menu
image0_7.jpeg

東京、大阪、京都、兵庫の4都府県の緊急事態宣言が5月31日まで延長となりました。また、感染が拡大している愛知、福岡の両県も12日から31日まで新たに対象に追加されます。
まだまだ出口の見えない長期化するコロナ禍により、閉塞感が漂う社会において、どう希望を見いだし、乗り越えていくのか。本日の公明新聞3面で、同い年でもあるお笑い芸人「ナイツ」の塙さんと、中野ひろまさ衆院議員(次期衆院選予定候補=兵庫8区)が、笑いの力や現場主義の大切さ、コロナ禍のリーダー像などを巡って語り合われた対談の記事が掲載されています。ご一読頂けますと幸いです。以下に一部を転記致します。

 塙 同い年として一緒に頑張っていきたいです。大変な状況だけど笑い飛ばす。大変な状況だからこそ、それをプラスに変えるという気持ちを持たせるのが僕らの手助けできることだと思うのです。ぜひ中野さんには庶民の味方として本当に苦しむ人のために頑張ってほしいです。
 中野 はい。今、求められているコロナワクチン接種の円滑な実施を進めるとともに、コロナ禍の経験を生かし一人一人が希望を持てる社会を築いてまいります。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
小川こうじTwitter
公明党広報
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
練馬区 小川こうじ
koji.ogawa.0219@gmail.com