小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

10.24 河西さん練馬区へ

未分類 / 2020年10月24日

昨日、次期衆議院選挙の公明党第3次公認予定候補(比例区・東京ブロック)の河西宏一さんが練馬区に来られ、小林けんじ都議会議員とともに、日頃より公明党をご支援頂いている皆様などのところへご挨拶に行かせて頂きました。製造業を営む会社の会長さんとの懇談では、河西さんご自身も技術者出身ということもあり、技術立国・日本の人材育成などについて熱い思いを語られていましたが、これからの日本に絶対に必要な即戦力となる方だと感じました。河西さんのプロフィールなどは下記のホームページをご参照下さいませ。

https://koichi-kasai.jp/

また、昨日は初めての試みでしたが、オンラインによる支部会を開催。多くの党員の皆様に小林けんじ都議会議員とともに、都政・区政報告をさせて頂きました。ご参加頂いた皆様、大変にありがとうございました!

10.23 駅頭(保谷駅南口2階)

未分類 / 2020年10月23日

image0_22.jpeg
image1_9.jpeg

金曜定例の保谷駅南口でのご挨拶。コロナ禍の本年、練馬区議会公明党は4回の緊急要望、各定例会での一般質問や予算・決算の特別委員会などで様々な提案・要望をしてきましたが、その一つである過去最高30%のプレミアムが付いた商品券について。また、昨日傍聴させて頂いた、7回目の開催の「補助156号線沿道周辺まちづくり協議会」のことなどをお話ししました。
本日も頑張ってまいります!

10.22 駅頭(大泉学園駅南口1階ロータリー)

未分類 / 2020年10月22日

image0_21.jpeg
image1_8.jpeg

木曜定例の大泉学園駅南口でのご挨拶。多くのお声掛けや激励を頂きました。皆様、大変にありがとうございます!
駅頭でも触れましたが、10/21付ねりま区報は練馬大根特集となっています。
詳しくは、下記のリンクからお読み頂けますので、是非、ご一読下さいませ。

https://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/kuho/kako1/202010/20201021.html

10.21 駅頭(保谷駅北口)

未分類 / 2020年10月21日

image0_20.jpeg
image1_7.jpeg

水曜定例の保谷駅北口でのご挨拶。秋晴れの空の下、町会長をはじめ、多くの皆様にお会いできました。ありがとうございます!
本日の公明新聞に、山口代表が記者会見で、26日召集の臨時国会の取り組みについて、経済の回復を最優先に、新型コロナウイルス感染防止との両立などに向け活発な論戦を展開していくと力説したとありますが、経済の回復と感染拡大防止の両立という新たな日常の確立は、区においても大きな課題です。皆様のお声を伺いながら、日々模索し、行政に要望等をしてまいります。

10.20 駅頭(保谷駅南口)

未分類 / 2020年10月20日

image0_19.jpeg
image1_6.jpeg

火曜定例の保谷駅南口でのご挨拶。先の決算特別委員会で都市農業振興に関する質問をしましたが、保谷駅南口に広がる南大泉三・四丁目農の風景育成地区における新たな取り組みである「南大泉の謎ARスタンプラリー」についてなどお話しさせて頂きました。是非、多くの皆様に練馬の大きな魅力である都市農業の一端に触れて頂ればと思います。

10.19 駅頭(大泉学園駅南口)

未分類 / 2020年10月19日

image0_18.jpeg

月曜定例の大泉学園駅南口でのご挨拶。先週で閉会した、練馬区議会令和2年第三回定例会のご報告などをさせて頂きました。多くの皆様とお会いすることができました。ありがとうございます!
(写真、少し逆光となってしまいました。自撮りは本当に難しいです。。。)

10.18 本日の公明新聞から

未分類 / 2020年10月18日

image0_17.jpeg

【気になる!ニュース】は「介護する子ども ヤングケアラー」。病気や障がい、精神的な問題を抱える家族を介護している18歳未満の子どもである「ヤングケアラー」の支援のあり方が問われ始めています。
練馬区議会公明党は、先の第三回定例会一般質問でこの課題を取り上げました。

10.17 本日の公明新聞から

未分類 / 2020年10月17日

image0_16.jpeg

2面に、明治安田生命が発表したアンケート調査の記事が掲載されています。
乳幼児のいる既婚男女のうち、「さらに子どもが欲しい」と答えた人の割合は30.5%(前年21.3%)と、調査を始めた2018年以降で最多となり、子育て費用は月額平均3万6,247円(同4万687円)と過去最低とのこと。この結果を踏まえ、公明党の強力な推進で、昨年10月からスタートした「幼児教育・保育の無償化」の効果を指摘しています。同社の「ニュースリリース」によると、明治安田総合研究所フェローチーフエコノミストの小玉祐一氏は「若い夫婦から、子どもを多く持てない理由として最も多く挙がるのが費用の問題だ。この点、政府の『幼児教育・保育の無償化』の効果が明確に現れているといえる」とコメントしています。

10.16 ケータイといえば公明党

未分類 / 2020年10月16日

image0_15.jpeg

本日の公明新聞1面に携帯電話料金に関する記事が掲載されてます。菅総理の肝入りで進められつつある携帯電話料金の値下げですが、公明党はこれまでも携帯電話に対して、様々な取り組みをしてきました。2000年、全国1,352万人の署名を添えて政府に要請し、携帯電話大手が通話料金の値下げを実施。また、2003年、今では当たり前となっている「ナンバーポータビリティー制度」の導入を政府に要望し、2006年に実現。さらに、普及が進んだスマホの料金負担軽減のため、2015年には通信利用量に応じた料金プランの設定などを大手に促すよう政府に要請。その後、各社が通信量の少ないユーザー向けの低料金プランなどを投入しました。「政府と公明党が手を携えて、より国民のための携帯電話に」(竹内政調会長)してまいります!
今日の練馬区議会は第三回定例会最終日。午後から本会議が開催され、各委員長報告や討論などがあり、今回上程された議案等の議決となります。練馬区議会公明党、最後まで団結して頑張ります!

10.15 オンライン保活

未分類 / 2020年10月15日

image0_14.jpeg
image1_5.jpeg

今月13日から練馬区で開始した「全国初のLINEによる保活支援サービス」。スマートフォンにより、いつでも・どこでも“オンライン保活”ができます。LINEは多くの皆様が利用されているSNSであり、練馬区議会公明党はこれまでにも子育ての他、教育をはじめとする様々な相談等での活用を訴えています。今後の区のLINE活用の展開を期待したいと思います。
昨日、決算特別委員会(酒井委員長〈公明党〉)において、決算関連の5議案全てが認定すべきものとされ、終了しました。明日の本会議で、この決算議案など上程されている全議案の議決がされて、定例会は閉会となる予定です。