公明党青梅市議会議員 鴻井(こうい)伸二ホームページ              0428-23-3624 bou-buu@t-net.ne.jp   へようこそ 青梅市天ヶ瀬町974-3

#青梅市 #ワクチン接種 #64歳以下 (昭和32年4月2日以降に生まれた方) ワクチン接種券 令和3年6月24日から発送

未分類 / 2021年6月18日

詳細は青梅市ホームページにて確認してください
東京都大規模接種会場が18歳以上を接種対象にしたことを受け、市議会公明党の要望で配布時期を早めました。
①60歳から64歳:令和3年7月9日午前9時から予約受付を開始
・予約ができる期間は、7月末から8月です。
②59歳以下で基礎疾患を有する方:令和3年7月9日午前9時から予約受付を開始します。
・予約ができる期間は、7月末から8月です。
(基礎疾患を有する方の条件は市ホームページで確認ください)
 ※申告のための受付フォームは現在準備中です。(6月末開設予定)
③40歳~59歳の方:令和3年7月30日午前9時から予約受付を開始します。
・予約ができる期間は9月以降に予定する接種実施日です。
④16~39歳の方
・青梅市の集団接種、個別接種ではまだ接種できません。予約をしていただくこともできません。
・自衛隊が運営する東京大規模接種センターでは、18歳以上の方の接種を実施しています。自衛隊東京大規模接種センター(東京センター)の予約・受付案内ページからご確認ください。

6月議会の一般質問

未分類 / 2021年6月14日

❶#空き家バンク 充実、移住政策、#特定空き家の指定手続き改善、市街化調整区域への移住対策 
❷#奨学金返済支援制度 地元で活躍する若者を応援する制度実施を。
❸市内小中学校の#デジタル教科書活用。子供の通信環境によって格差、健康面配慮を要望。指導力強化を要望。

#青梅市 #ワクチン接種

未分類 / 2021年6月14日

 6月14日65歳以上対象の電話予約の受付は終了。WEB予約では7月分までの接種予約を現在も受け付けており、コールセンターでは、WEB予約が困難な65歳以上の方を対象に、予約のお手伝いをしております。お手伝いが必要な方は、コールセンターへお電話ください。 0120-840-085無料

本日、ワクチン接種予約

未分類 / 2021年6月7日

本日から #青梅市ワクチン接種予約 が、7月末分まで、ネットは24時間取れるシステムになりました。電話予約は、混んでる状況ですが、ネットでの予約は改善されました。一瞬、システム止まったトラブルありましたが復旧してます。
近所、友人、家族で、電話が繋がらないと、困っている人がいた時は、信頼できる人に、ネット予約頼めるようでしたら、電話ではなく、ネット予約ができることお知らせください。公明党市議団は
青梅市には、ネット予約を代行して受付る、青梅市職員を配置するように、要望書を提出しています。

共産党のウソ

未分類 / 2021年6月3日

共産の条例案で『都政が認可保育所増にかじ切る』」はウソ
東京都の答弁で明らかに
2021/06/03 2面
 公明党の強力な推進で待機児童解消策が進んだ結果、東京都内で認可保育所が増えている。これについて、日本共産党は2013年に否決された共産提出の条例案を契機に「都政は認可保育所増設の方向にかじを切った」(志位和夫委員長)からであると、今回の都議選で同党の最大の実績のように宣伝している。しかし、2日の都議会本会議での都側の答弁で、都として「保育所増設の方向にかじを切った」事実はないことが明らかになり、共産のウソが裏付けられた。
 2日の本会議では公明党の高倉良生議員が「都が認可保育所増設にかじを切ったという事実はあるのか、ないのか」などと聞いた。
 梶原洋副知事は「保育の実施主体である区市町村が、認可保育所、認証保育所、認定こども園、小規模保育、家庭的保育など地域のさまざまな保育資源を活用して整備する」との考えの下、保育サービスを整備する区市町村の取り組みを都が支援しており、「現在も、この考えに変わりはない」と強調。都として、認可保育所に特化して増設を図った事実はないことを示した。
 その上で梶原副知事は、08年開始の「保育サービス拡充緊急三カ年事業」以降、都が目標を定めて拡充を進めてきたことを力説し、共産の条例案が掲げた保育所の用地購入費補助は「これまで行っていない」と明言。共産が13年都議選で議席を伸ばして条例案を提出する5年も前から、都として拡充を進めていることや、共産の条例案の内容が今なお実現していないことが明らかになった。
 さらに高倉議員は、共産が株式会社など設置の私立保育所を“安上がりな保育”などと批判していることを指摘し、認可保育所増加の内訳を聞いた。梶原副知事は、16年4月から昨年4月までの4年間で認可保育所が983増の3325カ所となり、内訳では株式会社設置が大幅に増え、722増の1104カ所になったことを報告。共産が“増やした”と宣伝している認可保育所の多くが、共産が批判する株式会社設置にほかならず、それが増えていることを実績と自慢する共産の“ごまかし”が改めて裏付けられた。

コロナワクチン接種の緊急要望第2弾

未分類 / 2021年6月1日

本日、青梅市長に対して緊急要望を再度提出しました。
今後、基礎疾患等のかたなどの接種スタートします。今でも予約取れないなど問題が指摘されています。これまでの状況と、これからの接種計画を踏まえて要望しました。
主な内容
❶基礎疾患のあるかたに接種日を割り当て混乱を避けること
❷保育士などのエッセンシャルワーカーや、障がいのあるかたを優先接種
❸コールセンターにロボットコールセンターを導入
❹接種会場へタクシーなどの費用補助
❺若い世代への接種率の向上手段を
❻明星大学等の集団接種会場を増設
❼訪問接種の実施(障がいのあるかた、高齢者デイサービス等通所系サービス事業所)
❽担当職員へのワクチン接種
❾個別接種を市内各診療所にて早急実施
➓都の大規模接種会場を多摩地域に設置するよう都へ要望すること
(11)コロナワクチンもったいない登録実施 
(12 )市民センター等にてワクチン接種の代行予約
(13 )人材確保
 業務に従事する人材を確保すること。