小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

8.5 本日の公明新聞から

未分類 / 2020年8月5日

image0_5.jpeg

【解説ワイド】は「コロナ禍と日本経済 ー今後の展望と必要な対策ー」。株式会社 日本総合研究所の高橋進チェアマン・エメリタスは、本文中で「『現在、感染拡大はどのような状況にあるのか』『いかなる抑止策を講じていくのか』といった政府の説明が、国民にうまく伝わっていないように感じる。これでは、せっかく経済活性策を打ち出しても、効果は十分に得られないだろう。国民が政府の方針を深く理解できるよう、説明責任を尽くしていく姿勢が求められている。」と指摘されています。国では様々な施策を打ち出していますが、これまでの政治不信なども相まって、政府の方針が国民の皆様に正しく伝わっていないと感じることが多く、高橋氏の指摘は本当にその通りだと思います。