青梅市議会議員 公明党 鴻井(こうい)伸二ホームページ              0428-23-3624 bou-buu@t-net.ne.jp   へようこそ 青梅市天ヶ瀬町974-3

公明党 2022参議院選挙の重点政策

未分類 / 2022年6月11日

■(安全保障体制の構築)専守防衛の下、防衛力を強化。日米同盟を基軸として抑止力・対処力の一層の向上を図る
わが国日本の安全保障政策は、憲法9条を基にした専守防衛の下、日米同盟による防衛協力体制が基軸です。平和安全法制によって、日米同盟の信頼性は高まり、抑止力・対処力は確実に強化されています。
現代の安全保障を考える際、一国だけで自国の防衛を担うのは困難な時代を迎えています。今後はさらに、日米の連携を強化し、抑止力の一層の向上を図っていきます。
  厳しさを増す安全保障環境に対処するためには、日本の防衛力を強化していくことが必要です。何が不足し、何が必要なのか、しっかりと議論を進め、真に必要な防衛費の増額については、国民の理解を得ながら進めていくという取り組みが重要です。
■非核三原則堅持すべき
 公明党がめざすのは「核兵器のない世界」ですが、現下の厳しい安全保障環境下では、米国の持つ核抑止力は必要と言わざるを得ません。日本は核保有国と非保有国の橋渡しに全力を尽くし、核兵器禁止条約への参加をめざしてまいります。
■デジタルで拓く豊かな地域社会
 「デジタルで拓く豊かな地域社会」とは、最新のデジタル技術を活用し、生活のゆとりや幸福を実感できる社会です。
 そのために行政手続きなどの簡素化に役立つマイナンバーカードの普及へ、最大2万円相当が付与される「マイナポイント」を推進。また、「女性デジタル人材育成プラン」を推進し、デジタル分野におけるジェンダーギャップ(男女格差=グラフ参照)の解消を図るほか、「デジタル推進委員」の全国展開などデジタル活用の支え手を拡大します。
■感染症に強い日本へ 
 今後いかなる感染症が発生しても、迅速かつ的確な対応ができるよう、感染症に強い日本へ、危機管理体制の抜本的強化を行います。
 具体的には、正確な情報発信と効果的な対策を担う司令塔機能「日本版CDC」の創設をめざします。
 国産ワクチン・治療薬の迅速な開発・実用化に向け、国内での研究開発から、円滑な生産・備蓄までを全面的にサポートする体制を強化。世界トップレベルの研究開発拠点の整備や、コロナの後遺症対策として、有効な治療法などの調査・研究を促進します。
■生命と暮らしを守る「防災立国」
 自然災害が激甚化、頻発化し、各地で深刻な被害をもたらしています。
 大規模災害への備えでは、流域治水プロジェクトに基づく対策を充実させ、線状降水帯の予測精度の向上など風水害対策を強化します。
 南海トラフ巨大地震や首都直下地震などの大規模地震への備えとして、津波対策や公共施設の耐震化、インフラ老朽化対策なども進めます。
 さらに自力での移動が困難な高齢者や障がい者らを守るため、個別避難計画やタイムライン(防災行動計画)の策定を促進します。
■政治家改革、身を切る改革
「文書通信交通滞在費」を「調査研究広報滞在費」として日割り支給する法改正が実現。引き続き、使途の限定・公開や未使用分返納など国民が納得できる仕組みへ改革します。また、当選無効議員の歳費支給停止もめざします。