menu
バックナンバー 2020年 4月

おはようございます。
どうでもいい話題です。
重要なものは別に公明新聞のシェア等しておりますので、そちらをご覧ください。
昨日は午前中から市議団で会議。
要望等、大事な事でしたのでお昼も食べずに続行。
窓全開で。
終わって帰って軽食。あっという間に夫を迎えに行く時間がきて。
会社近くのスーパーへ。
野菜が高くなってます。
時間あるので餃子、と思ってニラ、キャベツ、ときて
キャベツが458円‼️
しかも小さい
とても手が出ませんでした。。。
キャベツって万能で、何にでも使えて捨てるところもなく重宝な野菜。
庶民の味方が高嶺の花になっちゃいました。。。
写真は豆苗、そろそろ2回目の収穫ができるかな。
お得感のある豆苗です。
今日もステイホームですが、ポスティングも。
お元気で〜〜

おはようございます。
今日もいいお天気です。
緑が眩しい季節となりました。
毎日、様々なご相談いただきます。
先行きが見通せない中、懸命に活路を切り拓いていくしかありません。
今日も感謝のお思いでがんばります。

おはようございます。
昨日は6日ぶりに食料品の買い出しに。
1週間がんばりたかったのですが、土日は混むかもと思い。
普段でも時間がなくて、3日に一度くらいの買い物でまとめ買い。
家族が在宅で、最近は一回の金額が大きくなってます。
でも、全体としては多分減ってますね。
冷蔵庫の中身が無くなってきて、残り物をどうやって組み合わせて
美味しいものを作れるか、毎日頭を使ってますので
認知症予防にもなってます。
一昨日、大きい竹の子をいただき早速アク抜きして
昨日は天ぷらを久しぶりに。
今日は炊き込みご飯にしてみます。
残りは冷凍して中華料理等に使いましょう。
毎日、様々ご相談いただきます。
どうかご無事でと祈る日々です。

おはようございます。
新型ウイルス感染症に伴うおもな支援策まとめ新座市版、できました。

昨日午前中は議会報告のポスティング3時間、けっこう歩きました。
お知り合いに会っても2メートルは空けてご挨拶。

帰りに酒屋さん寄って、酒粕をゲット。昨日はお肉の味付けとクッキーに使いました。
最近ハマってます。免疫力上がりそう。

新座市でまた、コロナ感染者が出たそうです。
気をつけていかなければなりません。

今日もお元気でお過ごしください。

今日もお元気で〜〜

F0D51FC3-D7AA-4F1E-BC13-F33EA0727D15 F7BBEE23-1317-4A06-B0D2-2AAD60D5E5E5

おはようございます。
昨日、町内を散歩。
写真は黒目川で見かけた鷺?
こういう撮り方するとどこかの奥地に行ったみたいです。
でも確かに黒目川、綺麗です。
鮎も釣れるとか。
昨日は暑いぐらいでしたが今日は一転して。
お元気で。

おはようございます
昨日は土砂降りでしたが、夕方には晴れて。台風一過?のよう。
先程、2日分の洗濯物を干したんですが、ベランダにいると暑いです
鎌田實先生への公明新聞取材記事、転載します。
今日もお元気で!
コロナ禍を乗り越えよう!
私の@ホーム健康術 医師・作家 鎌田實氏に聞く  新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出自粛が続き、運動不足になっている人も多いかもしれません。ここでは医師で作家の鎌田實氏に、ご自身が実践している健康術や、感染症との向き合い方などを聞くとともに、動画サイト「YouTube」で公開されている簡単な体操を紹介します。
 ――新型コロナウイルスは持病のある人は重症化しやすいと言われています。
 鎌田 WHO(世界保健機関)によると、致死率は全体で3・8%ですが、高血圧の人の場合は8・4%、糖尿病だと9・2%にはね上がっています。つまり血圧と血糖値を下げることが大事で、僕も野菜をたくさん食べ、減塩と運動を心掛けています。
 ワクチンが一番頼りになる免疫ですが、できるまでは自然免疫力をアップさせることが重要です。それには腸の働きを良くすることが大事なので、納豆やヨーグルト、チーズ、甘酒などの発酵食品を意識して食べています。また、野菜は1日350㌘食べ、朝は野菜ジュースも飲んでいます。
■「スクワット」など実践。太陽を浴びてラジオ体操も
 ――運動については。
 鎌田 僕は室内でテレビを見ながらできる「スクワット」と「かかと落とし」を毎日実践しています。これらの運動は、筋細胞で産出される「マイオカイン」という物質の分泌を促し、がんや認知症、うつ病を予防する効果があることが分かっていて、特に、かかと落としは骨密度を上げる効果もあります。
 また、朝起きたら太陽を浴びてラジオ体操をすることも、1日のリズムを整える上で大事なので心掛けています。太陽を浴びると“幸せホルモン”とも呼ばれる「セロトニン」が分泌されます。自粛が続く中で鬱々としがちな今、大切なことです。さらに、1日10回以上の手洗いと、3時間に1回の換気、毎朝必ず体重計に乗ることも日課です。
■未来を考える機会に
 ――外出自粛が続く中での心の持ちようは。
 鎌田 自分の人生を振り返り、今後、何をやりたいのかを考える大きな時間を与えられたと前向きに捉えてはどうでしょうか。今の“コロナ騒ぎ”は必ず終わります。ただ、この国は経済をはじめ、間違いなく大変な状況になっている。しかし考え方によっては、自粛解除後は上り坂なわけですから、大きなチャンスが目の前にあるとも言えます。
 もう一つは、自分以外のことにも目を向けてもらいたい。「1%は誰かのために」が僕の持論で、僕自身も退職した病院のために不足するマスクの調達に動いています。ぜひ自分のできる範囲で何ができるのかを考えてみてください。
 ――感染症とどう向き合えばよいでしょうか。
 鎌田 今は第1波で、必要なことは自粛です。新型コロナとの戦いを長期戦に持ち込み、ワクチンを開発する。第1波に勝つことができれば、いずれ来る第2、第3波では全部自粛ではなく、経済活動とウイルスを“共存”させることができます。
 今ほど社会とのつながり、心のつながりが大事な時はありません。手紙でも電話でもいいので、人とつながって、笑うことを忘れないようにしましょう。
 かまた・みのる 1948年東京都生まれ。諏訪中央病院名誉院長。東京医科歯科大学医学部卒。日本チェルノブイリ連帯基金理事長。著書に『鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」』など多数。
写真キャプション

おはようございます。
今日は大雨との事で、朝のうちに買い物に行こうと思ったのですが。
ベランダから見える道路、けっこう車が走っています。
考える事は皆同じですね。
昨日、娘が散歩に出ると言うので、一緒にポスティングへ。
トレンチ着てたらけっこう汗かいて。
1時間で娘が帰るときにトレンチも持って帰って もらったまではよかったんですが。
鍵も携帯もトレンチのポケット。そしてマスクも‼️
その後1時間はマスクなしで。
そういうときに限って人に会ってしまうんです。
ごめんなさい。マスクしてなくて。距離とってご挨拶。
ほんと、外出るのも大変です。

2B14AF0D-EE26-4C60-9245-C381B5E42961

でも、昨日はどらもっち、買えました。

新座市議会公明党で話題になっていて、ずっと買いたかったので。

ご褒美食べてがんばろう
今日もお元気で!

首相の政治判断を評価 補正予算の早期成立めざす/山口代表、斉藤幹事長が力説  公明党の山口那津男代表は17日午前、国会内で開かれた党参院議員総会であいさつし、16日に安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、所得制限なしで国民1人当たり10万円を一律給付する方針を示したことを受け、「一刻も早く給付金を国民に届けることが政治の役割だ。混乱なく必要な人、全てに届くよう推進していきたい」と力説した。
 この中で山口代表は、安倍首相が1人10万円一律給付を決断したことについて、公明党が緊急事態宣言発令後の急激な変化に基づき、そうした政治決断を求めてきたと強調。その上で、「首相は緊急事態宣言の全国への拡大を受け、これまでの緊急経済対策の基盤が変わっていくとの認識の下、対象が狭い(収入が激減した)1世帯30万円の給付を取り下げ、大きな政治判断をした」と語った。
 一方、斉藤鉄夫幹事長は17日午前、衆院第2議員会館で開かれた記者会見で、10万円一律給付の実施に向け、「何よりも大切なことはスピード感だ。一刻も早く国民の皆さんのお手元に給付金を届けていく。そのための最大限の努力をしてもらいたいと政府に要請しているところだ」と力説した。
 10万円一律給付などの実施に向け新たに編成される2020年度補正予算案については、国会審議で野党の協力を得ながら、早期に成立させた上で、5月のできるだけ早い時期に給付が始まるようにしたいとの考えを示した。

以下、公明新聞より転載
10万円一律給付 「緊急事態」全国展開受け、所得制限なし、補正予算編成へ/首相、山口代表に伝える  安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表は16日夕、電話会談を行い、安倍首相は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大する方針を固めたことを踏まえ、「1人当たり10万円を所得制限なしで一律に給付する方向性だ」と伝えた。また、安倍首相は同日夜の政府対策本部で「全ての国民に一律10万円の給付を行う方向で与党で検討する」と表明した。政府は改めて補正予算案を編成する。15日の自公党首会談で、山口代表は首相に「所得制限なし、一律で10万円給付」の決断を促していた。山口代表は16日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会で、10万円一律給付の必要性について、大要、次のような見解を述べた。
■国民の期待に広く沿う内容
 一、緊急事態宣言が7都府県に出されて人との接触を8割減らすことが求められ、状況が一変していることを率直に受け止めなければならない。国民の生活や経済状況、心理的な不安などを政治が受け止め、迅速に対応していく取り組みが重要だ。
 一、この認識の下、15日午前の自公党首会談で安倍首相に対し「今年度第1次補正予算案に盛り込まれる1世帯30万円給付の実施をやめ、所得制限なしで1人10万円給付を一律でスピーディーに行う対応が国民から支持されることは間違いない。決断してもらいたい」と求めた。15日午後にも首相とやり取りし、「第1次補正予算案に1人10万円給付を入れることを公明党として求める」と伝えた。その後、3回にわたって自民、公明両党の幹事長、政務調査会長が断続的に協議したが、結論には至らなかった。
 一、かねてから、公明党は経済対策を検討する過程で、国民に広く届く1人10万円給付を提案していた。緊急事態宣言が発令された後の状況を考えれば、1人10万円給付は国民の期待に広く沿う内容だ。政治の意思決定をスピーディーに行えば、第1次補正予算案の月内成立は可能だと考えている。
 一、(1世帯30万円給付について)これを強行すると、実務を担う自治体の職員は(給付対象かどうかの)収入を判定せざるを得ず、大変な事務負担を強いられる。また、現状の規模や制度設計では厳しい影響を受ける人たちに届く範囲が極めて限られる。1世帯30万円給付に対し、どれだけの国民の支持が得られるだろうか。

おはようございます。
8日の緊急事態宣言から、なるべく家にいるようにしているのですが。
昨日は銀行とスーパーへ。
売り出しの日だったらしく午前中でしたが混んでました。
お父さんお母さんお子さんと家族総出の方も。
なるべく触らないように注意して品物を見ていると
高齢のご婦人が寄ってきて。
おっと距離が。離れて離れて。
お買い物夢中になると忘れちゃうのです。
レジで並ぶのは立つ位置が決められていて安心。
海外では入場制限があってスーパー入るのも1、2時間かかるとか。
それも不便だけど、感染拡大防止のため大事です。
市役所に行く用事があったりして完全に自宅にはいられないのですが、今が大事。
みんなで努力して乗り越えていきましょう。
写真はガラケーのストラップ。
小さいものですがなんか好きです。
今日もお元気で〜〜

やよい通信
ブログバックナンバー
サイト管理者
新座市 野中弥生