公明党青梅市議会議員 鴻井(こうい)伸二ホームページ              0428-23-3624 bou-buu@t-net.ne.jp   へようこそ 青梅市天ヶ瀬町974-3

約4ヶ月ぶりの朝の遊説再開。

未分類 / 2020年7月8日

コロナ感染対策はギリギリの状況が続いてます。今後、青梅市も活性化対策事業と感染対策をうまく両立させながらの市政が続きます。命も生活も守りながらの厳しい運営を、市民と一緒に乗り越えて行くことを訴えました。

九州南部の豪雨災害 一刻も早い救援を

未分類 / 2020年7月5日

今回の豪雨災害で、改めて防災情報が住民の適切な判断、行動に重要なことがわかりました。情報伝達の改善が充分であったのかの検証。コロナ禍の避難所の感染対策のあり方など、一刻も早い被災者の救援と同時進行で進めてなくてはならないと思います。
写真:公明新聞2020年07月01日付

持続化給付金対象拡大を実現

未分類 / 2020年7月3日

持続化給付金対象を収入を雑所得や給与所得として申告しているフリーランスや今年1~3月に創業した中小企業にも拡大した。公明党は、国会質問などを通じて対象拡大を政府に強く要請。第2次補正予算において実現した。

土地基本方針策定

未分類 / 2020年6月30日

#人口減少 急速な変化に対応した土地政策が求められている。#コンパクトシティ 構想は長年取り上げられてきたが、成功事例は少ない。青梅市においても、今後の議論が必要と思います。
公明新聞

第2次補正予算の地方臨時交付金決定(公明新聞2020.6.25)

未分類 / 2020年6月25日

東京都への交付金は469億円。うち青梅市への交付金額は、家賃補助を含む事業継続・雇用維持に5億1千万円、新しい生活様式への対応へ4億4千万円。合計9億5千万円が交付予定。
早急に有効な活用策を市でも決定して困窮している市民、事業者へ給付や支援策を実施して参ります。

久しぶりに開催

未分類 / 2020年6月22日

#おうめマルシェ 行ってきました。久しぶりにできてホットしました。ヤナガワファームと玉ねぎと、hanenkacafeさんで、羽村よきまぐれやさんのマスコバト糖というくろざとの炭酸飲料を買ってきました。来月も楽しみ。

接触確認アプリ運用開始

未分類 / 2020年6月21日

厚労省ホームページこちらからm(_ _)m

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

早速私も入れました。多数人が登録しないと効果でない。

国の二次補正において支援拡大

未分類 / 2020年6月21日

コロナ感染により深刻な影響を受けている企業への資金繰り支援、中小企業への家賃補助など盛り込んだ第二次補正予算成立。共産党は反対したので、今後補正予算関連にて実施した政策について、自分たちの実績とは絶対言えない。
青梅市においても早急に追加支援策を進めます。

新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望書を提出5月12日

未分類 / 2020年5月17日

青梅市議会公明党として、青梅市長へ、新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望書を提出しました。
市民生活は、さらに逼迫し厳しい状況となっています。実現を強く求めましました。
1.特別定額給付金申請手続きの周知と支援体制を強化すること。特に困窮している市民へ、いち早く給付金が振り込まれるよう、市のホームページから申請書類をダウンロードし、郵送申請できるようにすること。

2.感染症対策の最重要拠点となっている青梅市立総合病院に対する、人的、物的、財政的支援を市として、早急に実施すること。

3.中小・零細事業者の対する、各種給付制度、資金繰り対策、休業補償等補助制度の周知と支援体制を強化すること。感染拡大により家賃支払いが困難な事業者および困窮している家庭への家賃補助制度を、市として独自に取り組むこと。

4.長期休校により、学力格差が拡大している現状を踏まえ、児童生徒に1人1台の端末を早急に導入すること。通信環境の学校内、家庭内における整備状況の把握と支援策を実施すること。

5.感染拡大の影響で経済的に困窮している大学生等の学業継続の断念を防止するため、早急に経済的支援策を、市として独自に取り組むこと。 

自分を守ることが世界を守る

未分類 / 2020年3月27日

新型コロナウイルス対策。一人一人が出来ることをやり続けましょう。
不要不急な外出は控えましょう。