公明党青梅市議会議員 鴻井(こうい)伸二ホームページ              0428-23-3624 bou-buu@t-net.ne.jp   へようこそ 青梅市天ヶ瀬町974-3

比例区は公明党!

未分類 / 2021年10月30日

衆院選重点政策で公明党は、3回目のワクチン接種の無料化や医療提供体制の強化など、感染症に強い国造りへの具体策を掲げた。子育て・教育支援の拡充のほか、デジタル化やグリーン化(脱炭素化)を柱とした経済再生の道筋も示している。
 こうした実績や政策は、公明党の持ち味である「小さな声を聴く力」と「議員ネットワークの力」を発揮したものだ。公明党が衆院選に勝利し、自公連立政権の一翼を担うことで、国民の声が届く政治を一段と前に進めたい。
 一方の野党は、消費税率引き下げなどの経済政策が実現性に乏しいとマスコミから批判され、めざす政権の姿についても「単独政権」とする立憲民主党に対し、“限定的な閣外協力”をするという共産党は「野党連合政権」と食い違う。これでは政権が不安定になり政治の混乱は必至だ。

衆議院選挙完勝へ

未分類 / 2021年10月15日

 今回の衆院選は「コロナ克服・日本再生選挙」です。公明自民連立政権合意には「国民の声を聞き、謙虚な姿勢で真摯な政権運営に努める」と政権の原点が記載されています。政権の枠組みをはっきり国民に示し、政権選択するのが、衆議院選挙です。
 立憲民主党、共産党は選挙協力と言うが、その先の政権の姿が見えません。共産党は、日米安保条約廃棄、自衛隊は違憲、天皇制は廃止と立憲民主党とは大きく立場が違います。閣外協力すると言っても、極めて安定感のない政権にしかなりません。
 政権を安定させ、国民が望む政策を着実に実行するには、公明党の「小さな声を聴く力」が必要です。国会議員、都道府県議会議員、市区町村議会議員のネットワークで小さな声を実現した実績があります。
主な実績と選挙公約
①国民の声を受け1人10万円の特別定額給付金を実現
②消費税の軽減税率を実現
③幼児教育から高等教育まで無償化の道を推進
④PCR検査の保険適用で、感染対策推進
⑤血中酸素濃度を測るパルスオキシメーターの配備を推進
④コロナ感染薬のレムデシビルの活用を推進
⑤ワクチンの確保と無料接種を推進
⑥3回目接種無料を推進
⑦病床確保、臨時医療施設を整備を推進
⑧軽症段階からの抗体カクテル療法を推進
⑦マイナンバーカード1人3万円のマイナポイント創設を目指す
⑧0歳から高校3年生までの子どもに1人一律10万円「未来応援給付」実現を目指す
⑨出産育児一時金50万円への拡充を目指す
これからも子育て支援に力を入れ、少子高齢化社会、コロナ克服、日本再生を担えるの政党は公明党です。日本再生へ、新たな挑戦をする公明党へのご期待に応えた参ります。
写真:10/15 羽村駅前遊説(塩田参議院議員)

ワクチン3回目も無料に

未分類 / 2021年10月14日

公明党石井幹事長の質問にて、コロナ禍の克服と力強い日本再生に向けた政府の取り組みを求めた。ワクチン接種については、3回目も無料で実施するよう提案。岸田首相は全額を公費で負担する方針を表明した。

公明党の衆議院選挙へ重点政策を発表

未分類 / 2021年10月9日

公明党が衆議院選への公約を発表しました。#公明党 #マニフェスト
日本再生へ新たな挑戦 1感染症に強い日本へ 2ポストコロナへ経済と生活の再生を3子育て教育を国家戦力に4つながり支えあう社会へ5安全安心の防災大国へ6政治と金問題にけじめを

今朝の遊説 青梅街道

未分類 / 2021年10月5日

岸田内閣においても、公明党の「小さな声を聴く力」を発揮して、国民の声を幅広く聴き届ける役割を果たしていくこと。これまでの福祉重視の数々の実績をさらに強化していくこと。コロナで大きく打撃を受けた社会を立て直していくこと、連立の要としての公明党への期待に応えていくこと。今朝の遊説では訴えさせていただきました。#公明党 #青梅市 #こうい伸二