小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

11.28 本日の公明新聞から

未分類 / 2020年11月28日

image0_26.jpeg
image1_15.jpeg

昨日、厚生労働省が雇用調整助成金の特例措置について、期限を12月末から来年2月末に延長すると発表しました。また、小学校の臨時休校に伴って仕事を休まざるを得なくなった保護者を支援するための企業向け助成金やフリーランス向け支援金も、対象となる休暇取得期間を同様に2月末まで延長します。公明党は、コロナ禍から雇用と生活を守るため、雇用調整助成金や休業支援金の期間延長を何度も政府に働き掛け、10月27日には菅首相に直接申し入れをしていました。
3面には、先の第三回定例会で練馬区議会公明党が一般質問で取り上げた住まい支援の施策である「セーフティネット住宅」に関する記事が掲載されています。文中に、家賃低廉化補助を導入している自治体として練馬区も紹介されていますが、衆院予算委員会でいさ衆院議員が「家賃低廉化補助の活用が進んでいない」との指摘された通り、活用が進んでいない現状です。コロナ禍にあって、住まい支援はますます大きな課題です。