menu
image0_21.jpeg

5面の経済のページに、『企業変革どう起こすか コロナ時代を生き抜くために』と題する、株式会社日本共創プラットフォーム代表取締役社長の冨山和彦氏へのインタビュー記事が掲載されています。
文中に「欧米でも競争に勝つ「型」を確立している企業が変革するのは難しい。米国はデジタル技術の発展で最も大きな変革が起きた国だが、時価総額トップ10の企業の顔ぶれは30年前と現在では全く異なる。“古いゲーム”でチャンピオンだった企業は、“新しいゲーム”に適応できていない。一度、出来上がった経路を切り替えるには、非常に大きなコストとストレスを伴うからだ。これを経済学では『経路依存性』という。」とありますが、これは企業だけでなく、あらゆる団体、また国家にも当てはまる内容かと思いました。
今日の練馬区議会は、予算特別委員会6日目(産業経済費・環境費)の質疑です。練馬区議会公明党、団結して頑張ってまいります!

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
小川こうじTwitter
公明党広報
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
練馬区 小川こうじ
koji.ogawa.0219@gmail.com