新型コロナ感染対策として、家にいる時間が多いことから野田市のシルバーリハビリ体操を紹介します。

下記は、野田市ホームページから引用しました。是非、参考にしてください。

新型コロナウイルス感染症対策のため、自宅で過ごす時間が増えると、筋力や体力の低下のリスクが高まります。今こそ、自宅で、一人でもできる、体操を実践してみましょう。

「シルバーリハビリ体操」について

シルバーリハビリ体操は、茨城県立健康プラザ管理者の大田仁史医学博士が考案した体操で、関節の運動範囲を維持拡大するとともに、筋肉を伸ばすことを主眼としています。立つ、座る、歩くなど日常生活を営むための動作訓練にもなり、道具を使わず、どのよう姿勢でもできるように組み立てられている体操です。

ここでは、自宅で一人でもできるよう、茨城県立健康プラザのシルバーリハビリ体操チャンネルや、野田市が作成したパンフレットをご紹介します。
5A5F53A6-E8A9-4E19-BDFA-2ACB27473C11

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
野田市 吉岡美雪
ng090199-8439@tbn.t-com.ne.jp