小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

10.17 本日の公明新聞から

未分類 / 2020年10月17日

image0_16.jpeg

2面に、明治安田生命が発表したアンケート調査の記事が掲載されています。
乳幼児のいる既婚男女のうち、「さらに子どもが欲しい」と答えた人の割合は30.5%(前年21.3%)と、調査を始めた2018年以降で最多となり、子育て費用は月額平均3万6,247円(同4万687円)と過去最低とのこと。この結果を踏まえ、公明党の強力な推進で、昨年10月からスタートした「幼児教育・保育の無償化」の効果を指摘しています。同社の「ニュースリリース」によると、明治安田総合研究所フェローチーフエコノミストの小玉祐一氏は「若い夫婦から、子どもを多く持てない理由として最も多く挙がるのが費用の問題だ。この点、政府の『幼児教育・保育の無償化』の効果が明確に現れているといえる」とコメントしています。