小郡市議会 田中まさみつのページです

小郡市 老人クラブ連合会 会報誌を発行

未分類 / 2016年2月9日

先月、小郡市の老人クラブの方より「小郡老連」という冊子を頂きました。小郡市老人クラブ連合会発行の会報誌で会の活動状況や会員の随筆、短歌、俳句等が紹介されており目を通してみると様々な人生経験を踏まえた珠玉の作品が多数掲載されています。この会報誌はすべて協賛金で賄われており編集もすべて会員の皆様でおこなってあります。皆様も目に付いたときはご一読ください。
ここ数年、議会の委員会と老人クラブの意見交換を行っていますが、現状での大きな課題としては、会員数の減少と単位老人クラブの減少、予算の減少等があげられていました。昨年度の会員数2706名からみても今年度は378名の減少で、期待をしている団塊の世代からの加入はほとんど見込めない状況の様です。
頂いた総会資料では年間行事も多くクラブ会員の多くの方々は見守りボランティアや役職の兼務等、地域での事業の担い手として献身的に活動されながら老人クラブの運営に尽力されており、頭が下がる想いでした。そのほか団体役員への登用や拘束日数の多さもあって役員の担い手不足も課題として挙がってきました。拘束日数の多さについては、老人クラブ以外での当て職が多く月の内会議等への参加が20日以上となるときもあるとのことでした。小郡市においては、様々な団体役員への当て職や行事等への案内が多く、その拘束日数の多さが担い手を遠ざけている面があるので、総体的な見直しをおこなっていかなければならないと感じました。これからも会報誌の継続や様々な活動でのご活躍を期待申し上げます。

 

 

201_1439_iOS