11月6日付け公明新聞に、従来から提案推進してまいりました野田市公用車に脱炭素化社会実現のためのキーになる電気自動車の導入と、電気自動車を活用した災害時非常用電源確保のための「災害連携協定」締結の活動が掲載されました。

記事中の画像は公用車の電気自動車について野田市防災安全課からの説明の模様
別の添付画像は、取材場所に見えられた鈴木野田市長との画像です。

img20201106_06324277

DSC_4349

コメントは受付けていません。