バックナンバー 2020年 3月

公明新聞より☆
外出自粛の長期化も予想されるなか、御自宅で出来るフレイル予防を紹介しています。
寝屋川市では新年度から特定健康診査のセット健診時に、フレイル予防のための筋肉量測定を実施いたします‼︎

新型コロナウイルス感染症に関する新たな情報が入りましたのでお知らせします‼︎
●昨日(3月29日)大阪府より発表のあった感染症患者について
●昨日(3月29日)他市において判明した感染症患者について
詳しくは別添資料をご覧ください‼︎

午前中は今年度最後となる『枚方寝屋川消防組合議会定例会』に出席、条例改正や新年度予算等の審議と、田中優子 枚方市議を含む3名の一般質問が行われました。
火災は減少していますが、救急搬送は過去最高件数との事、「救急車を呼ぶべきか」悩まれた時は#7119も御利用頂けたらと思います。
午後からは『第3回 寝屋川市総合計画審議会』に出席、第六次寝屋川市総合計画の基本構想について活発に審議が行われました。
何れの会議も、しっかりと手の消毒・換気をしながら、審議会におきましては傍聴者は別室、委員の机の配置も変更して開催されました。

昨日、寝屋川市内に在住される1名の方が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので、対応『フェーズ2』へ移行することが決定いたしました。
市民の皆様には、これまで以上に、不要不急の外出を控えて頂き、「密接」「密集」「密閉」を避ける行動をお願い致します。
詳細は大阪府ホームページ、または寝屋川市ホームページをご参照ください。

2020年度予算が成立、教育無償化・子育て支援、経済活性化への施策、防災・減災など、公明党の主張も随所に反映され、ポイントも掲載されています。
また関西版には、同じ総支部内の大東市議選の情勢が掲載されています。今まで経験したことのない選挙戦となりそうですが、勝利に向け共々に頑張ってまいります‼︎

公明新聞より
三つの『密』を避け、石鹸を使って小まめな手洗いを心がけ、感染予防に努めましょう‼︎

広報ねやがわ4月号が発行されました。表紙は「ねやがわPR大使」の又吉氏と門井氏のお二人、裏表紙は市初の市民栄誉賞が贈られた武隈親方(元大関 豪栄道関)です。
インフォメーションに『手話講習会(入門・基礎コース)』が掲載されていますが、これまでの『手話奉仕員養成講座』ではハードルも高く分かりづらかったため、委員会で要望し、新年度から名称を変更して頂きました。
より多くの方に、手話に親しんで頂く機会となりますように☆

公明新聞「波紋」より。
寝屋川市では市議会公明党が推進し、今年度から『徘徊高齢者個人賠償責任保険事業』がスタートしています。
徘徊高齢者発見支援メール事業に登録している40歳以上の人で、要介護認定における認知症高齢者の日常生活自立度2a以上の人が対象です。
認知症の人や御家族が、住み慣れた地域で安心して暮らし続ける事ができる環境整備が必要です。

今朝の寝屋川市駅での街頭活動は、党が取り組んでいる新型コロナウイルス対策と、会派として要望し新年度予算で実現した健康施策などを御報告。
今夏に予定されていた東京五輪・パラリンピックが初の延期となりました。1年後、”完全な形”で開催できますよう、1日も早い終息を切に願っています。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
寝屋川市 岡由美
y_oka_dandelion@yahoo.co.jp