑色駅前の写真。

28208331_1433840660059835_685291019_o

(※光ってしまって上手く見えませんね^^;)

            

雑色駅前暫定広場では、町会・自治会、六郷青少対、東北復興支援などが様々な食材・物品を販売していて、多くの人で賑わっていました。区議会の先輩議員達も、それぞれのブースで売り子さんとして汗を流されていました(^^)

28170854_1433840560059845_254748978_o

             

28275353_1433840633393171_207114491_o

             

風は少しあったものの天候に恵まれ、六郷の地域力の結集で素晴らしいイベントになりました。

2月10日、江戸川区のタワーホール船堀を会場に行われた日本防災士会研修セミナー『防災士のためのマンション防災指導ポイント』を受講しました。

28342341_1435778546532713_1624365282_o

                   

講師は、大田区総合防災力強化検討委員でもある災害対策研究会の釜石 徹さん。
耐震マンションでの長期在宅避難生活や、専用部・共用部の被害想定、マンション防災対策の見える化etc…、興味深いお話しを様々伺うことができました。

28309691_1435778463199388_633301564_o

      

本日の資料は災害対策研究会HPでオープンにされているので、是非、ご参考にしてみて下さい。
災害対策研究会

2月10日(土)、平成29年度 大田区立出雲小学校【展覧会】へ伺いました。

28278300_1435778416532726_318384391_o

             

今回のテーマは、”あらわそう! 心の イロ カタチ“。

王子・王女が工夫を凝らした大作品に、感動と驚きの連続。

扉を開けると異次元の世界が現れる仕掛け、好きな食材が並んだランチプレート、愛用の靴に感謝を込めたスケッチなど……

28340868_1435778353199399_119471079_o

             

有難うございました(*^^*)

本日から明日9日の二日間、パシフィコ横浜で開催されている第22回「震災対策技術展」へ行ってまいりました。

第22回震災対策技術展④

                

ご案内下さったのは、日頃からお世話になっている『公益財団法人 高知県産業振興センター』東京営業本部の皆さま。

第22回震災対策技術展③

防災先進都市として、県内の様々な企業が最先端の災害対策機器を提案されている高知県で、その関東圏の窓口となって活動されているのが同振興センターです。

今回の展示会では、県内8社が新技術・新製品を揃えての出展となっていました。

防災BOXシリーズ・水門ゲートASシリーズを提案されている有限会社大協工産さんでは、震度5強の揺れを感じと自動的にロックが解除され、封入してあった備蓄倉庫のカギを取り出せることができるBOXを紹介いただきました。

避難所開設の時に課題とされている『鍵』の管理に有効的ではないかと思いました。

 

           

              

第22回震災対策技術展①

日本防災士会の展示・啓発ブースもありました‼

          

防災対策については、これからも研鑽を深めていきたいと思います。

2月3日今夜は、日本民謡協会大田支部の新年会にお招き頂きました。

 

諸先生方の前でお祝いのご挨拶の時間をいただき、『日本の文化芸能の伝承・広報への尽力を惜しまぬ思い』をお話しさせていただきました。

多くの先生から、厳しくも暖かいお言葉をいただき感謝で一杯です。

             

余興の時間では、さすが!各会主様を筆頭に、歌あり踊りありの素晴らしい舞台をご披露下さいました。

民謡協会②

            

民謡協会③

                

民謡協会①

ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者