カテゴリー(未分類)

1F429BC1-2ACB-4DA6-8BAC-6F6B6A3AE20D 7F70EB4A-9436-41F8-9EF5-6CD2B1A7B992こんにちは、かつまたさとしです。
昨日は東京都議会公営企業委員会下水道局の質疑があり登壇しました。

地元大田区の課題を中心に提案・質問・要望しました。
今後も都民の安全・安心の推進を行って参ります。

質疑の内容は以下の通りです。

下水道事業についてお聞き致します。
令和元年度に発生した東日本台風は、調布市にある石原水位観測所から大田区の田園調布上(かみ)水位観測所の区間で、氾濫危険水位を大きく超過し、田園調布上(かみ)水位観測所では、既往最高水位10.81メートルを記録するなど、計画規模を超える記録的な豪雨となりました。
これにより、私の地元大田区の多摩川沿い地域では、5百件を超える大規模は浸水被害が発生しました。
この原因は、多摩川の河川水位が上昇したことにより、丸子川からの越水に加え、大雨や強風などの影響で、多摩川に設置している樋門の操作ができなかったことにより、多摩川の水が逆流したことが重なったものだと聞いています。
下水道局が所管している多摩川沿いの樋門は、大田区の上沼部樋門など全部で7か所あり、浸水被害の軽減を図るためには、多摩川の水位が上昇した際に、確実に樋門の操作ができることが重要だと考えます。そこで、

質問1
下水道局の樋門操作の改善に関する取組状況を伺います。
答弁1
・下水道局では、令和元年の東日本台風の際に、大雨や強風などによ
り一部の樋門の閉鎖作業ができなかった課題を踏まえ、樋門操作
にかかわる職員の安全性を確保するため、堤防から河川に張り出
した操作盤につながる通路の転落防止柵をかさ上げした。
・また、多摩川の堤防内で操作する構造となっていた二か所の樋門
について、堤防外で遠隔操作できるように改善した。
・これらの取組については、昨年5月の出水期前までに完了してい
る。

ただ今の説明で、樋門操作の安全性は確保されたと確認できました。
しかし、下水道局が所管する樋門を操作するのは、都と地元区と聞いており、都民の安全を守るためには、樋門操作のルールや情報の共有体制の構築など、地元区との連携が重要であると考えます。そこで、

質問2
樋門操作に関する地元区との連携について伺います。
答弁2
・地元区との連携については、台風や豪雨時においても確実に樋門
操作を行えるように、毎年出水期前までに地元区と合同訓練を実
施し、捜査手順や情報連絡体制の確認を行っている。
・また、地元区と連携し、ホームページやSNS等を活用して、樋門
の操作状況を迅速にお知らせする取組を併せて実施している。
・今後も引き続き、地元区との連携を強化していく。

次に合流式下水道の改善について伺います。
私の住んでいる地元大田区の呑川において下水の貯留施設を整備する計画があります。

質問3
呑川の合流改善施設を整備する経緯を教えて下さい。
答弁3
・下水道局では、呑川など潮の干満の影響により水が滞留しやすい
河川区間や水門に囲まれた運河等の閉鎖性水域など14水域を選
定し、降雨初期の特に汚れた下水を貯留する施設などの整備を推
進している。
・貯留施設の整備には、事業用地の確保が必要であるが、大田区の協
力により、呑川流域にある区立東調布公園の一部を事業用地とし
て確保できたことから、シールドトンネルによる貯留施設の建設
を行うこととし、令和2年より着手した。

多くの区民がこの貯留施設建設に期待をしています。
特に呑川流域にお住まいの方はなおさらです。
私も毎日のように呑川の側道を通っておりますが、特に台風など大雨が降った後は、川の水の汚れが目立つ状況です。

質問4
一日も早く、貯留施設の完成を待ち望んでいる一人として、この呑川の貯留施設の整備状況について伺います。
答弁4
・呑川の合流改善施設の整備事業については、呑川沿いに、最大直径
3.0メートル、総延長6.1キロメートル、総貯留量約3万8千
立方メートルの降雨初期の特に汚れた下水を貯留する雨水貯留管
を整備するものである。
・現在、シールドトンネルの着手に向け、呑川中流域にある大田区
立東調布公園の一部を発進立坑用地として借用し、用地の整備工
事を進めているところである。

次に下水管の再構築工事についてお聞き致します。
東京都下水道事業経営計画2021には5年間の主な取り組みとは、「再構築工事と補修工事を組み合わせた対策を推進」と題し、
「道路を掘らずに下水道管を内側からリニューアルする更生工法を活用し、道路交通や生活への影響を最小限に抑えて、再構築を推進」
「下水道管の機能を維持するための補修や、道路陥没の影響が大きい路線を優先した取付管の取り換えなどを計画的に実施」となっております。
私の地元大田区では、区内の生活道路の路面下の空洞調査を行い、空洞を発見し、空洞にランク付けを行い危険度の高い方から補修工事を行っておりますが、
その空洞が何らかの原因で陥没事故につながるケースが見受けられました。なぜ、路面下に空洞ができるのか、様々な要因があると認識しておりますが、
その空洞の原因の一つが下水道管の老朽化によると言われております。
ぜひ、この下水道管の再構築工事と補修工事を計画通り、そして加速度を上げて行って頂きたいと考えます。

質問5
そこで、下水道管の再構築工事と補修工事の進め方について、下水道局の見解を求めます。
答弁5
・下水道局では、下水道管の点検や調査を行い、健全度を把握し、老
朽化対策と合わせて、雨水排除能力の増強や耐震性の向上などを
図る再構築や定期調査を踏まえた補修などを計画的に推進してい
る。
・枝線の再構築については、区部を整備年代により3つのエリアに
分け、このうち整備年代の古い都心四処理区を、第一期再構築エリ
アとして優先的に再構築を進め、令和11年度までに完了させる。
・また、補修工事については定期的に目視やテレビカメラなどによ
る管路内調査を実施し、その結果に基づいた補修工事を計画的に
行うことにしている。

質問6
再構築工事で活用するとしている、道路を掘らず下水道管を内側からリニューアルする更生工法とはどのような工法なのかお聞かせ下さい。
答弁6
・下水道管の更生工法は、道路を掘り返さず下水道管の内側から補
強する工法である。
・既存の下水道管の内側に新たな下水道管を作ることで、新しく敷
設した管と同等以上に機能を回復することが可能である。

更生工法についてはわかりました。

質問7
それでは、これまでの枝線の再構築の整備実績について伺います。
答弁7
・下水道局では、整備年代の古い都心部約1万6千3百ヘクタール
を第一期再構築エリアとして、汚水処理の普及概成後の平成7年
度から優先的に再構築を進めている。
・枝線の再構築については、令和2年度の709ヘクタールで実施
し、令和2年度末までに第一期再構築エリア1万6千3百ヘクタ
ールの62パーセントに当たる約1万80ヘクタールを完了して
いる。
・引き続き、令和11年度までの第一期再構築エリアの完了を目指
し、整備を進める。

次に、「道路の陥没の影響が大きい路線を優先した取付管の取替えなどを優先的に実施」という方針が示されていますが、

質問8
取付管の取替えに関する、具体的な優先順位の考え方を教えて下さい。
答弁8
・下水道局では、腐食のおそれの大きい箇所や国道、都道など重要な
路線に埋設された下水道管等を優先し調査頻度を定め、計画的に
調査を実施している。
・調査の結果から、劣化状況に応じ、取付管の硬質塩化ビニル管への
取替えや更生工法などによる道路陥没対策を実施している。
・加えて、整備年代の古い都心部の第一期再構築エリアでは、下水道
管の再構築に合わせて、取付管の取替を実施している。

経営計画2021に記載がありました。
下水道事業の更なる推進が国連で採択された持続可能な開発目標SDGSにつながる。
2030年の年限を目指し推進されることを最後に要望し質問を終わります。

#かつまたさとし
#大田区
#公明党

本日、JR大森駅東口、JR蒲田駅西口に山口なつお公明党代表をお迎えして公明党街頭演説会を開催致しました。河西宏一公明党青年局次長 比例候補も登壇致しました。
明日の投票日には、投票用紙2枚目、比例区は公明党でお願い致します。

#比例区は公明党9A865FAD-59A6-4271-ABC2-AB491FC72A9C 6B061282-D345-4BBC-935D-71E22C518EE6 C9E7363B-3626-4292-BDA4-4DD011FC65FA

かつまたさとしです。
都議会公明党を発行しました。

都議会公明党ニュース
令和3年 若者・学生支援特集!
公明党の代表質問で要望した「中小企業人材確保への奨学金返済事業』について紹介されています。

建設・IT・ものづくり分野の特に技術系の人材不足が大きな課題となっております。
一方、大学を卒業し就職した若者世代にとって、奨学金の返済は大きな負担です。
国や都は、介護職や看護職、保育士の人材不足を解消する為、奨学金の返済負担を軽減する制度を既に設けています。
そこで都議会公明党は、中小企業に技術者として就職した学生の奨学金返済の一部を就職先企業と東京都が肩代わりする制度を提案し実現しました。
小池知事は「来年度から支援の利用が出来るよう、今年度中に対応を開始する」と、方針を示しました。
具体的には、来年度に就職する学生から利用可能となり、1年間当該企業に勤務した方に対して、3年間で一人当たり150万円を上限として奨学金の返済を助成します。
受付期間等、今後明らかになりましたら、またお知らせいたします。

また、大田区議会ニュースも作成致しました。
こちらも合わせてご覧ください!
#公明党 #都議会公明党 #若者支援 #学生支援 #ツギコメ
#建設 #IT #ものづくり #中小企業 #人材確保 #奨学金返済
FC8E9056-B9EC-40A1-B16E-7F0F931D7051 55E87C70-8FF8-4911-8ECF-083094C6F419 0C0BF6BA-5B4D-4404-874F-DF4848970DBC

6D97C8E9-1EAC-43FB-8116-03BF9602D139 91CFF3F3-B338-4B31-BC1C-1E4628C6FF02おはようございます
今朝は京急雑色駅より朝のご挨拶を行いました。
多くの皆さんよりお声をかけて頂きました。
衆議院選挙に向けて、公明党の重点政策について報告させて頂きました。
本日もよろしくお願いします。
#かつまたさとし #大田区 #公明党
#京急線 #衆議院選挙重点政策

D61E9700-6494-4324-A463-A7F041C38A1Aこんばんは、かつまたさとしです。
本日17時よりJR蒲田駅西口で公明党大田総支部街頭演説会を高木陽介衆議院議員に参加頂き、開催致しました。
私、かつまたさとしも公明党大田総支部を代表して挨拶させて頂きました。
また、公明党大田総支部青年局の皆さんも #ツギコメ 活動で応援頂きました。
明日も頑張ります!

#ツギコメ #かつまたさとし #公明党 #大田区

AA2E2136-F35D-46A2-9A9F-22588031771C C809F7A4-5879-4101-985C-24F6BBC23F86おはようございます。

昨日は、都議会公明党の代表質問の打ち合わせの後に都民相談を行わせて頂きました。
本日(10/5)は令和3年度第3回定例会、各党の代表質問が行われます。
本日も頑張ります!

PS.毎年10月は乳がん「ピンクリボン月間」
東京都は都庁舎をピンクにライトアップしています。

以下、東京都ホームページより

毎年10月は「乳がん月間」です。日本人女性の9人に1人がなるという乳がん。乳がんになる人は、40歳以上の働き盛りの世代に多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップとなっていますが、早期発見、早期治療により90%以上の方が治るといわれています。
都では乳がん死亡率の低下を目指して普及啓発に取り組んでいます。乳がん月間にあわせて実施する「ピンクリボンin東京2021」の一環として、都庁第一本庁舎をピンク色にライトアップします。

#かつまたさとし #大田区 #公明党

おはようございます。
かつまたさとしです。
本日の公明新聞より

「若者向けの大規模接種会場の拡充を求める」

渋谷会場の運営調査/都議会公明党
2021/08/29 1面
都議会公明党(東村邦浩幹事長)は28日、東京都が27日に開設した「若者ワクチン接種センター」(渋谷区)を訪れ、運営状況を調査した。

この会場は、渋谷区立勤労福祉会館に設置。都内在住か都内に通勤、通学する16~39歳の若者を対象にしている。

初日の27日は先着順の整理券方式だったが、大勢の接種希望者で混乱が生じたため、28日から抽選方式に変更。同日は抽選券を2226枚配布し、354人が当選した。担当者は「手際よく運営できるよう態勢を整える」と述べた。

都議会公明党は、24日に実施した知事への緊急要望で、若者の接種希望者が多くいることを想定し、新たな接種会場の検討を促していた。さらに初日の混乱を受け、都に再度、会場の拡大を要請。都は30日から、都庁の南、北両展望台と「WeWork乃木坂」(港区)の3カ所でも若者が接種予約できることにした。

視察後、東村幹事長は「希望する若者が早く接種できるよう、新たな大規模会場の設置をさらに求める」と強調した。

#公明新聞電子版
#かつまたさとし #大田区 #公明党
#コロナに負けないFD1CC30B-6339-48EA-9796-D0BA118FFB85

71DAFE8E-9827-4F3B-96F8-A2B6D3F46E06こんばんは、かつまたさとしです。

本日8/24
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、小池都知事に緊急要望書を提出致しました。
要望書の内容は、地域の皆さんから頂きました貴重なご意見から纏めさせて頂きました。

医療非常事態における医療提供体制等に関する緊急要望

8月に入り感染が急拡大する中、一日平均の感染者数は約4,200人となっている。5,000人を超えた日も昨日までに6日間となっており、医療非常事態となった医療体制の再構築が急務である。
こうした中、千葉県柏市において新型コロナウイルスに感染した妊婦の搬送先が見つからなかったため、早産した新生児が死亡するという事案が発生し、あらたな課題も露呈した。
都民の命を守るためにも円滑・迅速なワクチン接種を強力に推進するともに、安心の医療体制を速やかに確保していく必要がある。
感染拡大が収まらない中、この非常事態を乗り越えていくための対応策として以下要望する。

【妊婦への対応について】
1.分娩が差し迫っているコロナ陽性妊婦で受け入れ先が見つからない場合に、受け入れ先を確保する体制を構築すること。その際、保健所と連携し都の入院調整本部が積極的に入院調整を行うこと。
2.コロナ陽性妊婦が重症化した場合、速やかに転院できるよう病床を確保すること。
3.妊婦の救急搬送困難事例については周産期コーディネーターが搬送先の調整を行っているが、現下の状況を鑑み、搬送困難事例に迅速に対応できるよう周産期コーディネーターを増員するなど周産期搬送の体制を強化すること。
4.都の大規模接種会場において妊婦及びその配偶者をワクチン優先接種対象に加えること。

【医療体制の強化について】
1.臨時医療施設の増設を進めること。
2.コロナ患者を受け入れていただく病院について更なる財政支援を検討すること。

【若者接種会場について】
1.予約なしで接種が受けられる利便性がある一方、接種希望者の数によっては混乱も予想されることから、円滑な接種体制を構築すること。
2.接種可能規模が1日200人程度とされているが、一日の定員に達した場合の速やかな情報発信を行うこと。
3.若者接種会場については、希望者が増加することが予測されるため、早めに新たな接種会場についても、検討すること。

【東京都保健所の情報提供について】

1.八王子市と町田市を除く多摩地域の東京都保健所は複数の自治体を所管しているが、コロナ患者の個別の情報が、立川保健所を除いて各自治体に提供されていない。爆発的に自宅療養者が増え、各保健所による自宅療養者への支援が間に合わない現状において、各自治体が医療や食料品の支援ができるよう東京都保健所が希望する多摩地域の自治体に対して、コロナ患者の個別の情報を提供すること。

【自宅療養者の配食について】
1.自宅療養者向けの配食が届くまでに相当の日数を要しており改善が急務である。配食の中身についても、体調が悪化する中で調理が困難であったり、痛みが激しく喉を通らず食べるのが辛いなど自宅療養者の症状に相応しいものに改善すべきである。
在宅確認に時間を要する場合、キャンセル扱いにならないよう「置き配」もできるようにすること。

以上

#かつまたさとし #大田区 #公明党

河川管理者である東京都や国土交通省では、河川の状況を確認出来るライブカメラを設置しております。

呑川の状況
micosfit.jp/ota-ku/

多摩川の状況
ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin_…

危険ですので現地に直接行くことは、おやめ下さい。

#かつまたさとし #防災士 #大田区 #公明党E23B5D80-541B-433B-AE12-03E47DDE95FD

おはようございます。かつまたさとしです。
昨日は東京都選挙管理委員会で各種手続きの後、都議会公明党の勉強会に参加。
(写真は都庁40階からの眺望です)
本日も勉強会に参加します。頑張ります!

#かつまたさとし #大田区 #公明党2CA26ACC-4D4E-4286-B688-0946C7C56831