大田区議会議員  玉川 ひでとし (公明党)

いつも 明るく! たくましく!

HANEDA INNOVATION CITY

お知らせ 国際交流 国際都市 施設調査 産業振興 観光振興 / 2020年7月4日

7/3(金)、羽田イノベーションシティ(HANEDA INNOVATION CITY) https://haneda-innovation-city.com/ のまちびらきが行われ、区役所での事務仕事を終えた夕方から足を運びました。

 

先端技術と日本文化の融合による新産業創造・発信拠点 としては、新型コロナの影響でまだ本格稼働ではないですが、

 
この日に合わせてオープンされた HANEDA SKY BREWING は、大変にぎわっていました。

ご挨拶のみの入店でしたが、知り合いの方もお会いでき、一時捕獲されました(笑)

 

あいにくの雨で、楽しみにしていた  夕焼け空を眺めながらの足湯 は体験できなかったのですが、

 

MR技術(Mixed Reality:複合現実)を使用した車いすレースを体験させていただきました。

 

今後、刺激的な空間として、さまざまな技術や人との交流が行われ、

さらに新たなものが生み出されていくことを期待しています。楽しみです!

 

大田区立小・中学校の6月1日(月)以降の対応について

お知らせ 教育 / 2020年5月25日

大田区教育委員会より、区立小・中学校の6月1日(月)以降の対応について公表されました。

主なポイントは以下の通りです。

・6/1から分散登校により段階的に教育活動を再開。
・6/10から給食を開始。
・延期していた中学校入学式を6/8AMに実施。
・夏季休業日8/8~8/23、冬季休業日12/26~1/5。
・6/22以降の対応については、状況により別途検討。

gako1gako2
詳しくは↓リンクをご覧ください。
http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/topics/020601gakkousaikai.html

なお、放課後子ども教室 は、6/10(水)から再開となります。
開室時間は、給食終了後から17時までです。
http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/topics/kyusitu_houkago-kodomo.html

大田区議会公明党ニュース臨時号 発行!

お知らせ 中小企業 大田区議会 政策 相談 / 2020年5月17日

以前より大田区議会公明党で作成していた
「新型コロナウイルス感染症に伴う相談窓口・貸付金・給付金」大田区版の一覧表を、
個人編・企業編と2面に分け、大田区議会公明党ニュース臨時号として発行いたしました!
(令和2年5月11日時点)
区議会ニュース-2020_臨時号-表

区議会ニュース-2020_臨時号-裏

本日5月17日(日)の朝刊にも新聞折り込みをさせていただきました。

こちらの画像および下記リンクのpdfファイルとともにぜひご活用ください。

シェアもご自由にどうぞ! よろしくお願いいたします。
http://www.komei-ota.jp/2020_shien_0511.pdf

大田区ハザードマップ(風水害編)改訂版

お知らせ 減災 防災 / 2020年5月15日

昨年10月の台風19号での教訓を経て、令和2年4月に大田区ハザードマップ(風水害編)が改訂されました。
今回の見直しでは、以下の内容が反映されています。

①水害時緊急避難場所の増設(89か所)

②丸子川流域を想定最大規模に修正(令和元年6月に丸子川流域の想定最大規模 浸水想定公表)

③情報学習面の強化
 避難方法への理解を図るためのフロー チャートや 避難行動のタイミングを検討するためのタイムラインの掲載

こちらの大田区ハザードマップ(風水害編)は、防災危機管理課(本庁舎5F)、区政情報コーナー(本庁舎2F)、各特別出張所にて配付されています。
HM0-1 HM0-2

災害発生時、大田区のホームページへのアクセスが集中して閲覧できなくなることもありますので、災害への備えとして事前にダウンロードして個人の機器に保存されておくことをおすすめいたします。

・大田区ハザードマップ(風水害編)表面(PDF:3,668KB)hazardmaphusuigai_A
・大田区ハザードマップ(風水害編)裏面(PDF:3,370KB)hazardmaphusuigai_B

 

以下、大田区ハザードマップ(風水害編)の掲載内容を一部ご紹介いたします。
大田区ホームページ 大田区ハザードマップ(風水害編)より)

ハザードマップ1-1 多摩川の氾濫(浸水の深さ)
多摩川が氾濫した際に起こり得る、最大規模の浸水想定です。青の線で囲まれている場所は、氾濫時に水流によって木造家屋の倒壊や流出する恐れのある地区となります。
HM1-1

ハザードマップ1-2 多摩川の氾濫(浸水が継続する時間)
多摩川が氾濫した場合において、浸水がどの程度続くのかを示した図となります。
HM1-2

ハザードマップ2-1 高潮の被害(浸水の深さ)
超大型台風が接近した際に、海面の吸い上げや風による吹き寄せ等によって発生する海面上昇(高潮)における、最大規模の浸水想定です。高潮の想定については、一部多摩川堤防の決壊を想定しているため、沿岸部以外についても浸水想定がなされています。
HM2-1

ハザードマップ2-2 高潮の被害(浸水が継続する時間)
上記2-1と同様の超大型接近時に発生した高潮によって、浸水がどの程度続くのかを示した図です。
HM2-2

 

台風や豪雨は、地震や火災と違って、事前に予測ができますので、早めに避難することができます。
風水害から身を守るポイントとして、

①ハザードマップの確認 ②避難方法の確認 ③避難行動の確認

この3点を日頃から確認して、備えておきましょう!

HM-check1-2 HM-check3

以上

持続化給付金の申請サポート蒲田会場が開設

お知らせ 中小企業 相談 / 2020年5月13日

中小法人・個人事業者のための「持続化給付金」は、5月1日より電子申請の受付が開始されましたが、電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して補助員が電子申請の入力サポートを行ってくれる申請サポート会場が、大田区の蒲田5丁目に蒲田会場として、5/15(金)開設されることとなりました!

kamata
蒲田会場
〒144-0052 大田区蒲田5-19-12
相鉄フレッサイン 東京蒲田 2F
電話(コールセンター)0120-115-570
金~火 AM9:00-PM5:00、水木 休業

こちらは東京都7会場のうちの1つとして、大田区の蒲田に開設となりました。
来訪予約や必要書類の準備・持参等、ご利用にあたっての注意事項をよくご確認ください。

よろしくお願いいたします。

-----

持続化給付金とは?
感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくための事業全般に広く使える給付金です。
経済産業省 中小企業庁 https://www.jizokuka-kyufu.jp/ より

【新型コロナ】自分に合った支援を探すのに便利!

お知らせ 制度 支援 / 2020年5月10日

「東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビ」

こちらは以前から要望していた、選択していく中で自分に合った支援情報が探せる仕組みです。

navi1 navi2 navi3

東京都の支援のみならず、国による支援情報も探すことができます。(国の支援情報は随時追加されます。)

見逃している支援があるかもしれませんので、ぜひ活用してみてください!

https://covid19.supportnavi.metro.tokyo.lg.jp/

新型コロナウイルスに関する大田区の緊急対応について

お知らせ / 2020年5月8日

新型コロナウイルスに関する大田区の緊急対応について、これまでの取組状況がまとめられ、大田区ホームページに掲載されましたのでお知らせいたします。

5月8日時点~第一弾~です。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/kansen_taisaku/kunotaiou.html

◆大田区のこれまでの対応
1 感染拡大防止
2 区民生活支援
3 区内経済対策
4 区民への積極的な情報発信
5 庁内体制の強化等
大田区緊急対応0508_1 大田区緊急対応0508_2 大田区緊急対応0508_3 大田区緊急対応0508_4

◆今後の主な対応予定
・区内3医師会と連携し、(仮称)大田区地域外来・検査センターを5月中旬に開設
(週2日、1日あたり 20 人程度のPCR検査を実施予定)
・台風や集中豪雨の多発期より前に各避難所へ検温器を配備
・子育て世帯向け臨時特別給付金の支給
・区内中小企業・小規模事業者に対する影響調査の実施等

詳細は、「大田区の緊急対応について(第一弾)(PDF:622KB)」をご確認ください。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/kansen_taisaku/kunotaiou.files/kinkyutaiou1.pdf

 

ウイルスの次にやってくるもの

お知らせ ボイス 人権 健康 / 2020年4月22日

ウイルスの次にやってくるもの (日本赤十字社より)
https://youtu.be/rbNuikVDrN4

---
そいつは、お腹を空かせているみたいで、
暗いニュースや間違った情報を、たくさん食べて、どんどん育って、
そして、ささやく。

先の見えない状況を、「もうみんな助からないよ」と。
誰にもまだわからないことを、「誰かが隠しているのだ」と。

そいつは、人から人へと広まっていく。
「あの人が病気になったのは誰のせい?」
「ウイルスが広まったのは、あいつのせいだ!」
「世界がこうなったのは、あいつのせいだ!」

そいつは、まわりに攻撃を始める。
人と人が傷つけあい、分断が始まる。

そいつは脅かす。
「もしも感染していたらどうする?」
「あんな風に言われたらどうする?」

みんな、熱があっても、隠すようになる。
具合が悪くても、元気なふりをするようになる。
もう誰が感染しているか分からない。
ウイルスがどんどん広がっていく。

---

だから 励ましあおう。応援しあおう。
人は、団結すれば、恐怖よりも強く、賢い。
恐怖に振り回されずに、正しく知り、正しく恐れて、
今日、わたしたちのできることを、それぞれの場所で。

大田区の令和2年度予算(案)発表!

お知らせ 予算 五輪 国際都市 大田区議会 政策 議会 防災 / 2020年2月10日

大田区の令和2年度予算(案)が発表されました。

令和2年度予算は、「防災力の強化・新しい世代の礎となる予算」とのテーマで、限りある財源を効果的・効率的に配分することにより、以下の4つの重点課題を特に優先的に対応する予算として編成されました。

大田区令和2年度予算(案)

令和2年度予算編成の重点課題
① 安心して子どもを産み育てられ、未来を担う子どもたちの成長を応援する取組み
② 生涯を通して誰もが健やかに元気に暮らせるまちづくり
③ 住む人、訪れる人が、安全で安心して過ごせるまちづくり
④ 東京2020オリンピック・パラリンピックを契機とした「おおた」の発展に向けた取組み

各事業の詳細は、大田区ホームページ令和2年度予算(案)の概要からご覧になることが出来ます。

来週2月17日(月)から始まる定例会、予算特別委員会にて審議してまいります。

台風19号に関する緊急要望書を大田区長に提出

お知らせ 政策 減災 現場調査 議会 防災 / 2019年10月16日

10/16(水)、大田区議会公明党は、台風19号に関する緊急要望書を松原忠義大田区長に提出いたしました。

各現場での状況や区民のお声、問題点・課題を洗い出し、要点をとりまとめ、緊急要望書とさせていただきました。

1016

緊急要望書の内容は以下の通りです。

今回、台風19号が本区を襲い甚大な被害を被りました。

区議会公明党は常日頃より区内の防災・減災を意識し、区内の危険個所などの巡回を行い、

そして今回の災害については、発災当初より災害現場に入りその対応に全力を尽しました。

本日、その災害現場や区民から頂戴したお声を元に緊急要望書を提出させて頂きます。

是非、区政そして地域防災に取り入れて頂きますようお願い申し上げます。

① 災害に関する的確な情報発信を行うこと。(災害時のホームページの改善)

② 水害時緊急避難場所を速やかに開設すること。

③ 避難者対応の基準を明確にすること。(ペット対応も含む)

④ 区民の更なる自助意識の向上に取り組むこと。

以上

1016今回の教訓を真正面から受け止め、区民が安心できるより良い環境づくり、区全体の防災力のさらなる向上へと努めてまいります。