バックナンバー 2011年 1月

おはようございます、田村ひできです!!

                

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

1月30日(日)

ポスターの貼り出しについて、新しいお宅にお願いすることが出来ました。

K先輩と共にご主人にお願いしたところ、『3枚でも4枚でも、どうぞ!!』と仰っていただき、

本当に感謝の思いでいっぱいです!!

応援してくださる皆さまのお気持ちに応えるべく、一生懸命に頑張って参ります!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

こんにちは、田村ひできです!!

                          

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

先日、西六郷4丁目付近でとある婦人にお会いいたしました。

可愛らしい“ご家族”を連れて歩かれていたので、日なたで何気なく立ち話を始めました。

このお方、な・な・なんと!! ご自宅に家族と一緒に12匹のワンコと暮らしているそうです!!

この日は3匹のワンコがお供をしていました。

☆☆☆ラブちゃん(女の子)☆☆☆

                         

☆☆☆イブちゃん(女の子)☆☆☆

もう1匹は“マロちゃん(女の子)”ですが、良い写真がありませんでした(>_<)

                       

この奥さんが言うには、先日娘さんがテレビを見ていたら『犬税』について報道されていて、12匹もいるのに大変だぁ~!!っと大騒ぎになったそうです。

そんな話しは聞いたことが無いですね~なんて言いながらお別れしたんですが、

実は“あった”んですネ!! それも、またまた○○党からみで。

                      

【2010,12,02産経ニュースより(抜粋)】

▼犬や猫などの飼い主に税金をかける「ペット税」構想が民主党内で急浮上している。

ペットを無責任に捨てる飼い主に動物愛護の自覚を促すのが目的だが、税収が

保健所の「殺処分に使われる」とのうわさが広がり、党本部に抗議が殺到する

事態に。一方で具体的な制度設計はまったく進んでおらず、単なる“空騒ぎ”に

終わる可能性も高い。

                         

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

なるほど(>_<)

こんにちは、田村ひできです!!

気温が少し上がったからかもしれませんが、今日は妙に目がかゆいです(>_<)

いよいよ“花粉症”の季節がやってきたのでしょうか!?

                   

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1月25日(火)

今日は私用の時間を頂き、母校のある八王子へ行って参りました。

朝10時過ぎに車で出発し、ちょうどお昼頃に大学の近くに到着。

先に昼食を済ませてから事務局にて様々相談させていただきました。

                   

ちょうど午後の講義の時間だったので、キャンパスには学生の姿は殆ど見られませんでした。

                  

23年前に掲げた誓願をもう一度見つめなおし、創立者へ必ず大勝利のご報告をする!!と決意を新たにしました。                      

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

こんばんは、田村ひできです!!

                       

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1月23日(日)、荒川区議と一緒に南六郷2丁目団地で開催の“餅つき大会”に参加させて頂きました。

大晴天に恵まれた東京地方は、コートが無くても寒さを我慢する程でもなく、

参加された町内の方々も、すこぶるお神酒が進んだのではないでしょうか(笑)

                 

                          

                      

仲良し三人組(?)で記念撮影です。

ありがとうございました(^0^)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

~読売新聞1月22日より~

日本語話せぬクラスメート

 大田区立池上第二小学校で21日、5~6年生の総合学習の一環として中国語の授業が始まった。

5年生に中国人の男児が転入してきたが両親も含めて日本語が話せないため、

「孤立させてはいけない」と、最低限の会話が出来るよう急きょ決まったもので、この日は5年生があいさつや童話などを通して中国語に親しんだ。

                 

(中略)

 菅谷美津江校長は「羽田空港と中国を結ぶ国際線の運航も始まり、大田区は中国とも近くなった。将来は国際社会で生きてゆかなければならない子どもたちなので、早い時期に外国語と接するのは大事」と話していた。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

              

今後、日本の国際玄関口として発展を目指す大田区は、既存の国内企業と他国の多くの企業が共存していくグローバル社会の縮図になると思います。

その中にあって、この“言語”に対する取り組みも重要になってくるのでしょう。

教育の現場にあって、この小学校のような取り組みは素晴らしい!!と感じ、記事を抜粋・紹介させて頂きました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

こんにちは、田村ひできです!!

風が無いので日なたにいるとなんとか暖かく感じますが、日陰に入るとやはり【真冬】の東京地方。

                      

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1月19日(水)

今日は京急・雑色駅の駅頭からスタートしたのですが、この遊説活動を始めて数ヶ月、今朝、初めて拡声器を使って30分挨拶をさせて頂きました。

ボリュームの感覚がつかめず、最初は少し小さめの音量で行っていましたが、通り過ぎる方々からのクレームも無かったので、Maxの1/3程度のボリュームで通してみました。

                

先日、今年の成人者数は全国で124万人、我が大田区では約5,800人との発表がありました。

大田区では1月10日、『産業プラザPIO』にて盛大に成人式が開催され、多くの若人が集い来ておりました。

この124万人という数字は、第一次ベビーブームの子供が成人した昭和45年(過去最大)に比べ約半分の数字となり、ご存知の通り過去“最低”になりました。

                

本日の公明新聞1面には『大卒内定、最低の68.8%』との見出しのもと、就職戦線の「超氷河期」を表すように、各項目にしたがって比率・ポイントが記載されておりました。

我が大田区においても、派遣切りから端を発した『若者の雇用』激減の波は直撃しており、ご挨拶に伺ったお宅のうち何件かで雇用拡大、突き詰めると『若者』の雇用拡大を図ってもらいたいとの声を承りました。

                 

今年成人をお迎えになった方々ももちろん、どうしたら大田区の雇用拡大、ひいては景気回復が図れるのかを真剣に捉まえ、大田区議会・都議会そして国政につながる公明Team3000のネットワークを最大限に活かし、最高の施策実現に取り組んで参ります!!

                     

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今朝の駅頭ではこれに追加して、公明党が推進する『ドリームマッチ・プロジェクト』の事などを訴えながら、公明党は青年政策実現に全力で取り組んでいると致しました。

こんばんは、田村ひできです!!

            

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1月18日(火)

本日は、午後から荒川区議にご一緒させていただきながら、いつもお世話になっている方々へご挨拶廻りをさせて頂きました。

夕刻までご一緒させていただいた後、少し時間ができましたので“区立六郷図書館”へ立ち寄ってみました。

               

私の目下のテーマは地域力の提案。この地域力の源とも言える工業・地域を中心に本棚を閲覧し、4冊の本をチョイスいたしました。

                   

様々な角度から地域力を考察していきたいと思います。

まずは介護・福祉の分野から読んでみます(^0^)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

こんばんは、田村ひできです!!

朝は極寒でしたが、日中は意外と気温が上がった東京地方です。

                    

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は午後から東六郷の大先輩に時間をとって頂き、西六郷の“とある”お蕎麦屋さんを紹介して頂きました。

京急・六郷土手駅から徒歩約5分のそのお店に到着すると、お店のご家族が暖かく向い入れて下さりました。

すでにお昼ご飯を済ませてしまった私はお蕎麦を食べることは出来ませんでしたが、美味しいコーヒーをご馳走になりながら楽しい時間を過ごさせて頂きました♪

                   

時間を忘れてしまうほど、本当に楽しいお話しを聞かせて頂きました(^0^)

さあ、このお蕎麦屋さんの看板(?)でもあるご家族紹介です!!

実は沖縄生まれの沖縄育ち、ほりが深く凛々しい顔立ちのケンケン君です。

                             

                            

日常の会話はすべて“英語”だそうで、『お座り』はシッダウン!!

お手は………あっ!!忘れてしまいました(あはっ)

                  

今度お邪魔させていただく時は、美味しいお蕎麦をご馳走になります!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

こんにちは、田村ひできです!!
今朝の最低気温が-2℃(驚愕!!)を記録した東京地方です。

                 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1月17日(月)

今日は、6434人もの尊い命を奪った“阪神・淡路大震災”から16年を迎えます。

                  

当時私は、山梨の大型スーパー新築工事の現場監督として、毎日、会社のある大田区から山梨まで通っておりました。

現場では当たり前の事ですが、朝8時からゼネコン・職方のすべての作業員が集まり、ラジオ体操とKY活動報告を行う関係で、朝5時には作業車に乗り込み中央自動車道を西へ向かう毎日。

そんな僕の日課が、途中のSAで暖かい立ち食い蕎麦を食べることでした。

                  

1995年1月17日。この日も同じように、いつものSAで蕎麦を食べていましたが、1つだけいつもと違うことが。

それは、TVに映し出されていた阪神・淡路の被災映像でした。

大地震発生により、家屋・ビル電柱・壁…すべての物が一瞬で破壊されていました。

                        

この後も、近年に至るまで日本各地で様々な自然災害に襲われました。

幸いかな関東・東海地方はまだその時が来ていませんが…

                

一昨年、2004年中越地震で被害した新潟県小千谷市や、2007年中越沖地震で被災した柏崎市に行き、今なお被災の爪あとが残る現場や仮設住宅を目の当たりにし、被災地の皆様のご苦労・ご心労が計り知れないことを身で感じることが出来ました。

                    

阪神・淡路大震災を機に大きく変わってきた事が一つあるそうです。

それはボランティア精神だそうです。

刻々と判明する被災状況をすばやくキャッチし、機動力を生かして被災者の元へ物資を届けるバイク隊。

避難所にて食事や生活の応援に汗する青年。

心と体のケアに必死に取り組む方々。

                      

~本日(1月17日付け)の公明新聞の『主張』より抜粋~

…真の防災先進国へ、官民挙げての取り組みを一層強化する必要がある。

とりわけ重要と思われるのは、「阪神」を契機に開花し、育ってきたボランティア意識の深化と拡大だ。

 個々の自由な意思に基づく「利他の行動」としてのボランティア活動が今後、レベルアップされながら日本社会の隅々に定着していくなら、防災の分野だけにとどまらない広範な形での「共助」社会が実現するに違いない。

                       

本当に苦しんでいる人のために自然に助け合うことが出来る、地域住民の心と心が通い合う町。

これこそがどんな困難が起きようとも、皆で力を合わせて乗り越えていける原動力になると思います。

そのために行政と自治体と住民の、時に良きパイプ役として、時に舵取りとして懸命に働いて参りたいと思っています。

                

今日は『防災とボランティアの日』です。

出来る範囲でまず一つ、人のためにお手伝いをしてみましょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

おはようございます、田村ひできです!!

今朝、通算18回目となる朝の駅頭に行って参りました。

今日の寒さは半端じゃなかったですネ(泣)

              

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

1月11日(火)

昨日・一昨日は、全国的に『成人式』が開催されました。

今年の全国の成人者数は約124万人で、内訳は男性が約63万人で女性が約61万人となっており、男性が女性より約2万人多いんだそうです。

ちなみに我が大田区は、約5800人だそうです。

自分自身が成人を迎えたとき、成人式が旧・大田体育館で開催されましたが、当時はアルバイトが忙しくて式典に参加出来ませんでした。

このため、今日が私・田村ひできの第2の成人式との思いで、大段幕をバックに記念撮影をさせて頂きました(^0^)

                  

この“成人のつどい”に先駆けて、公明党大田区議団による街頭演説会が行われ、JR蒲田駅から式典会場(産業プラザ)に向かう皆様に、心から祝福させて頂きました。

皆様、本当におめでとうございました!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者