[大田区]椿しんいち

強い夏の日差しも、幾分弱まり、涼風が心地よい季節となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。日頃より、「椿しんいち」の政治活動にご理解とご協力を賜り、誠に有難うございます。皆様のご支援が原動力となり、全力で働かせていただいてます。心より感謝申し上げます。

当選以来一貫して、「子どもの貧困対策」に取り組んで参りました。平成28年には低所得世帯の子供達に限定した、無料で通える学習塾を区内に4校開校することができました。約160人の子どもたちが週に2日、元気に通っています。世帯の経済格差が子どもの学力に比例する傾向の中、貧困の連鎖を断つためにも、子どもたちへの学習支援は、未来の大田への投資と考え、今後も推進してまいります。

他にも、大人の引きこもり問題や自然災害の要因と言われている環境問題にも積極的に取り組んでまいりました。特に、「食品ロスの削減と、子ども食堂など、その福祉的有効活用」は、私の議会質問を機に区も大きく取り組んで頂く事となりました。区内で毎年約3,700トンも発生している「食品ロス」。「もったいない」を「ありがとう」に変える運動は子供の環境マインドや奉仕の心を高めるなど、効果があると信じています。

また、「防災士」の目線で「自然災害を0にすることは出来ませんが、平時の備えで被害を最小限に押さえる事は出来る」を基本理念とし、何度も議会質問を通し、高齢者や障がい者、乳幼児/妊産婦等の災害弱者と言われている方々を守るための「福祉避難所の整備」など推進して参りました。今後も安心して子供を産み、育て、住みやすい環境整備を目指し、積極的に取り組んでまいります。

これからも、皆様との語らいの中にこそ、この町がもっと良くなるヒントがあることを信じ、「大衆とともに」の立党精神を根本に精進してまいります。さらなるご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

.

最新の投稿

見守り活動

おはようございます。 今朝の大田区は薄曇りです。 今朝は入新井第四小学校横の交差点で見守り活動を行いました。 今朝も通勤・通学の皆さんと明るい挨拶からスタートです。 皆さま、良い週末をお過ごしください。 Every on […]