バックナンバー 2023年 12月
IMG_8684皆さま、おはようございます。
昨日、公明党の社会的孤立防止対策本部など合同会議があり、市販薬・処方薬を過剰摂取する「オーバードーズ」(OD)の現状と課題について政府側と意見交換を行いました。
私はオンラインで参加し、9月県議会でODの実態把握と対策について質問し、ODが疑われる救急搬送数が公表されたこと等、本県の取り組みと課題について報告しました。
その中で、私から乱用の背景には社会的孤立、生きづらさがあるとし、本県の困難を抱える若年女性支援の取り組みを紹介するとともに、今後の課題として、①乱用の実態と規制対象とのズレ(乱用や依存の可能性がある成分が規制の対象外であること) ②薬剤師・登録販売者のゲートキーパー化 ③青少年に対する予防教育の充実(死亡リスクがあることの徹底)を提案しました。
ある精神科医がODは自傷行為の一つで、辛い気持ちを紛らわせるために乱用をしているとの意見を紹介し、なぜ過剰摂取に至るのか究明し対策を検討すべきと要望しました。引き続き、国会議員と連携し、命を守るために取り組んでまいります。
本日の公明新聞に掲載されました。
福岡は朝から雪が舞っています。
福岡県は昨日12月定例議会の最終日を迎え、電気ガス食料品等価格高騰対策、防災減災対策、病児保育の体制整備などを盛り込んだ、総額871億円余の今年度の補正予算が成立しました。
先般、公明党福岡県議団で、来年度の予算要望書(26項目)を服部知事に手渡ししました。物価高騰対策、中小企業等へ円滑な価格転嫁の取り組み、新興感染症対策、防災減災対策、少子化対策、LGBTQ当事者に配慮した施策の推進と理解促進、いじめや不登校、特別支援教育等の教育施策の充実など現場の声をまとめました。
私からは、9月に質問した市販薬の過剰摂取(オーバードーズ)について要望や意見など反響が大きいこと、昨年度県内で市販薬等の過剰摂取が疑われる1167人が救急搬送され、女性が7割、30代以下が多かったことから、販売規制だけでなく、医療、福祉、教育、警察に、孤独・孤立対策の担当課を加え、各部署で連携し取り組むよう強く要望しました。知事からは「しっかり取り組んでいく」と決意がありました。
年内わずかとなりましたが、地域で信頼が広がるよう、挨拶回りに取り組んでまいります。IMG_8676
公明党広報
サイト管理者
福岡県 大塚勝利
ootsuka_katsutoshi@yahoo.co.jp