公明党青梅市議会議員 鴻井(こうい)伸二ホームページ              0428-23-3624 bou-buu@t-net.ne.jp   へようこそ 青梅市天ヶ瀬町974-3

#青梅市 #喫茶店

未分類 / 2020年10月25日

美味しい珈琲、頂きました

※ 青梅市総合病院 新型コロナウイルスのクラスターの状況(17)

未分類 / 2020年10月24日

10月22日までの感染者の状況
医師     7名
医療技術職  4名
看護師   31名(看護補助含む)
委託業務員  1名
患者    26名(うち退院患者5名)
  合計  69名
※ 前回報告から新たな感染判明はありません。
感染判明者の患者の状況
入院中10人
退院・転院11人
死亡5人
感染判明者の居住区域
市内38人
市外31人
❶ 現在、緊急事態措置として入院と、救急の受入停止してます、
❷外来診療は、予約患者さんのみの対応します。
希望される方は電話再診による院外処方せんにて対応してください
詳しくは、市、総合病院のホームページで確認してください。
10月7日と9日に相次いで、患者一人づつ感染が判明した病棟については、再度PCR検査を行った結果、全員の陰性が確認されたため、22日、23日にそれぞれ環境消毒を実施のうえ、感染管理区域を解除しました。
22日市議会コロナ対策特別委員会にて、5人のかたが、コロナ感染の後に亡くなったことの報告がありました。心より御冥福をお祈り申し上げます。
対策特別委員会の中での、報告では、5人のうち4名の方は、もともとの原疾患がもとでなくなったかたで、お一人は、感染によりなくなったとのことでした。
医療関係者、スタッフのかたの大変な治療、努力をしていただいてます。それでも重症化が防げないのが今回の新型コロナの怖さだと、改めて認識しました。
西多摩未来プロジェクト発足
高齢化や、過疎化、財政面、産業、観光など、長期的な視点から西多摩の未来に提言していくプロジェクトができました。本日の公明新聞に掲載。

来年春の#JRダイヤ改正 #青梅線終電繰り上げ

未分類 / 2020年10月21日

青梅線の青梅駅までは、終電時間が22分程度繰り上げ。御嶽駅、奥多摩駅は37分程度繰り上げとなる予定。初電の繰り下げは、青梅線ではない予定。

※ 青梅市総合病院 新型コロナウイルスのクラスターの状況(16)

未分類 / 2020年10月20日

10月19日までの感染者の状況
医師     7名
医療技術職  4名
看護師   31名(看護補助含む)
委託業務員  1名
患者    26名(うち退院患者5名)
  合計  69名
※ 前回10月10日報告より医師1名増加。10月16日から19日は、新たな感染判明はありません。
❶ 現在、緊急事態措置として入院と、救急の受入停止してます、
❷外来診療は、予約患者さんのみの対応します。
希望される方は電話再診による院外処方せんにて対応してください
詳しくは、市、総合病院のホームページで確認してください。
コロナ感染と同時に、心配がされていますインフルエンザの季節が来ました。65歳以上のインフルエンザ予防接種の全額補助が10月1日から始まりました(市内病院別紙にて実施)。
子供さんへの補助についても、今後拡充に取り組んでまいります。

今朝の遊説

未分類 / 2020年10月14日

今朝の遊説では、総合病院でのコロナ感染クラスターの対策について報告。
現在、職員等や患者合計68人の感染が判明していますが、10月10日以降の、新規の陽性判明者はありません。
PCR検査の実施状況
(1) 令和2年8月26日~10月11日までのPCR検査数
職員等698件
患者1,645件
合計2,343件
※職員等の検査数は、一斉スクリーニング検査数を含みません。
※患者の検査数は、入院前PCR・発熱外来・スクリーニング等の合計。
(2) 令和2年9月28日~10月2日の一斉スクリーニング検査数
職員851人
委託従業者等349人
合計1, 200人
陽性判明者0人

青梅市総合病院コロナ感染の状況(15)緊急事態措置

未分類 / 2020年10月10日

10月9日までの感染者の状況
医師     6名
医療技術職  4名
看護師   31名(看護補助含む)
委託業務員  1名
患者    26名(うち退院患者5名)
  合計  68名
※ 10月7日に、医師1名患者1名。10月9日に患者1名の感染が判明。
❶ [10月10日情報]
緊急事態措置(入院・救急の受入停止等)について
10月7日に入院中患者1人のPCR陽性が判明。これまでのクラスターとは別の病棟です。当該病棟をただちに閉鎖するとともに、病棟の入院患者および関係した従事者にPCR検査実施。10月7日には医師1人のPCR陽性が判明したため、診察を受けた患者さんや濃厚接触となった職員について、PCR検査実施。10月9日にはさらにこれまでとは別の病棟でも患者1名の感染が確認されました。
 10月7日および9日に相次いで、それぞれ別の病棟に入院中の患者さんのPCR検査陽性が判明したことを受け、感染拡大防止のための緊急事態措置として、10月10日より入院および救急の受け入れを、当面の間すべて停止することとしました。外来診療は、予約患者さんのみの対応します。
❷10月10日現在の総合病院診察体制
(詳しくは総合病院ホームページ確認
を)
・10月10日より入院および救急の受け入れを、当面の間すべて停止
・外来診療  予約のみ
※希望される方は電話再診による院外処方せんにて対応してください
これまで、長く感染対策に取り組んできましたが収束に向けて、さらなる市民・地域の皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。情報発信と、対策を引き続き求めていきます。
❸令和2年9月28日~10月2日の一斉スクリーニング検査数
職員851人委託従業者等349人合計1,200人 陽性判明者0人
❹令和2年8月26日~10月5日までのPCR検査数
職員等536件
患者1339件
合計1875件
※患者の検査数は、入院前PCR・発熱外来・スクリーニング等の合計
※入院患者に対しクラスター発生に伴うスクリーニングを実施済み。
※9月28日~10月2日の全職員等のスクリーニング検査は含んでいません。
※職員等の前回報告件数に誤りがあり修正しています。

公明党の要望が実現しました

未分類 / 2020年10月10日

高齢者施設や障がい者施設に朗報。
#PCR検査

※ 青梅市総合病院 新型コロナウイルスのクラスターの状況(14)

未分類 / 2020年10月6日

10月6日までの感染者の状況
医師     5名
医療技術職  4名
看護師   31名(看護補助含む)
委託業務員  1名
患者    24名(うち退院患者5名)
  合計  65名
※ 10月3日に、入院患者1人の陽性者が判明しました。
❶ クラスターの経過
(概要・10月6日現在)
8月26日に入院中の患者さん1人にPCR陽性が確認されたことを受け、直ちに当該病棟を閉鎖し、感染状況を確認するため濃厚接触者を特定し、PCR検査を実施しました。その結果、職員1人の陽性が判明し、その後検査を続ける中、患者さんを含む数人の陽性者が判明したため、1つの病棟Aにおいて、クラスターが発生したと判断し、9月6日に発表しました。
 都の支援を受けて対処していましたが、その後、別の病棟Bにおいても、職員および患者さんに陽性者が判明したため、別のクラスターが発生したと判断し、9月17日に発表しました。
病棟Aについては、関係する新たな感染者が発生していない状況から、9月25日に病棟閉鎖を解除しました。病棟Bについては、病棟閉鎖と調査を継続中です。
❷令和2年9月28日~10月2日の一斉スクリーニング検査数
職員851人委託従業者等349人合計1,200人 陽性判明者0人
❸令和2年8月26日~10月5日までのPCR検査数
職員等536件
患者1339件
合計1875件
※患者の検査数は、入院前PCR・発熱外来・スクリーニング等の合計
※入院患者に対しクラスター発生に伴うスクリーニングを実施済み。
※9月28日~10月2日の全職員等のスクリーニング検査は含んでいません。
※職員等の前回報告件数に誤りがあり修正しています。
❹現在の総合病院診察体制
クラスター発生病棟では、入退院を停止しています
通常の病棟では、退院にあたっては発熱の有無を確認し退院はできます。
転院の場合には、2~3日前にPCR陰性を確認しています。
外来診療通常通りです。希望される方には電話再診による院外処方せんを発行します。
救急外来は制限しています
詳しくは総合病院ホームページにて確認

今朝の遊説 コロナ対策など

未分類 / 2020年10月6日

気をつけていってらっしゃい!

※ 青梅市総合病院 新型コロナウイルスのクラスターの状況(13)

未分類 / 2020年10月3日

10月1日までの感染者の状況
医師     5名
医療技術職  4名
看護師   31名(看護補助含む)
委託業務員  1名
患者    23名(うち退院患者5名)
  合計  64名
※9月30日に医師1名入院患者1名の陽性が判明しました。
❶ クラスターの経過
(概要・10月2日現在)
8月26日に入院中の患者さん1人にPCR陽性が確認されたことを受け、直ちに当該病棟を閉鎖し、感染状況を確認するため濃厚接触者を特定し、PCR検査を実施しました。その結果、職員1人の陽性が判明し、その後検査を続ける中、患者さんを含む数人の陽性者が判明したため、1つの病棟Aにおいて、クラスターが発生したと判断し、9月6日に発表しました。
 都の支援を受けて対処していましたが、その後、別の病棟Bにおいても、職員および患者さんに陽性者が判明したため、別のクラスターが発生したと判断し、9月17日に発表しました。
病棟Aについては、関係する新たな感染者が発生していない状況から、9月25日に病棟閉鎖を解除しました。病棟Bについては、病棟閉鎖と調査を継続中です。
❷9月28日~30日にかけてスクリーニングを目的として、全職員に対し、PCR検査を行いましたが、全員陰性との結果です。
❸令和2年8月26日~10月1日までのPCR検査数
職員等1,207件
患者537件
合計1,744件
※患者の検査数は、入院前PCR・発熱外来・スクリーニング等の合計
※全入院患者に対しクラスター発生に伴うスクリーニングを実施済み。
※9月28日~30日の全職員等のスクリーニング検査は含んでいません。
❹現在の総合病院診察体制
クラスター発生病棟では、入退院を停止しています
通常の病棟では、退院にあたっては発熱の有無を確認し退院はできます。
転院の場合には、2~3日前にPCR陰性を確認しています。
外来診療通常通りです。希望される方には電話再診による院外処方せんを発行します。
救急外来は制限しています
詳しくは総合病院ホームページにて確認