バックナンバー 2013年 1月

昨年の第4回定例会での一般質問で、私は区内の不法投棄について質疑を行いました。

第一京浜国道・六郷橋下で長年にわたる不法投棄を取り上げ、区内の重点箇所に防犯カメラの設置を求めました。

          

区では費用対効果やプライバシーの問題などをあげ、設置には後ろ向きな答弁でありました。

しかし、一般ゴミの集積所においては試験的な導入も視野に入れて検討していることもあり、今後も行政と連携しながら生活環境の整備に取り組みます。

               

                         

これが日常的に行われる不法投棄の現場です(怒!!)

                 

 

こんにちは(^0^)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨日(1月30日)、私たち六郷支部の支部会が開催され、寒さ厳しい中70人を超える党員の皆様が集って下さり、賑やかな支部会となりました!!

また今回は藤井都議会議員も駆けつけて下さり、国政・都政について詳しくご案内を頂きました。

                      

私からは区政報告をさせて頂きました。

①大田区議会の第一回定例会が2/21~3/27の期間で開会予定で、この中で平成25年度の予算に対する議論が開始されます。

代表質問では、羽田空港の跡地開発を中心に環境・教育・防災対策など大田区の発展のために必要な取り組みを質疑予定。

②京急の高架化によって便利になった雑色駅周辺ですが、踏切の跡地への無造作な自転車駐輪が問題となっていること。

③セキュリティーマンションにおける要援護者対策について。

などなど、駆け足でご案内させて頂きました。

                 

                   

藤井はじめ都議会議員からは、オリンピックの東京招致への取り組みや介護施設の充実、待機児童解消への取り組みなど広汎にわたる政策をお話し頂きました。

また羽田空港跡地の展望については、羽田空港を基点として全国の温泉地から源泉を空輸し、国際会議場(展示場)をご利用の皆様はじめ近県の皆様が全国の温泉を楽しめる施設を提案。

党員の皆様も、この夢のあるビジョンに大いに賛同くださいました(^0^)/

                    

                      

議員・党員と一体となって、今夏の大闘争に前進してまいります!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ようやく、先日猛威を振るった爆弾低気圧による豪雪が消えようとしている東京地方。

今日は以前「語りたいわ 其のなな」でお邪魔したお宅に訪問しました♪

                

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

1月19日(土)、仲六郷4丁目のお宅での会合に参加しました。

(其のななのときの模様は⇒https://www.komei.or.jp/km/ota-tamura-hideki/2011/02/14/%e8%aa%9e%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84%e3%82%8f-%e5%85%b6%e3%81%ae%e3%81%aa%e3%81%aa/

             
会場の皆様にまず昨年の衆院選での御礼を、そして本年6月・7月の大法戦に向けてのさらなるご支援をお訴えさせて頂きました。

私からは1点、お話しをしました。

それは、公明党の原点は『大衆とともに』であること。どんなに小さなご意見でもしっかりと耳を傾け、地域の皆様の安全・安心な暮らしを守るために全力で取り組んでいくことが、公明党の理念であり、使命であると訴えました。

             

本年は、本陣・東京にとって絶対に負けられない闘いがあります。

その先頭に立って、走っていく決意を述べさせて頂きました!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

最後に皆さんで記念撮影(^0^)v

1月18日(金)、大田区議会の総務財政委員会で行政視察を行いました。

視察先は本区から多摩川をわたった川崎市。

              

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

川崎市では現在、国際戦略総合特区の具体策として『京浜臨海部ライフイノベーション』を推進しており、特に殿町地区で操業する医療系・工業系の技術を中心とした医工連携を目指しています。

           

大田区では、アジアを中心とした企業誘致と連動した「大田の技術」の情報発信拠点を構想しており、京浜工業地帯一体の連携を視野にいれながら羽田跡地開発を推進しています。

現在こうした特区制度を活用して、それぞれの地方自治体が独自の開発を推進しています。

           

                 

『川崎生命科学・環境研究センター Lise

殿町地区で操業する最先端技術を持つ企業を集積し、環境・健康・福祉医療などの分野で技術革新を推進する拠点「Lise」。同じように、大田区でも工場アパートととして技術の集積拠点を展開しています。

               

このあと、「Lise」に併設されているのが公益財団法人 実験動物中央研究所へ訪問。

こちらではポリオ生ワクチンの研究・開発に必需となるポリオマウスやrasH2マウスの生産に取り組まれており、業界では世界シェアNo1とのこと。

              

そのあと、“浮島太陽光発電所(メガソーラー発電)”と“かわさきエコ暮らし未来館”を視察。

                 

今回の視察で、川崎市が全力で取り組んでいる医療・工業連携の姿を認識することができ、私たち大田区が特区制度を活用して推進しているビジネスマッティング施設・国際交流施設との連携によって、総合的な経済対策に臨んでいくための施策の重要性を再確認しました。

平成25年1月14日(成人の日)、昨年オープンした大田区総合体育館で「成人のつどい(成人式)」が開催され、新成人の門出を祝いました。今年度、区内では5,711名の方々が晴れて成人を迎え、当日は近年にない大雪となりましたが、約3,300名の新成人が参加しました。会場内は晴れ着姿の新成人たちでにぎわい、友人との再会を喜んで懐かしい思い出話や将来の夢について語り合っていました(大田区HPより抜粋)

                       

当日はあいにくの大雪(>_<)

成人のつどいは2部で構成され、1部では松原大田区長/高瀬区議会議長が新成人の皆様に祝辞を述べられました。

                 

第2部では、大田区出身のシンガーソングライター“より子”さんが大ヒット曲『ほんとはね』他3曲を熱唱。

             

引き続き、都立つばさ高校吹奏楽団による演奏。

              

当日は、都市部の交通が麻痺するほどの大雪となりましたが、参加された新成人の皆様にとっては忘れられない記念日となったことでしょう(^0^)

おめでとうごさいました!!

箱根駅伝が始まりましたね!!

                    

大田区では昨年末、あの“鬼門”と言われた蒲田の踏切がいよいよ高架化し、さらにコースである国道15号と環状8号線との立体交差が完了しました。

これにより、駅伝の選手達はもとより運営される皆さまにとっても好環境が整いました。

            

往路スタートの今日は、昨年新しくオープンした大田区総合体育館にて駅伝応援イベントが開催されました。

                

2台の大型モニターではテレビ実況が放送されていて、多くの皆さんが2013開幕を注目。

さらに獅子舞や和太鼓の演奏に、集った皆さんも序々にヒートアップ!!

                  

その横を、1区をせめぎ合う選手達が続々と通過(^0^)

沿道に陣取る皆さんで、力いっぱいの拍手と“がんばれ~”との声援を送りました!!

            

本年は本陣東京にとって大事な闘いの年であります。

目の前を疾走する選手達の姿を見て、あらためて大勝利を決意させて頂きました!!

                   

                   

♪スポーツ祭東京2013のマスコット『ゆりーと』君と記念撮影♪

ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者