menu

4月24日(土)

「新座快適みらい都市 牡丹鑑賞会」が総合運動公園にある新座牡丹園で開催されました。

新型コロナウイルスの感染拡大により昨年は中止、今年は出席者・規模等を縮小しての開催となりました。

並木市長、本間実行委員長、平松県議、平野議員、島田議員をはじめ「一般社団法人新座快適みらい都市会議」の皆様が出席され、公明党からは滝本議長、安藤県議、白井市議が参加されました。

野中は、先立って天気の良い日に牡丹の写真を撮りに行きました。

5年前に植えた時は、小さな株でしたが、大きく立派になっていくつも花をつけてみなさんの眼を楽しませてくれています。

A61CDE44-D270-4E38-B61A-5C5816A255DB 9624B5E6-B1C8-44B2-85F7-FDE7BAC5D2CE 28783FD8-F76C-4A13-B1F7-DD14BB9DB9EE C9ED11B3-01C4-4131-91F1-5D56DA549E62 CA0C8483-1953-42DC-AE22-3BB95E8F3767 8DDD616A-F359-4388-BEA3-6AFFD32A54E4 76CCFF7F-11F9-428B-BA34-F98763A669AB AE05796A-5225-4B5E-B933-AFCA3C2D31DE

2016年5月に新座市の友好都市である済源市を市長はじめとした市民訪問団が訪中しました。野中も参加して、市長の通訳をさせていただきました。

557A3EDD-AA8B-456D-911C-1E36751802F5 B77F457C-A562-427C-84BF-892859F04CFD 1EA8BD40-F838-4689-86F9-E1B6AC038B30

 

日中友好の証として約400本の桜を植樹していただき、盛大に除幕式も開催されました。その際、済源市から「友好の証として、新座市に牡丹(中国の国花、河南省の省花)を植樹して欲しい」との要請がありました。

一緒に訪中されていた、本間エステートソリューションの本間社長から、牡丹の苗木750株と記念木をご寄附いただき、同11月18日「植樹式及び済源市との友好記念木除幕披露式」が開催されました。

今年で5周年を迎える牡丹園です。

日中双方が、文化や芸術の交流を通じて1人1人が心を通わせていく事、お互いに理解を深めていく事が、これからも大事です。

牡丹のように美しく強く、日中友好の大輪の華を咲かせていきたいです。

コメントは受付けていません。

やよい通信
ブログバックナンバー
サイト管理者
新座市 野中弥生