menu
img_1006.jpg

4月5日午後、区内企業であるO i Tr オイテル株式会社様を視察させていただきました。

こちらの企業は、SDGsにも貢献する、日本初の生理用品の無料化を実現するサービスに取り組んでいます。

生理用品が備えられているディスペンサー(本体)にデジタルサイネージを付帯し広告を見てもらうことで、その収益により生理用品の無料化、そして、設置主へ還元ができ、トイレの収益化ができます。

ショッピングモール、会社や学校へ設置することで、今、課題となっている、生理の貧困、生理用品を購入するのに困難な方への支援にもつながります。

その取り組みは、SDGsの17項目の目標のうち3つに貢献できます。

①貧困をなくそう
③すべての人に健康と福祉を
⑤ジェンダー平等を実現しよう

また、あるモールでの実証実験の途中経過の利用者アンケートで、満足・やや満足と答えた方は、96.4%。

今後もO i T rのサービスを利用したいかでは、100%利用したいと答えています。

オイテル株式会社様にご尽力をいただき、品川区の区有施設にも設置を目指し、コロナ禍の単発な支援ではなく、持続的な支援となるよう、取り組んでまいります。

本日は、古屋範子衆議院議員、竹谷とし子参議院議員、西村くにこ神奈川県会議員、伊藤こういち都議会議員、久保りか中野区議会議員、こんの孝子品川区議会議員と視察しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
品川区 新妻佐江子
s.niizuma@shinagawa-komei.org